就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

就活では面接回数が少ない企業を選んだ方がいい

面接回数が少ない(2回だけ)企業を受けた方が内定もらいやすく就活が有利になる

 

就職活動で最も大切なのが面接です。

 

 

面接はほどんどの企業で内定をもらう前に、
必ず行われる選考です。

 

 

そのため、内定をもらうには、
最終面接を含め、

 

面接試験を全て合格しなければなりません。

 

 

どんなに苦労して面接を受けて、
通過したとしても、

 

最終面接が不合格であれば、
内定はもらうことができません。

 

 

お祈りメールのみです。

 

 

では、どうしたら面接で合格する確率を、
高めることができるのか?

 

 

最も良い方法は、
面接回数の少ない企業を選ぶことです。

 

 

面接回数を減らせば内定もらえるって、

 

そんなの当たり前だろ!!

 

 

と思うかもしれませんが、

 

これまで面接回数を意識して、
就活をしてきたことはありますか?

 

 

面接回数が少ない企業を選んだ方が良いことについて、
お話しします。

 

 

面接回数を減らすことで短期的に取り組める

まず、面接回数を減らすということは、
それだけで選考を減らせるわけですから、

 

必然的に就活そのものの進みが早くなります。

 

 

面接が合計5回の企業を5社受けるよりも、
面接が合計2回の企業を5社受ける方が、

 

圧倒的に選考にかかる時間は早いですよね。

 

 

特に良いのが、

 

面接2回だけの企業というのは、
2回目の面接が最終面接になりますので、

 

2回目の面接でもう、
社長クラスと面接ができてしまうのです。

 

 

最終面接というのは、

 

普段の雰囲気とはかなり異なるので、
慣れが必要です。

 

 

早い段階で面接回数が少ない企業を受けて、
社長面接の数をこなしていくことで、

 

自分が本当に志望する本命の企業の、
最終面接の準備をすることができます。

 

 

本命の企業でいきなり最終面接をしても、
最終面接は独特の緊張感があるので、

 

ほとんどの方は失敗してしまうケースが多いです。

 

 

これまで面接回数が多い企業ばかり受けてきて、
最終面接をまだされていない方は、

 

一度必ず最終面接を受けておくことをおすすめします。

 

 

また、面接回数が少ない企業を選んで就活していくと、
就活そのもののスピードがかなり速いと感じるはずです。

 

 

短期的に集中して取り組むことができ、
内定獲得もしやくすくなります。

 

 

一度就活に失敗し、
新たに始めようとしている方も、

 

面接回数が少ない企業を狙い、新たに始めてみるのはどうでしょうか?

 

 

面接回数が多いのは就活生と企業との相性を見るため?

企業側が面接回数を多くしているのは、
就活生と企業との相性を見るためと考える方は多いでしょう。

 

 

よく面接はお見合いみたいなものとも言われますよね。

 

 

確かに、面接は就活生と企業との相性を確認するために、
行われます。

 

 

しかし、企業側は面接を含んだ全ての採用選考を、
完全に試験としてみなしています。

 

 

こういう人材だったら採用しようと就活生に対して、
テストしているのです。

 

 

そのため、
面接回数の多い理由について、

 

企業側が慎重に就活生とのマッチングを大切にしているから、

 

と言っているのは、
ちょっと違和感があり、建前な感じもします。

 

 

単にエントリー数が多すぎるから、

 

優秀な人材をもっと見たく、
選考を引き延ばしたいから、

 

というのがホンネだったります。

 

 

そのため、就活の採用試験を通過するには、
選考を受けるにあたり、

 

どれだけ有利な状況を作りだすことができるか、
ということが重要になってきます。

 

 

就活生と企業側の相性というのは、
正直なところ、内定をとってからでも確かめることは可能です。

 

 

内定獲得後、先輩の社員と話すこともできます。

 

 

また、内定をもらってすぐに、
内定承諾をする必要もありません。

 

 

そのため、
内定獲得のことだけを目的とした場合、

 

好条件で選考に挑める面接回数の少なさ、
というのは非常に大きなメリットと言えるのです。

 

 

面接が少なくて大丈夫?

面接の回数が少ないと心配になるのが、

 

面接の回数が少なくて大丈夫?

 

ということですよね。

 

 

よく、面接が少ないとブラック企業が多い、
ということも聞いたことがあると思います。

 

 

これに関して言えば、
面接の回数が1回の企業は気を付けた方が良いです。

 

 

ベンチャー企業で社員が数名の場合は、
いきなり社長面接ということもあります。

 

 

しかし、それ以外の企業で面接が一回だけ、
というのはかなり怪しいと思った方が良いです。

 

 

社員を使い捨てるブラック企業の可能性が高いです。

 

 

一番安全で且つおすすめなのが、面接が合計2回の企業です。

 

 

合計2回の面接の場合、
一回目の面接から部長クラスの面接になることが多いです。

 

 

一次面接:部長クラス⇒最終面接:社長クラス

 

 

といったような感じですね。

 

 

面接回数合計2回をこうして見ると、

 

面接が多い企業の最後をつまんだようになりますので、
かなりお得に感じませんか?

 

 

こうしたしっかりとした管理職が行ってくれる選考であれば、
面接回数が少なくても安心できますよね。

 

 

実際、面接2回だけの企業というのは、
かなり多いですよ。

 

 

特に多いのが大手企業の子会社や系列会社です。

 

 

誰もが知ってるブランドの超大手企業でも、
面接2回という企業はあります。

 

 

面接が少ないだけでも、
内定の可能性はぐっと高まりますので、

 

意識して就活に取り組んでみてください。

 

 

面接回数2回の求人を見つけるなら、
こちらの就職エージェントサイトの利用がおすすめです。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!