就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

初任給よりもボーナス支給額を気にした方がいい3つの理由

企業の求人を選ぶ、エントリーする時は初任給よりもボーナスが基本給の何倍でるか気にした方がいい3つの理由

 

会社員にとって、ボーナスは働くうえでの楽しみに
なりますが、

 

就活生でも企業にエントリーする際は、
ボーナスがどのくらいでるのか気になりますよね。

 

 

リクナビやマイナビの求人票では、
初任給は記載されていますが、

 

ボーナスがどのくらいでるのか?

 

基本給の何か月分でるの明記されていないところが
ほとんどです。

 

 

正直、初任給というのは、
どの企業でもそれほど変わりません。

 

 

特に日系企業の場合、年収で差が付くのは、
ほぼボーナスの支給額です。

 

 

ここでは初任給よりもボーナス支給額を
気にした方がいい3つの理由についてお話しします。

 

 

ボーナス支給額は会社によって大き異なるから

冒頭でも少し触れましたが、初任給というのは、
どの企業でも基本的にほとんど変わりませんが、

 

ボーナスの支給額は会社によって大きく変わります。

 

 

会社によっては、ボーナスは年に10万円以下のところも
ありますし、

 

基本給の5倍、1約100万円くらいの企業も存在します。

 

 

そうなると、ボーナスだけで、
10倍も年収に差が出てしまうわけです。

 

 

年収に10倍も差が出るって結構な額ですね。

 

 

それなのに、企業の求人を見ても

 

ボーナスのことについて触れられていないのは、
不思議に思いませんか?

 

 

逆にこれだけ差が出てしまうため、
企業側も、求人紹介側も、

 

あまりボーナスの情報というのは、
載せたくないという思惑があるのかもしれません。

 

 

あからさまにボーナスの額面が記載されていたら、
ボーナス支給額が高い企業ばかりが人気になってしまいますからね。

 

 

そんな感じであまり公開されていないものの、
働くうえで、収入を得るという面で、

 

企業のボーナスの額面を確認しておくというのは、
とても大切なことであるとわかります。

 

 

日本企業の年収は年々どんどん下がり、

 

今の時代、ボーナスはあればいい!

 

ような雰囲気もありますが、

 

これは本当に企業によって、差がありますので、
しっかりと確認した方が良いです。

 

 

ボーナスは経営者が自由自在に管理できるから

ボーナス支給というのは、
実は日本企業独特のものです。

 

 

欧米企業では毎年ボーナスが年に決まった時に出る
ということはありません。

 

 

何か特別なことをした時に与えられるのが、
ボーナスです。

 

 

日本企業のボーナス支給方法は経営者側から見ると、

 

言い方は悪くなりますが、
とても都合がよいものとして、利用することができます。

 

 

ボーナスは基本給のように決められた支給額
というのはありませんので、

 

企業はその時の経営状態によって、
自由自在に支給額を変えることができます。

 

 

ボーナスだから当たり前と思うかもしれませんが、
よく考えてみてください。

 

 

例えば、景気が良く、利益が出ていような状況であっても、

 

先行投資をするという理由で、ボーナスを上げるのをやめるという判断も、
経営者側は自由にできます。

 

 

そのことが良いか悪いかは置いておいて、

 

重要なことは企業の上の判断によって、
簡単に給与が大きく変わってしまうということが現実にあるということです。

 

 

このことは、ボーナスの過去の支給額を
調べることによって、

 

企業のボーナスに対する考えがわかります。

 

 

中には基本給のように、

 

半年に一回、基本給の2カ月分
ボーナスを必ず出す企業もありますし、

 

業績が良い時に、基本給の
10倍ものボーナスを出す企業もあります。

 

 

中には、ボーナスというのもの自体が存在せず、
年俸制にしている企業もあります。

 

 

ボーナスの支給の仕方によって、
これだけ違いますので、

 

ボーナスに対する考え方も企業によって異なることが
わかるでしょう。

 

 

説明会ではほとんど触れられないから

ボーナスについて、新卒の就職活動の説明会では
ほとんど触れられることがありません。

 

 

私は一年近く就職活動をして、
様々な企業の説明会に参加してみましたが、

 

ボーナスのことについて説明していた企業というのは、
ほとんどなかった記憶があります。

 

 

日本の就職活動では、
こうした給与のことについて聞くのは、

 

タブーな雰囲気があります。

 

 

説明会でも面接でも
聞いてはいけないような風潮があるため、

 

なかなか聞きづらいでしょう。

 

 

採用担当の方と気軽に話せる雰囲気になったり、
リクルーター面談のようなものがあれば、

 

聞きやすいとは思いますが、
それでもなかなか難しいですよね。

 

 

実際に企業で働いてからも、
ボーナスのことを上司に聞くというのは、

 

あまり良いイメージはなので、

 

就活の段階で聞くというのは、
なおさら抵抗があるのはわかります。

 

 

エントリーする前にボーナスについて聞きたいなら

企業を選ぶ際に気になるボーナスの
実際の額面について、

 

一番簡単に確認できるのが、
就活サイトの就職エージェント聞くことです。

 

 

就職エージェントは企業の求人を紹介してくれますが、
その企業の求人詳細についてはかなり詳しいので、

 

ボーナスの額面、この企業は基本給の何か月分ボーナスが
出ているのか聞くことができます。

 

 

実際に私が就職エージェントを利用した時に、

 

紹介された企業がどのくらいのボーナスを出すのか、
試しにエージェントに聞いてみたところ、

 

すんなりと教えてくれました。

 

 

普段での就活でなかなか聞くことができないことも、
就職エージェントに聞くことで簡単に確認できることもあります。

 

 

サポカツではこちらの就活サイトおすすめしています。

 

 

利用することで、エージェントと面談することができますので、
就活を有利に進めることができるように、

 

上手く活用していくことをおすすめします。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

就活の企業選びの軸に戻る


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!