就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

就活のスーツのレディースでおすすめのブランドは?私はデパートで「KEITH」のスーツ(黒・無地・タイトスカート)を購入。

手探りの就職活動がスタート

地方のT大人文学部を卒業したK.M(26歳女性)です。

 

 

卒業後は宿泊業に就いていました。

 

 

中学の頃から英語の勉強に楽しさを感じるようになり、他国の人とコミュニケーションがとれることに感動を覚えました。そのために大学では英文を専攻しました。

 

 

 

得意とした英語を活かせる職業を目指し、3年生の終わり頃から何回か合同説明会に参加しました。

 

 

その後、ホテル業界に方向性を決めて5社ほど試験に臨みました。4月から入社試験が始まり、6月に内定が出ました。

 

 

入社後、研修を経てフロントクラークの業務に従事していました。

 

 

大学に入学した頃は、英語を活かせる職業をいくつか意識していたものの、まだどこか夢見ているような心境でした。

 

 

一方で、4年生になってから就職活動を始めるのでは何となく遅いような気がしており、3年生になる頃には学内の就職関係の掲示物は頭に留めておくようになりました。

 

 

正直なところ、振り返ってみると就職活動への意識が足りなかったと思っています。

 

 

ずっと勉強ばかりがメインであった学生から、社会で仕事をする社会人という立場に移行することに、頭も気持ちもすぐには切り替えられませんでした。

 

 

就活スーツはいつ購入すればよい?

スーツの購入は大学4年生になる春頃でいいだろう、3年生の間はまだ情報収集の段階でありスーツを着る機会がないだろうと考えていました。

 

 

同級生の友人たちの間でも話題にのぼっていませんでしたし、事前に調べることもしていませんでした。

 

 

地方二流大学文系学部の良くないところなのか、3年生の秋頃でも周りがのんびり過ごしているので自分も何となく行動を起こさないのです。

 

 

教授が企業や関連機関と太いパイプがあるふうでもなく、就職活動を支援してくれることも啓発してくれることもありませんでした。

 

 

ニュースや新聞では、就職活動の傾向が報じられていて、少しは気にかけていたのですが、ずっと学内で学生という立場で守られて勉強していたために、社会での出来事が自分にかかわることなのだとはっきり自覚できていませんでした。

 

 

相変わらず授業やバイトやサークル活動で日々は過ぎていたのと、4年生の春から始まる卒論のためにどの教授にお願いするか、そちらに意識が向いていました。

 

 

人生で初めてのスーツを購入

就職活動を意識しながらも、どこか別世界の他人事のように感じていたのですが、3年の秋の終わり頃に母親から「就活スーツはどうするの?」と持ちかけられました。

 

 

私は「あぁ、買わないとねぇ。」と曖昧な返事をしました。

 

 

 

さすが母親です。

 

 

娘が長い学生生活で節約思考が染み付いているのを見抜いていました。

 

 

就活スーツは勝負服です。娘が「着られればよい」という私服を買うような感覚で「それっぽい」スーツを購入してくることを危惧したようでした。

 

 

末娘である私はほとんど姉たちからお下がりの服を来て育ってきたのですが、人生の勝負場面での就活スーツは新しく良質のものを考えてくれていたようでした。

 

 

後日、以前デパート勤務だった母親と一緒にそのデパートに出掛けました。

 

 

何着かスーツを鏡の前で体に当ててみたり、その雰囲気を試しながら、母親が前もって目星をつけていたブランドの就活スーツを選びました。

 

 

大学3年の秋の終わりのことでした。

 

 

仕事を持つ女性のためのブランド
購入したのは「KEITH」のスーツでした。

 

 

このブランドを検索すると公式サイトにて「自分らしさを常に意識する仕事を持つ女性のためのトラディショナルブランド」と出てきます。

 

 

母親が選んだのも納得です。

 

 

どのようなスーツを選んだのかというと

 

  • 色は黒(真っ黒ではない)
  • 無地(小さなドットや細いストライプはなし)色は黒
  • タイトスカート

 

就職活動でまずアピールすることは、真面目さ、堅実さです。

 

 

信用できて、仕事を教えて育てるに値する人材かどうか、その判断基準となるのは相手の雰囲気です。

 

 

スーツは雰囲気を作る一つの要素です。

 

 

そのためにはやり就活スーツの基本ともいえる黒色の無地を選びました。

 

 

オーソドックスなものは幅広い業界で利用できます。また、就職活動後もオフィスや仕事のいろんな場面で着られるように、堅苦しくない雰囲気の黒色、柔らかい素材を選びました。

 

 

就活スーツの購入はお早めに

就職活動が本格化する直前の4年生の春頃にやっと購入するのはおすすめできません。

 

 

会社説明会、合同説明会、もしかするとOB・OG訪問の機会が突然訪れるかもしれません。

 

 

いくらこれらの情報にアンテナを張っていても全てを網羅するのは難しいことです。

 

 

いくつかの説明会に目星をつけていても、もう少し早い時期に新たな他の説明会の情報が入って来たりするものです。

 

 

その時になってスーツがなければ格好がつきませんし、参加できません。

 

 

人生の勝負時とも言えるチャンスを逃すのは惜しいことです。前もって準備は必要です。

 

 

周りの学生たちは本気で戦いに来ていると思い、気を引き締めて行きましょう。

 

 

 また、面接では自分をアピールすることも大切なのですが、仕事をするということは、まずは求められる人材であることをアピールすることも大切です。

 

 

堅実な業界、華やかな業界、いろいろですからスーツもその雰囲気に合わせたものがいいでしょう。

 

 

スーツは学生にとっては高価な買い物ですが、大事な場面で自分の心意気を表す武器にもなると考えましょう。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的な女性のスーツに戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!