就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

トヨタ自動車など大手4社に内定したリケジョの就活方法。私立大学院卒の理系女子が語る就職活動の採用のポイント。

自己紹介

  • お名前:A.K
  • 年齢:28歳
  • 性別:女性
  • 職業:製造業技術職
  • 出身大学:理系私立大学
  • 学部:工学部
  • 内定をもらった企業名:トヨタ自動車、その他3社

 

やりたいことが見つからずやみくもに就職活動を開始

大学卒業時、就職したくないという思いで特に行きたくもなかった大学院に進学しました。

 

 

内部進学のため、試験が不要でノーストレスのまま大学院生へ。

 

 

その後、大学院1年生の終わりに就職活動がはじまりました。

 

しかし、やりたいこともなく

 

 

ひたすら有名企業に応募しまくりました。

 

 

リクナビに登録し、有名企業の応募ボタンを押しまくる日々。

 

 

しかし、エントリーシートで落ちることはほとんどありませんでした。

 

 

理由はわかりません。

 

 

履歴書やエントリーシートの添削は母に1度みてもらったのみです。

 

 

初対面の人と話すことにそこまで抵抗がないのもありますが、面接は数をこなすことで慣れます。

 

 

やりたいことがない故、合同説明会にも何回か参加しました。

 

 

合説は意味がないという声もありますが、知らない企業を知ることができるので、私は行って良いと思います。

 

 

4月上旬に内定がでましたので、そこで就職活動を終了しましたが、計4社から内定をいただくことができました。

 

 

内定をいただいた中で最も有名な企業に就職しました。

 

 

やみくもに行った就職活動ではありましたが、全体的にみると成功だったと思います。

 

 

大学院1年の夏にインターン参加した会社は落ちました。

 

 

そもそも私の大学からは採用していないところでしたので、インターン先は慎重に選ぶべきです。

 

 

インターンや就職活動を通していろいろな大学の人と知り合うことができます。

 

 

時間に余裕があれば、いろいろと行ってみると良いです。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





大手病

就職失敗組によくある大手企業病のひとりでしたので、中身に関係なくとりあえず聞いたことのある企業に応募しまくっていました。

 

 

トヨタ自動車は世界中の人が知る企業ですので、きっかけも何もありませんが、しいていうと、大学生のうちから車に乗っていたこと、両親が車好きであることから、車には興味がありました。

 

 

他の大手車会社は、1社だけ会社説明会に参加しました。

 

 

大変魅力的な会社でしたが、エントリーシートのボリュームが大きかったため、そこまでのモチベーションがなく応募はしていません。

 

 

OB・OG訪問して会ってみる

自分の大学を卒業し、トヨタ自動車で働く社員が会社説明に来る機会がありましたので、そこでお話を伺いました。

 

 

どのような人が働いているのかを知る良い機会でした。

 

 

それ以外に会社説明会にも一度参加しました。

 

 

2回の説明会で出会った人たちに魅力を感じず、偉そうで合わないと感じましたので選考を受ける気はなく、企業研究はほとんどしていません。

 

 

エントリーシートに関しては、2回目の会社説明会で提出を求められていましたので、それをそのまま使用し応募しました。

 

 

1回目の集団面接が大事

 

自由選考の場合

 

  1. エントリーシートとSPI試験の結果を送る
  2. 集団面接、グループディスカッション
  3. 最終面接

 

詳細
1.エントリーシートとSPI試験の結果を送る

エントリーシートに関しては、一般的な内容しか書いていませんし、特別書く量が多いわけでもなかったので、比較的簡単につくれます。

 

 

SPI試験は自分では点数がわかりませんが、他社含めSPIで落ちたことはないのでそれなりに良かったのだと思います。

 

 

2.集団面接、グループディスカッション

集団面接は5人に対して面接官2?3人。まわりが某有名国立大の人や有名私立大の人ばかりでしたが、有名大学の人だからといって、話すのが上手なわけではないんだなと感じました。

 

面接官はやや怖い?圧迫ではありませんが。

 

聞かれたことにたいして、どのような答えが求められているのか考えながら答えれば問題ないと思います。

 

グループディスカッションは、たくさん話すよりも大事なポイントで話す、話がおかしな方向に進みそうになったら軌道修正を入れるくらいの方が良いです。

 

 

3.最終面接

最終面接はたぶん意思確認程度だと思います。

 

2人の面接官で感じの良い方々でした。

 

2の集団面接とグループディスカッションでほとんど落とされると聞いています。

 

 

実感がない内定

就職活動中で電車待ちの時にお電話をいただきました。

 

 

行くか迷っているお話をしたところ、OBの方を紹介いただき、お話をして内定受諾を決めました。

 

 

有名企業に就職することが親への親孝行のひとつだと思いましたので、内定をもらってから1週間程度で行くことを決めたと思います。

 

 

就職活動中は、親や周りに相談することはほとんどなかったので、行く企業が決まってから報告すると大変驚かれました。

 

 

4月上旬に就職活動を終えましたが、最初の内定がでたのも4月が過ぎてからで、周りの早い人は3月の間に内定をもらっていましたので、もしどこにも雇ってもらえなかったらどうしようという不安は常にありました。

 

 

1つでも内定をもらうと気持ちに余裕がうまれますので、選考が早い企業を受けて心を落ち着けるのが大事だと思います。

 

 

何十社も受けて感じたことは、面接官との相性がかなり重要だと思います。

 

 

行きたい企業を絞りすぎると不採用だったときに落ち込むと思いますので、あまり気を張りすぎず行うのが良いです。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大手から内定を複数もらった就活の方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!