就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

ドコモショップ代理店に採用された就職活動。営業職に第一志望で内定獲得できた方法とは?

自己紹介

  • お名前:J.S
  • 年齢:24歳
  • 性別:男性
  • 職業:携帯販売スタッフ
  • 出身大学:KIH大学 栃木県
  • 学部:社会福祉学部
  • 内定をもらった企業名:ドコモショップ代理店

 

営業職への憧れ

私は社会福祉士になる為に希望の4年生大学に進んだのですが、今では携帯販売の仕事に就いています。

 

 

福祉大学には入学したのですが、実際に介護の現場実習やグループホームでのアルバイト経験を経て深夜でのら仕事の苦労や腰を痛めた経験があり就職先を携帯会社に変更しました。

 

 

介護の仕事の将来に不安をどうしても変えられませんでした。

 

 

就活の流れとしては、4年になりまず始めに福祉施設や病院などの募集探しから始めました。

 

 

結果的に、携帯会社で働くことになりますが、周りの友人達と実習後に流れでいくつか面接を受ける事にしていました。

 

 

大学などの就活支援センターで募集は探しました。色々な求人先から都道府県ごとの募集を集めたファイルや、大学の就活専用パソコンで情報が豊富に載っていたからです。

 

 

選り好みをしなければ、自分の住みたい場所などの条件でも10件は出てきました。

 

 

地元のハローワークなども勧められましたが大学での情報で十分だったので、利用はしていません。

 

 

実際に施設で面接を受けましたが、身体を壊してしまいそうだと以前のアルバイト経験も合わせて考えて、営業職に変えました。

 

 

営業職にした理由としては、頑張っだだけ収入に繋がり、人間としてセールス能力を身に付ければどの職種でも活かせると思ったからです。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





携帯会社にエントリーしたきっかけ

まず営業職で何を売るのか範囲が広くて絞れないと思い、自身で思う営業職とパソコンで「営業職」と調べてノートに書きました。

 

 

最初はただ漠然と訪問販売、新聞の営業、デパートの化粧品、保険外交員などの情報を転々としました。

 

 

携帯会社の求人を見た際に携帯を殆どの人が使っていて生活にかかなくなっている事、とにかく人と関わる機会が多く販売スキルを磨くのに適していると考えて選びました。あとは通信の仕事なので、初任給が約18〜21万から始まり、資格制度があり昇給や研修が充実していたので初心者でも努力で給料を上げられる事に魅力を感じました。

 

 

ただ不安な点としては最低半年には新しいスマートホンやiPhoneが出るので、プランなど覚える努力や伝える技術が必要だと覚悟してました。

 

 

携帯会社で何を求められるのか?選考に向けた準備

まず、受かる為に必要とされるスキルを持っているか一つでも見つけて、それをアピールポイントにすれば受かるのではと考えました。

 

 

そして、必要とされるだけでなく入った後の目標も言える方が将来性があるとみて採用に有利と思い自身が何を目的に営業に進みたいのか整理しました。

 

 

何度か大学ノートにもし携帯会社に勤めたらのイメージを書きました。ネットでの仕事の感想なども参考にしました。

 

 

ポジティブなイメージとネガティヴなイメージをひと通り書いて、例えばお客さんに勧めて嫌な顔をされたらどうしよう。

 

 

それか、気に入った貰えるように言い方を変えれば相手に喜んで貰えるなど書き込みました。

 

 

面接では筆記試験はなく、面接一本だったので、ある程度考えてを整理して聞かれた事に素直に答えられる様に準備しました。

 

 

嘘だとすぐに顔に出てしまうと考えたからです。

 

 

まとまった内容が、活かせる事が人と話すのが好きで介護経験で相手を観察して察する事と相手の為に行動出来る事です。

 

 

目的は携帯会社での販促を通して、人に喜んで貰う販売をして自身もそれで食べて行ける知識と経験を得て趣味に時間を割ける様になりたいでした。

 

 

3人対1人の面接

面接では、店舗の店長と県内の統括リーダーの方、人事担当の方の3人と私の構成で行いました。

 

 

質問された事は、携帯販売に就く理由、何が活かせるのか、趣味、高校や大学での活動、大学の進路を別の方面に変えた理由、店舗を決めて良かったのでその店舗を選んだ理由などでした。

 

 

焦った事は、人とコミュニケーションを取るのが好きだとアピールした後で、実際にお客様役に扮した面接官と1対1で世間話をどれだけ取れるのかを実演した事です。

 

 

内容としては、仙台から福島の店舗まで車で来店された女性のお客様という設定で挨拶から始まりました。

 

 

そこで私は「仙台など、遠い所からお越し頂きありがとうございます。

 

 

運転は大変ではなかったしょうか」と仙台から来られたと聞いた後で驚いた表情で伺いました。

 

 

面接官の方が「そうなの、とっても疲れたわ」と言われたので私は「それは大変ですよね」とねぎらいの言葉を入れて「道中何か変わった所はありませんでしたか」などから高速道路が混んでいた事や途中のパーキングで食事を取られたと聞いたのでパーキングで何を食べられたのかなどを聞き出したりひたすら聞き役に徹しました。

 

 

途中から何を話したらいいか分からず大変焦りました。

 

 

面接官の方からは最後は焦っていたものの相手の気持ちをしっかり受け止めていて、介護でのねぎらいの経験が活かされていると褒めて頂きました。

 

 

就職の目的を聞かれた際に、経験を付けて経済的に豊かになりたいと言うつもりでしたが思わず「お金持ちになりたいからです」答えてしまいました。

 

 

面接官からは驚かれてしまいました。その後「素直なのはいい事だけどなんでそんなにお金持ちになりたいの?」と聞かれて「お金を得て、旅行など色々行きたい所があります。

 

 

また、それだけの販売の実力を付けて今後の社会での自信にしたいからです」と答えました。

 

 

やれるだけやりました

選考期間はは落ち着かず、いても立ってもいられませんでした。

 

 

友人の中には何人か採用待ちの友人がいたので、時間を見つけては会って面接での事を話したり、目の前の事に集中出来ないのはダメだと思い、アルバイトを入れて面接の事を考えないようにしました。

 

 

週に1度は外に出て、好きなゲームセンターに行ったり本屋に寄って立ち読みをしたり息抜きを意識して取り入れていました。

 

 

今でも覚えていますが、何をしても頭の片隅で受かった電話と受からない電話を何度もイメージしてしまい落ち着かない毎日でした。

 

 

選考には1ヶ月待ちました

店舗から連絡があった時は、受からない事など一瞬頭をよぎりました。

 

 

電話に出たときに相手からゆっくりと「採用です。おめでとうございます」と言われました。

 

 

すごく嬉しくて、電話で「ありがとうございます」を何度も言ってしまいました。

 

 

嬉しくて、すぐにスーツを選びにお店に行ったのを覚えています。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小売業・楽器店・薬局・その他に内定した方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!