就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

年間休日が多い企業を選ぶのが良い3つの理由

年間休日が多い企業(100日か120日以上)を選ぶのが就活の企業選択では良い3つの理由

 

就職活動で企業を選ぶ際には、
業界、事業内容、給与、などから選びますよね。

 

 

企業を選ぶ際は年間休日について
気になると思いますが、

 

この年間休日というのは、
凄く大切になります。

 

 

年間休日が多い企業を選ぶのが良い3つの理由
についてお話しします。

 

 

年間休日は会社によって大きく違うから

年間休日が多い企業をおすすめする理由は、
会社によって年間休日の日数は大きく異なるからです。

 

 

そもそも、なぜ年間休日がは多い方が良いかといえば、
会社で働くと必ず休みたいという気持ちになるからです。

 

 

自分のやりたいことだから、
休日なんて関係無い!

 

 

と思う方もいるかもしれませんが、
会社員として難しいのが、

 

自分のやりたい仕事だけに絞って仕事はできるわけではない
ということです。

 

 

企業で働いていると、自分が面白いと感じる分野の仕事
をしていく一方で、

 

こんなめんどくさい仕事絶対にしたくない
という気持ちになることがあります。

 

 

嫌ならその仕事を引き受けなければいいと
思うかもしれませんが、

 

その断るということができないのが、
サラリーマン、会社員の宿命です。

 

 

このような嫌な仕事をしていくと、
本当にストレスというは溜まるものです。

 

 

そのため、多くの会社員は年間休日を
多くしてくれ!

 

という気持ちでいっぱいです。

 

 

そうなると、
もっと年間休日が多い企業を選んでおけばよかった・・・

 

 

と後悔の気持ちになってくのです。

 

 

年間休日数というのは、企業によって本当に様々で、

 

年間休日が90日のような企業もあれば、
140日もあるような企業も存在します。

 

 

企業によって、一カ月以上も
休日に差があります。

 

 

一カ月はかなり大きいですよね。

 

 

これだけ企業ごとに休日数が異なると

 

予め年間休日が多い企業を選んだ方が良いという
結論に至る人が多いです。。

 

 

実際に就職して後悔がないようにするためにも、
年間休日が多い企業を選んで就活しましょう。

 

 

年間休日が少ない企業は怪しい企業が多いから

年間休日が少ない企業というのは余裕のない企業が多く、
ブラック企業の可能性があります。

 

 

特に年間休日数が100日以下の企業というのは要注意です。

 

 

年間休日96日のメーカーで私の知人は働いていましたが、
休日が少ないうえに職場の環境も悪かったため、

 

半年も経たずに辞めてしまいました。

 

 

年間休日数が100日以下になると、
ほどんど土曜日も働くことになります。

 

 

周りの人々が休んでいる土曜日に仕事をするのは、
ちょっと辛いですよね。

 

 

社員の気持ちをわかっている企業でれば、
年間休日は100日以上であります。

 

 

ちなみに私は就活をしていた時というのは、
年間休日120以上の企業に絞って就活していました。

 

 

その結果、休日を有意義に使うことができています。

 

 

私は何よりもワークライフバランスを優先した
企業選びをしていましたので、

 

片っ端から年間休日120以上の企業を
探しました。

 

 

年間休日が少ないから給与が高いわけではないから

年間休日が少ないからといって、給与は高くなるわけでは
ありません。

 

 

新入社員というのは、給与がほとんど横並びですよね。

 

 

給与が横並びということは年間休日130日の企業と、
年間休日90日の企業には、

 

給与には差が無いということになります。

 

 

いくら土曜日、日曜日に働いたとしても、そもそも出勤日であれば、
休日手当というのはつきません。

 

 

こんな話を聞くと年間休日が90日とかほとんどがブラック??

 

と疑問に思いますよね。

 

 

全てブラックかどうかはわかりませんが、
私の周りには年間休日が少ない企業はブラックだったと言う人が多いです。

 

 

年間休日が120日ある企業で年間休日が90日くらいの仕事量をした場合、
ガッポリと残業代をもらうことができます。

 

 

しかし、年間休日が90日の企業ではそれがごく普通になるわけです。

 

 

こう考えると、企業によって条件が大きく変わり、
考え方も違うというのが見えてきますよね。

 

 

就活で焦るとどこでもいいから内定が欲しいと思うかもしれませんが、

 

年間休日が少ないというのは自分にとってほとんどメリットが無いということを
覚えておくことが大切です。

 

 

まとめ

企業によって年間休日が大きく変わります。

 

 

企業に対して、給与の交渉というのは、
することは可能ですが、

 

年間休日というのは、企業側で既決められてしまっているため、
休日の交渉というのは不可能です。

 

 

実際私は年間休日120以上の企業で働いていますが、
一週間に二日間休みがあるというのは、

 

かなり大きいです。

 

 

一日だけではゆっくり体を休めることはできません。

 

 

週に2日必ず休みを取ることができる企業で働くことをおすすめします。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

就活の企業選びの軸に戻る


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!