就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

unistyle(ユニスタイル)の評判と口コミは?就活に必須!?

unistyle(ユニスタイル)の評判と口コミ

 

公式ページ

 

 

 

就職活動を始めると、
就活生が一斉に言い始めること、

 

それが、、、

 

「エントリーシート、ES提出しないと!!」

 

です。

 

 

就職活動はやることがたくさんありますが、
エントリーシート(ES)の提出の時期になると、

 

徹夜するくらいエントリーシート(ES)の作成に、
追われます。

 

 

そんなメチャメチャ忙しい時に、、、

 

「内定者のエントリーシート(ES)を見ることができたらなあ....」

 

と思うことがあります。(私がそうでした。)

 

 

こちらでご紹介する、
unistyle(ユニスタイル)という就活サイトは、

 

エントリーシート(ES)の作成に追われる、
就活生がとてもとても欲しい情報、

 

「過去の内定者の企業の17549枚のエントリーシート(ES)を、
無料で閲覧できる」

 

 

そんな凄いサイトなのです。

 

公式ページ

 

 

  • 運営会社  :Unistyle株式会社
  • 対象就活生 :2019卒・2020卒
  • 対象地域  :全国
  • 形式 :内定者のES閲覧可能
  • 費用  :無料
  • リンク:https://unistyleinc.com

 

 

 

 

unistyle(ユニスタイル)はどんな就活サイト?

unistyle(ユニスタイル)とは?

 

就活生のほとんどの方は、
就活を始める時にリクナビやマイナビを利用するので、

 

unistyle(ユニスタイル)という企業は、
聞いたことがないという方が多いのではないでしょうか。

 

 

unistyle(ユニスタイル)は、
就職活動の情報を提供するメディアを運営している会社です。

 

 

冒頭でもお伝えしたような、

 

内定を獲得した就活生のエントリーシート(ES)の例文の情報提供から、
自己PR、志望動機の書き方コンテンツまで、

 

就活を幅広くサポートする、
就活サイトを運営しています。

 

 

例年6万名以上の就活生に登録、
利用されているので、

 

かなり大きな就活サイトです。

 

 

unistyle(ユニスタイル)のメリット

それではunistyle(ユニスタイル)のメリットについて、
説明していきます。

 

 

1.無料で過去の内定者のエントリーシート(ES)を閲覧できる

unistyle(ユニスタイル)は内定者のエントリーシート(ES)を無料で閲覧可能

 

unistyle(ユニスタイル)を利用する一番のメリット、
それが既にお伝えした通り、

 

無料で、過去の就活の内定者のエントリーシート(ES)を、
閲覧できるという点です

 

 

この閲覧できるエントリーシート(ES)の数は、
なんと、17549枚にものぼります!

 

 

業界もこんな感じで、
ゾロっと揃っています。

 

閲覧可能なエントリーシート(ES)の数は1万7千枚以上

 

 

閲覧できる内定者のエントリーシート(ES)には超大手企業も

この無料で閲覧できる、
内定者のエントリーシート(ES)なのですが、

 

掲載される企業の規模が凄いのです。

 

 

超大手企業、有名企業のエントリーシート(ES)が、
揃っています。

 

 

例えば、総合商社のカテゴリーでいうと、
こんな感じです。

 

大手企業の内定者のエントリーシート(ES)を閲覧できる

 

三菱商事・三井物産・住友商事・丸紅・伊藤忠商事などの、
五代商社のエントリーシート(ES)の例文が、

 

なんと、100枚以上も見れてしまうんです!

 

 

これはほんの一部ですので、
他の金融やメーカーのカテゴリーで検索すれば、

 

同じように有名企業の内定者のエントリーシート(ES)を、
閲覧できます。

 

>>公式ページはこちら

 

 

 

 

2.企業の過去の採用選考の流れや面接内容がわかる本選考レポート閲覧可能

ここまでお伝えしてきたように、
unistyle(ユニスタイル)は内定者のエントリーシート(ES)を、

 

閲覧できるというのが大きな強みです。

 

 

それに加えてunistyle(ユニスタイル)では、
企業の採用選考の流れや、

 

面接の内容について書かれた、
「本選考レポート」についても見ることができます。

 

 

この本選考レポートというのは、
就活生(多くが内定者)から提供されたレポートです。

 

 

企業の採用選考フロー、試験の流れや、選考に向けて準備したこと、
面接の時に質問されたことや雰囲気などが細かく書かれています。

 

 

本選考レポートは、
こんな感じです。↓↓

 

unistyle(ユニスタイル)の本選考レポート

 

この本選考レポートについても、
エントリーシート(ES)同様に、

 

かなりの有名な大手企業が揃っています。

 

 

エントリーシート(ES)の記入も大切ですが、
その先の採用選考は内定獲得に向けて重要になってきます。

 

 

大学受験と同じように、

 

過去問を解いて試験に挑むのと過去問を全く解かずに挑むのとでは、
試験の難易度が大きく違ってきますよね。

 

 

就活も採用試験なので同様です。

 

 

予め自分がエントリーする企業の採用選考の流れを、
知っているか知らないかというのは、合否に大きく関わってきます。

 

>>公式ページはこちら

 

 

 

 

3.企業のエントリーシート(ES)の締切・選考情報を見れる

ここまで、unistyle(ユニスタイル)は、
内定者のエントリーシート(ES)を見ることができる、

 

ということをお伝えしてきましたが、
unistyle(ユニスタイル)は過去のエントリーシート(ES)を閲覧できるだけでなく、

 

現在の企業のエントリーシート(ES)の締切日や選考情報についても、
見ることが可能です。

 

 

こんな感じで、

 

エントリーシート(ES)の締切日と、
説明会が実施される場所を確認することができます。

 

unistyle(ユニスタイル)はエントリーシート(ES)の締切・選考情報を確認できる

 

就活でエントリーシート(ES)の提出ラッシュになると、
締切日に追われ、

 

どの就活サイトを使えばいいのか、どの就活サイトを既に使ったのか、
わけがわからなくなることもあります。。。

 

 

同じサイトで内定者のエントリーシート(ES)と、
現在の採用選考情報を見ることができるのはとても便利です。

 

>>公式ページはこちら

 

 

 

 

その他のunistyle(ユニスタイル)のメリット

unistyle(ユニスタイル)限定開催イベント

 

その他のメリットとして、
無料登録者は、

 

unistyle(ユニスタイル)限定開催のイベントの案内を、
受け取ることができます。

 

 

こういった限定開催のイベントというのは、
unistyle(ユニスタイル)経由で、

 

選考ステップが通常エントリーよりも短い、

 

お得な特別採用選考が行われる企業に、
エントリーできることもあります。

 

 

unistyle(ユニスタイル)は大手企業との、
パイプが太いので、

 

大手有名企業の特別採用選考オファーの案内を、
もらえたりするチャンスもあるかもしれません。

 

 

就活に成功するためには、
こうした限定イベントの情報を入手しておくことも大切です。

 

>>公式ページはこちら

 

 

 

 

unistyle(ユニスタイル)のデメリット

unistyle(ユニスタイル)はとても良いサービスばかりですが、
もちろんサービスなので、デメリットもあります。

 

 

1.エントリーシート(ES)の例文はあくまでも就活生の情報によるもの

unistyle(ユニスタイル)に掲載されている、
エントリーシート(ES)の例文は、

 

あくまでも過去の就活生から提供された情報になります。

 

 

また、エントリーシート(ES)の内容、質問項目を、
毎年変えるような企業も中には存在します。(多くの企業は毎年使い回し)

 

 

注意として、

 

unistyle(ユニスタイル)に掲載されている、
エントリーシート(ES)の例文を、

 

そのままコピペして、
使用するのは絶対にやめましょう。

 

 

万が一通過したとしても、
自分で書いた内容ではないので、

 

面接の時に確実にバレます。

 

 

2.中小企業のエントリーシート(ES)の例文は少なめ

unistyle(ユニスタイル)に掲載されている、
エントリーシート(ES)の例文は凄く多いのですが、

 

大手企業がメインになります。

 

 

大手企業に比べて、
中小企業のエントリーシート(ES)の例文は少なめです。

 

 

本選考レポートについても、
大手企業の掲載がメインになります。

 

 

3.就職エージェントタイプの就活サイトではない

unistyle(ユニスタイル)は、
就活サイトの利用がメインになります。

 

 

定期的にイベントなどを開催していますが、
就職エージェントサイトのように、

 

担当の就職エージェントの、
サポートが付くようなサービスではありません。

 

 

unistyle(ユニスタイル)の登録の流れ

 

登録方法

unistyle(ユニスタイル)の登録は、
リンク先からこの画面で登録できます。

 

unistyle(ユニスタイル)の登録方法

 

>>無料登録はこちら

 

無料登録後に、
エントリーシート(ES)が閲覧できます。

 

 

unistyle(ユニスタイル)のまとめ

unistyle(ユニスタイル)は就活に役立つ

 

unistyle(ユニスタイル)は、

 

無料でエントリーシート(ES)の例文や選考情報を見れるので、
就活生は事前に登録しておきたいサイトです。

 

 

特に大手企業のエントリーシート(ES)の例文や選考情報を、
手軽に入手できるというのは、めちゃめちゃメリットが大きいです!

 

 

エントリーシート(ES)の作成の時や、
実際の採用選考の際にとても役立ちますので、

 

ぜひ、登録しておくことをおすすめします。

 

公式ページ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 *この記事を気に入って頂けたらポチッとお願いします* このエントリーをはてなブックマークに追加   


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!