就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

株式会社ポジティブドリームパーソンズ・大手デベロッパー企業から内定もらった話

自己紹介

  • お名前:T・W
  • 年齢:26歳
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 出身大学:R・U
  • 学部:国際関係
  • 内定をもらった企業:ポジティブドリームパーソンズ・大手デベロッパー企業
  •  

     

    とにかく不安だったスタート地点

    だんだんと「就職活動」という言葉が耳に入ってくるようになる時期、
    とにかく不安でした。

     

     

    将来、自分がどうしていきたいのか、
    全くわからなかったからです。

     

     

    例えば、
    自分は何が好きで、

     

    どんな価値観をもち、
    どういう方向性に進んでいきたいのか。

     

     

    考えてみると、
    まず自分は仕事について知らないことが多すぎると感じ、

     

    たくさんの仕事観に触れようとたくさんの人と、
    話をすることを始めました。

     

     

    具体的には、
    大学2回生の後半より他の大学の授業やサークル、

     

    観光ビジネスコンテストや各社のサマーインターンシップ、
    OBOG訪問、大学の就職イベント等に参加しました。

     

     

    そんな中、大学3回生の頃に自分の生き方のロールモデルとなる、
    ある一人の起業家に出会いました。

     

     

    その方に感激し、
    30歳までに自分で事業を興すことが自分の目標に。

     

     

    「自分で事業を興すためには?」

     

    という軸を中心に就職活動をすすめ、

     

    結果的に大手デベロッパー企業、
    いくつかのベンチャー企業から内定をいただくことができました。



    2019卒で就活成功させるならコレ!!


    もう卒業して就活お困りの方はこちら





    軽い気持ちで参加したインターンシップ

    内定した企業を知ったきっかけ知ったきっかけは、
    3回生の頃に参加した夏季インターンシップです。

     

     

    やりたいことがわからなかった時期、

     

    「どこか惹かれるインターンシップがないかな?」

     

    とリクナビを眺めているときに、

     

    「なんだかおもしろそうな会社だな!」

     

    という大変軽い気持ちで応募をしました。

     

     

    内容は、
    「韓国で新商品を開発せよ」というもの。

     

     

    参加するには2つの試験に合格しなければいけないのですが、
    無事合格し韓国でのインターンシップに参加することができました。

     

     

    エントリーした理由は、

     

    インターンシップの経験から、
    会社の理念とそこで働く社員の方々の職業観に惹かれたからです。

     

     

    インターンシップに参加していたこともあり、
    参加していない学生に比べて社員の方々と交流する機会が多くあり、

     

    エントリーする前からとても好感をもっていました。

     

     

    自分で事業するためにはという軸で、
    大手企業からベンチャー企業まで幅広く見ていましたが、

     

    一つの選択肢としてエントリーすることを決めました。

     

     

    ですが、エントリーした段階では、
    絶対にここの会社に進もうとは決めていませんでした。

     

     

    対策で力を入れた3つのこと

    内定した企業の選考に向けて力を入れて対策をしたことはこの3つです。

     

     

    「自己分析」、「テスト対策」、「根拠を言えること」

     

     

    一つ目は本を使った自己分析です。

     

     

    「7つの習慣、就職対策本」と「絶対内定」という2冊を中心に、
    自分の価値観を深掘りする作業に時間を使いました。

     

     

    二つ目は、テスト対策です。

     

     

    面接せずに不合格になってしまうことだけは避けたかったので、
    一般的なSPIテスト対策本を購入し、2周ほどやりました。

     

     

    基本的な問題ばかりで甘く見られがちですが、
    改めてやってみると悩むものも多く、対策をしておいてよかったと思っています。

     

     

    最後は、

     

    「根拠をいえるようにしておくこと」です。

     

     

    例えば、
    エントリーシートや面接で必ずと言っていいほど、

     

    出てくる質問に、

     

    「志望動機」と「自分の強みを答える」

     

    ものがあります。

     

     

    志望動機や自分の強みを言えることはもちろんですが、

     

    「なぜそう思うのか?」

     

    という根拠まで考えるようにしていました。

     

     

    さらに言えば、

     

    それを思ったきっかけとなるエピソードをなるべく具体的に考え、
    自分の言葉で伝えられるようにしておくよう準備をしていました。

     

     

    「エントリーシートがない選考」と「エントリーシートがある選考」

    基本的な選考の流れは以下の通りです。

     

     

    「エントリーシートがない選考」と「エントリーシートがある選考」

     

     

    「エントリーシートがない選考」

    1次選考:会社説明会への参加。同会場にて筆記試験。
    2次選考:5名ほどのグループディスカッション
    3次選考:面接
    4次選考:面接
    5次選考:役員面接
    6次選考:社長面接

     

     

    「エントリーシートがある選考」

    1次選考:エントリーシート提出とテストに回答(どちらもウェブ)、
    エントリーシートの設問

     

    @学生時代の最大のチャレンジ(300~500文字)

     

    A自分の強みはなにで、それを会社でどのように活かせるか(300~500文字)

     

    B理想とする街とその理由(200~400文字)

     

    Cこの会社でなにをし、なにを成し遂げていきたいか。その理由(300~500文字)

     

    Dこの会社の企業研究方法と共感した点(300~500文字)

     

     

    2次選考:6名ほどのグループディスカッション

     

    待合室で10ページほどの資料を読み、グループデスカッション

     

    内容:イタリアンレストランを新規出店させる最もよい場所は次の3つのうちどこか?

     

    3次選考:2人でのグループワークと面接
    内容:日本の良い部分

     

    4次選考:資料を読み解決をまとめ、プレゼンテーションする。その後面接。

     

    5次選考:最終面接

     

     

    就活中支えてくれた、友達の存在と自分で考えた言葉

    選考中はだれでも不安になるものです。

     

     

    選考が進めばいいですが、
    そうでないことの方が多いです。

     

     

    僕もやるせない気持ちに何度もなりました。

     

     

    そんな不安な自分を支えてくれたのが、
    大学の友達でした。

     

     

    モヤモヤしたことを自分の頭だけで考えているだけでは、
    不安が増すだけです。

     

     

    そんな時は、
    ぜひ友達に話をしてみてください。

     

     

    話すことがまとまってなくても大丈夫です。

     

     

    ただ話をするだけで気持ちが楽になることがあります。

     

     

    そして、もう一つ僕を支えてくれたのが、
    自分で考えた言葉です。

     

     

    情報や考えなければいけないことが多くなると、
    どうしても自分で考えることが辛くなり、

     

    本や友達・先輩達の素晴らしい考えかたや言葉を自分の考えとして、
    同じように使ってしまいたくなります。

     

     

    ですが、

     

    他人の言葉は面接官に見抜かれてしまうでしょう。

     

     

    それでは良い結果は出ません。

     

     

    つらくても、
    最後は自分の頭で考え自分の言葉で伝える事。

     

     

    そうすれば、自信をもって面接に挑む事ができ、
    面接官にも思いが伝わると確信しています。

     

    キャリアチケット(career ticket)

    キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

    就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

    優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

    他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

    価格 無料
    評価 評価5
    備考 2018卒・2019卒対象

    就活ドラフト

    就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

    Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

    就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

    価格 無料
    評価 評価5
    備考 2018卒・2019卒対象

    MeetsCompany(ミーツカンパニー)

    ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

    説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

    面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

    価格 無料
    評価 評価5
    備考 2018卒・2019卒対象

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    大手から内定を複数もらった就活の方法に戻る

    9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!