就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

面接は出身大学・学歴・資格でなく思いや気持ちで決まる3つの理由

面接は出身大学・学歴・資格ではなく入りたい思い・気持ちによって内定が決まる3つの理由

 

就職活動をしていると、気になるのが
学歴や資格ですよね。

 

 

就活生からよくあるのが、

 

○○大学だったら内定とれる?

 

とか

 

○○の資格があれば内定がとれる?

 

 

といった質問です。

 

 

確かにエントリーの段階でここまでの学歴が必要と、
フィルターをかける企業というのは存在します。

 

 

そのような企業はだいたい超人気企業で、
エントリーの段階で倍率がもの凄く高いため、

 

学歴を用いて線を引いていることがあります。

 

 

こういう企業というのは、
学歴が高かったとしても内定をもらうのは、

 

物凄くハードルが高いです。

 

 

就活をしていると、
周りの就活生のことも気になるので、

 

自分はこの学歴で本当に大丈夫かな?

 

TOEIC○○○点で問題ないかな?

 

などと思うこともあるでしょう。

 

 

しかし、就活における学歴、資格というのは、
自分を良く見せるツールでしかありません。

 

 

特に面接では学歴よりも、
企業に入りたいという気持ちが大切になります。

 

 

面接は出身大学・学歴・資格でなく
思いや気持ちで決まる3つの理由についてお話しします。

 

 

○○大学だから内定とれるはないから

まず、○○大学だから内定を取れる!

 

ということはありません。

 

 

確かに、○○大学から数名取るということを
決めている企業はあるかもしれませんが、

 

実際に就活の採用選考の結果に影響しているのは、
面接の内容や印象がほとんどです。

 

 

就活で最終的に内定を取れるかどうかが決まるのは、
面接の合否ですよね。

 

 

面接の印象で内定をとれるかどうかが
決まるわけです。

 

 

例えば、

 

「面接で印象が良くなかった就活生に対して、
君は○○大学だから一応とっておこう。」

 

というような採用評価の仕方は、
今の時代ではまずありえません。

 

 

ほとんどの面接官は、実際の面接をしてみた印象で
決めます。

 

 

冒頭でもお伝えしたとおり、

 

エントリーシートの段階では、大学の名前というのは、
ある程度アピールポイントにはなります。

 

 

しかし、選考が面接に入ってからは、大学に関しては、
自分を語るうえでの道具、ツールとして考えた方がいいです。

 

 

学歴を意識すると、面接官にもそのことは伝わり、
プライドの高い人に思われることもあります。

 

 

学歴のことはあまり考えずに選考には挑んだ方がいいです。

 

 

学歴よりもどれだけ会社に合うかみられるから

学歴や資格はツールと言いましたが、
企業側は就活生に対して、

 

どれだけ会社に合う人材か?

 

ということを意識して就活生を評価しています。

 

 

どんなに高学歴の人であっても、

 

企業で働くイメージが湧かない就活生には、
容赦なくお祈りメールをします。

 

 

例えば、偏差値が高い大学と低い大学の就活生が
内定候補者に選ばれた場合、

 

企業は最終的には一緒に働きたいと思える人に内定を与えます。

 

 

確かに高学歴で優秀そうな人には目がいきます。

 

 

しかし、高学歴だからといって仕事ができるわけではない
ということを会社で働く人間は十分知っています。

 

 

そうなると、大切になってくるのは、人柄や性格、
また、企業に入りたいという気持ちです。

 

 

この人ならこんな感じで仕事してもらえそう!

 

と面接官にイメージさえることができる就活生というのは、
内定獲得率が高いです。

 

 

逆に、学歴は高く、頭は良さそうだけれど、
実際に企業で働く姿が想像できないような人は、

 

お祈りメールが多くなるでしょう。

 

 

面接官は新しいことに挑戦する意欲を見たい

企業の面接官というのは、就活生のやる気、
どれくらい本気で企業に入りたいと思っているのかどうか確かめようとします。

 

 

そのことを測るために、面接官は
就活生のチャレンジ精神を見ようとします。

 

 

就活をしているとよく聞くことではないでしょうか?

 

 

企業側が就活生に対して、何を期待しているかというと、
ただ、働いてくれるというわけではなく、

 

この人なら企業のココを変えてくれそう!

 

ということも面接で想像しながら評価します。

 

 

会社で働くと確かに仕事は与えられます。

 

 

しかし、経営者側、リーダー達からするとあまり好ましく思っていないのが、

 

何でも受け身の社員、言われたことしか行わない人です。

 

 

特に正社員というのは自発性を非常に重要視されます。

 

 

そのため、面接の時には

 

御社ではこんなことをしてみたい!挑戦したい!

 

といった積極的な思い、気持ちが面接で表れていなければ、
内定はもらうことができません。

 

 

企業に対する入りたいという思いは面接のパフォーマンスでは
表すことができないことが多いです。

 

 

自分にはこういう気持ちがあるから御社に入りたい!

 

 

自然にこの気持ちになって、
面接でどれだけ思い伝えることができるかがポイントになります。

 

 

このことを考えていくと、面接というのは出身大学や学歴、資格というのは
あまり面接本番には武器にはならないことがわかりますよね。

 

 

思いで伝える面接にしていこう

学歴が高いのに内定をもらえないでいると、
自分は○○大学なのになんで内定もらえないだろう・・・

 

というように考えてしまいがちです。

 

 

学歴をこれと言って重視していないにも関わらず、
自然とそういう気持ちは失敗が続くとでてくるものです。

 

 

そのような方は、本番の面接での面接官への思いの伝え方に
気を付けてみてください。

 

 

就活生のホンネというのは、
けっこう簡単に企業の面接官に見破られてしまうものです。

 

 

面接で上手くいかない方は企業に入りたいと思う気持ちから、
もう一度見直してみることをおすすめします。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!