就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

エントリーシート(ES)の誤字修正はどうしたら・・・

エントリーシート(ES)の誤字で修正液は使ってもいいの?

 

エントリーシートを手書きで作っていて、
間違えてしまった場合、

 

新しく書き直すか、
修正液を使うか気になりますよね。

 

 

私もエントリーシートを作っていた、
あと一行というところでミスをしてしまい、

 

発狂しそうになったことが何度もあります。

 

 

最後になると気が抜けるからでしょうか。

 

 

なぜかあと数文字というところで
よく間違えていました。

 

 

修正液を使っても問題ないのか、

 

また、基本的にエントリーシートの修正は
どのようにするのがよいのか

 

お話ししていきます。


修正液を使った修正は問題ないのか?

結論から先にお伝えすると
修正液は使わない方がいいです。

 

 

企業に提出するエントリーシートは公的なもので、
ビジネス文書としてみなされます。

 

 

ビジネス文書では
修正液や修正テープを使った修正は認められません。

 

 

例えば、注文書の金額が修正液を使って
とんでもない額に変えられていたら大変ですよね。

 

 

ですから、採用担当者が
修正液で修正されたエントリーシートを見たとしたら、

 

「コイツ、社会の常識をわかってないな!」

 

 

と思われてしまう恐れがあり、
あまり良い印象を与えることができません。

 

 

そのため、誤字等で間違えてしまった場合は
修正液の使用はおすすめしません。

エントリーシート作成時に間違ってしまったらどうしたらいいの?

エントリーシートの作成時に間違ってしまい、
どうしても修正をしたいのであれば、

 

ビジネス文書でも使われる間違った箇所を
二重線で取り消して、

 

訂正印を押すということをした方がいいです。

 

 

しかしながら、この修正という行為自体、
やらないにこしたことは無い

 

ということが正直なところです。

 

 

なぜなら、実際に会社に入り、

 

例えば営業が客先で紹介する時に
修正された資料を使うということはまずしないからです。

 

 

特に志望度は高く無いが、

 

ここまでESを書いたのに
提出しないのはもったいないという場合、

 

訂正してもよいですが、
志望度が高い企業のESでの修正は絶対におすすめしません。

 

 

訂正をしてESが通過することもありますが、
訂正はESそのものを見た時に

 

あまり良い印象を与えることができません。

 

 

特にエントリーシートは
面接を通過するためのただの試験ではなく、

 

面接時にも使われることが多いです。

 

 

中には最終面接まで同じエントリーシートが
見られるということもあるので、

 

印象をよくさせるためにも
訂正はできるだけ避けた方がよいです。

エントリーシートの作成がめんどくさいなら

エントリーシートの作製は
正直かなりめんどくさいですよね。

 

 

そのようなめんどくささを感じてる方には
スカウト型、逆求人サイトの【キミスカ】をおすすめします。

 

 

就活の選考情報を入力しておくだけで、

 

企業側からスカウト、特別選考オファーを
もらえることができます。

 

 

自己PRを登録しておくだけで
企業側からスカウトされますので、

 

エントリーシートの作製は不要になります。

 

 

エントリーシートの作成が
めんどくさいと感じている方は登録無料であるため、

 

登録しておくのがおすすめです。

 

 

キミスカ

キミスカ

 

選考状態をシェアすることで、企業から選考オファーをもらうことができます。
待ちの状態でも就活を進めることができる数少ない就活支援サイトです。

 

  • 逆求人のため一社一社エントリーシートを作成することが不要。
  • 落ち込んで就活が停滞しても登録しておけばオファーがくる。
  • 大手からのスカウトで一発逆転も。

 

キミスカの詳細キミスカ

 

 

 

 

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!