就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

マイナビに内定した新卒の就職活動。高倍率の選考を通過できた方法とは?採用フロー(説明会・小論文・面接)の詳細説明。

自己紹介

  • お名前:T.M.
  • 年齢:27歳
  • 性別:女性
  • 職業:人事
  • 出身大学:B大学
  • 学部:経営学部
  • 内定をもらった企業名:株式会社マイナビ

 

人材業界で人のキャリアを支援する

もともと大学で人材マネジメントについて学んでいました。

 

 

その中で企業の中の「人」がどれほど重要であるかを知りました。

 

 

また、OBの先輩方にも人事や人材業界で活躍している方が多くいらっしゃり、とても楽しそうに仕事をしているのを拝見していたので、将来私もあんな風になりたいと強く感じていました。

 

 

その関係でいずれ人事職として人のキャリアに関わる仕事がしたいと感じるようになりました。

 

 

新卒から人事職採用をしている会社はあまりありませんので、企業の人事を代行するような仕事に就きたいと感じ、人材業界を志望して、ほかの業界は全く見ずに就職活動をしていました。

 

 

人材業界の中でも広告媒体の販売営業ではなく、実際の人事の仕事に近い仕事がしたいと考えていたので、人材紹介、派遣などを取り扱っている会社を中心に見ていました。

 

 

最終的には20社ほど選考に進み、第一志望だった株式会社マイナビに4月の頭に内定をもらったので、そこで就職活動は終了しました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





社会に大きなインパクトを与えたい

就職活動でリクナビ・マイナビという媒体を使っていたので株式会社マイナビのことを知りました。

 

 

人材業界の会社だと感じて調べていましたが、人材のビジネスはもちろん、ウエディングなどの他の業態にもチャレンジしている会社であるとしり、社会に大きなインパクトを与えていけるのではないかと感じました。

 

 

どうせだったら大きい会社に入社して、大きな仕事をしてみたいと思っていたのでエントリーを決めました。

 

 

また、会社としては40年以上の歴史を持った会社ですが、非常に平均年齢が若く、活気がある会社であると同時に非常に雰囲気が良くみんなが仲の良い社風であると感じたのも1つ大きな理由です。

 

 

年齢関係なく、若手でも活躍し、20代で課長というかたもいらっしゃったのでここで頑張ってみたいと感じていました。

 

 

人材業界と企業の立ち位置の明確化

業界研究、企業研究、自己分析はかなり念入りに行いました。

 

 

まず、自分が将来どのような状態になっていたいのかという、ビジョンを明確に設定しました。

 

 

いずれは、人事としてしっかりと仕事をしていきたいと感じていました。

 

 

そのため、人事の仕事についても調べ、そのキャリアを進んでいくにあたって、どの業界であれば叶いやすいのかを考えました。

 

 

そして、人材業界が一番の近道ではないかと感じました。

 

 

それから人材業界がどのようなものなのかを調べました。

 

 

人材業界とくくっても人材紹介、派遣、広告媒体、コンサルなど幅広いので、それぞれの理解を深め、そのうえで自分は何がしたいのかも整理しました。

 

 

人事を目指すにあたっては、コンサルティングや広告媒体の営業ではなく、より人事の仕事に近い人材紹介や派遣の方がよいなど自分の軸にそって自分の意見が言えるようになるまで整理していきました。

 

 

業界研究をした後に、希望の企業がどのような会社で業界の中の位置づけはどこなのかを明確にしました。

 

 

そして、他社との違いを考えて、なぜこの会社に入社したいのかを整理していきました。

 

 

人材業界の会社はとてもたくさんあるので、なぜこの会社でなくてはいけないのかに関しては会社の事業内容だけでなく、社風や働いている人などにもフォーカスして志望理由を書いていきました。

 

 

入社後の成功を想像してもらう

説明会参加後、エントリーシートを記入、その後面接が4回ありました。

 

 

エントリーシートはA3の用紙でかなり多い分量を書きました。

 

 

面接の間に小論文の提出を1度挟みました。

 

 

私の代は「あなたにとって仕事とはなにか」という題で、白紙のA4サイズの紙に書いてくださいという縛りだけであとは自由に表現するという物でした。

 

 

最終面接の前に社員の方との座談会の設定がありました。4名ほどの社員と交互に個別にお話が聞けるというものでした。

 

 

面接は集団面接(人事との面接)→課長面接→部長面接→役員面接という流れでした。

 

 

エントリーしてから内定まで大体3か月ほどかかったと思います。

 

 

基本的には非常に穏やかでしたが、入社して何がしたいのか、どのように活躍できるのはをとても問われていたと思います。

 

 

あとは人材業界の理解度と会社の立ち位置についての確認もかなり念入りにある印象でした。

 

 

これからの楽しい未来を想像する

選考中はあまり緊張しないように大きなことを言おうとか、無駄に背伸びはしないと決めて挑んでいました。

 

 

大きな事柄でなくても自分の良さが伝わるエッセンスをしっかりと伝えて、会社で活躍できる人材であると納得してもらうことを心がけていました。

 

 

基本的にはすべて電話ではなく、マイナビのメッセージでの対応でした。

 

 

そのため、結果が1週間後になることもあり、何度ももう落ちてしまったかな。。。と不安になりましたが、前向きに頑張りました。

 

 

不安になる時は入社したあとに活躍する自分を想像するととても前向きな気持ちになることができました。

 

 

最終面接が終了した次の日に人事の方から電話を頂き、そこで口頭で内定を伝えられました。

 

 

とてもびっくりしましたがとてもうれしかったのを覚えています。

 

 

人事の方に今の気持ちは?と聞かれて、第一志望なので入社しますとその場で即決しました。

 

 

就職活動は大変でしたが、しっかりと自分と向き合うよう機会であったと感じています。

 

 

特に営業職での入社希望だったので、営業活動に似ている部分があると感じ、そういった面で、とてもいい経験となりました。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人材業界から内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!