就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

インテリジェンスに採用された新卒の就活方法。企業研究や面接の流れ、選考フローを内定まで説明。

自己紹介

  • お名前:K.S
  • 年齢:30歳
  • 性別:男性
  • 職業:会社員銀行員
  • 出身大学:KS大学
  • 学部:経済学部
  • 内定をもらった企業名:株式会社インテリジェンス

 

人材業界にこだわり続けた就職活動

就職活動を始めた当初はメーカー・商社・金融関係など様々分野の企業の説明会に参加していました。

 

 

どの企業もピンとくるものが無く、希望する業種が決まらないまま活動を続けていたある日、転職支援業を行なっている某Rグループの企業説明会に参加。

 

 

壇上で企業説明をしている社員の自信たっぷりの説明がキラキラと映って見えました。今まで受けてきた企業とは違う華やかさを感じた一日でした。

 

 

その後、人材業界に興味を持った私は大手から中小まで片っ端から企業説明会にエントリーしました。

 

 

どの説明会でも共通して感じたのは「社員の自信」、「社員の企業愛」、「真剣に仕事に取り組む姿勢」でした。

 

 

すっかり人材業界で働きたくなった私はその他業界へのエントリーを止め、人材業界に特化して面接を受験し、その当時転職支援業では業界2位であった株式会社インテリジェンスより内定を頂くことができました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





インテリジェンスを知ったきっかけ。幅広い業務内容。とにかく熱い先輩社員

内定を頂いたインテリジェンスを知ったのは人材業界の研究を初めてすぐでした。

 

 

転職支援サービスのDODAやアルバイト求人広告のanなどを運営する会社と知ってビックリしたことを覚えています。

 

 

人材業界大手だったと言う事と、転職支援・人材派遣・求人広告という人材サービスの3事業を分社化せず自社で行なっている事がエントリーしたきっかけです。

 

 

大手の人材業界企業はこれら3つの事業を分社化している企業が多かったですが、インテリジェンスに入社できた場合、3つの人材サービスと総合的に関わることができ、ビジネスマンとして大きく成長できる機会があると思い、エントリーしました。

 

 

また企業説明会の際に入社して1〜2年目の先輩社員との対談の時間があったのですが、仕事に対してとにかく情熱的で、インテリジェンスのことをとにかく愛しているという想いが伝わってきたのを今でも覚えています。

 

 

就職活動をしていた当時の私と年齢は1〜2歳しか離れていないのに、社会人として自立している姿勢が感じられ、インテリジェンスに入社すればすごいスピードで成長ができるのではと可能性を感じました。

 

 

企業研究はとにかく深掘りと本音が大事

企業研究するにあたり、まずはインテリジェンスが運営するホームページを採用情報だけではなく、端から端まで読みこみました。

 

 

そうすることによってインテリジェンスがクライアントに何をアピールしているのか、他社との違いは何なのかを感じ取ることができ、面接時でも内容が深い受け答えができたことに繋がったと思います。

 

 

またエントリーシートでは自分の本音(社会人になって加速度的に成長したい、人材業界を通じて地元地域を元気に発展させたい)をストレートに表現しました。

 

 

就職活動の支援本にはエントリーシートの書き方や面接対策はこうするべきなどテクニック要素が書かれていることが多いですが、私はやはり本音でぶつかることが一番大事だったと感じています。

 

 

エントリーシートを読むのも、面接をするのもコンピューターではなく人間です。

 

 

支援本にある様なテクニックを応募してくる学生のほとんどが使ってきたら、採用する方も疲れてくると思います。

 

 

その企業で働きたい、働いて成長してきたいという気持ちは本音で伝えなければ伝わらないものだと思います。

 

 

企業研究・エントリーシートは就職活動の第一歩ですが、いかに情熱的に本音で表現できるかどうかが試されている様に感じます。

 

 

面接7回。面接を重ねる度に入社したい気持ちが強くなっていく

試験はSPIでの筆記試験がまず実施され、合格したが面接に進む形式でした。

 

  • 1回目:グループワークでの試験
  • 2〜4回目:集団での面接
  • 5回目:若手社員との個人面接
  • 6回目:マネージャークラスとの個人面接
  • 7回目:役員クラスとの個人面接

 

1回目の面接は10人程度のグループで行なうグループワークでした。

 

 

社員一人が付き、合否判定を行なっていました。ここではリーダーシップや協調性などの資質を見られていた様に思います。

 

 

2〜4回目は3〜5人程度の学生と2〜3人の面接官という集団面接でした。簡単な志望動機や学生時代に力を入れたことなどを中心に面接が進みました。

 

 

5回目以降は社員1人との個人面接でした。1対1の面接で、集団面接の時より本音を話し、志望動機の深堀もありました。

 

 

面接を重ねる度にインテリジェンスに入社したい願望が高まっていきました。

 

 

面談する社員の方々が全員魅力的で自分も将来的に成長して同じようになりたいと思ったからです。

 

 

他社との面接の際は志望動機の深堀りの際に「なんで?なんで?」や「その仕事は本当にうちでできるの?」など圧迫気味の面接もありましたが、インテリジェンスはとにかく学生の前向きでポジティブさを引き出す様な面接だったと記憶しております。

 

 

自分もキラキラと光るこの会社で働くことができる!

7回目の面接が終わった直後、別室に呼ばれて人事担当者から内定の通知を頂きました。

 

 

第1希望としていたインテリジェンスから内定を頂けて泣くほど嬉しかったことを今でも覚えています。

 

 

採用のステップは非常に長かったですが、合格通知を頂いた翌日に次の面接などスピード感はあり、期間的にはそれほど長くなかったです。

 

 

毎回合否通知が来るまではドキドキでしたが。

 

 

また内定が出た1ヶ月後に内定者を集めての懇親会がありました。

 

 

人事担当者も参加しての懇親会でしたが、やはり話を聞いていると仕事にやりがいを感じており、キラキラと光っているなと感じました。

 

 

他の内定者もエネルギーにみなぎっており、自分もこの会社で働くことでキラキラと光ることができると確信できました。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人材業界から内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!