就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

エスケーホームに採用された新卒の就活。リーマンショック後の就職氷河期でも内定獲得できた方法とは?面接対策は?

自己紹介

  • お名前:Y・H
  • 年齢:29歳
  • 性別:男性
  • 職業:営業職
  • 出身大学:F大学
  • 学部:経済学部
  • 内定をもらった企業名:エスケーホーム

 

リーマンショックが世界経済に影響を与えた結果、就職活動にも多大なる被害を感じた新卒採用試験。

我々の新卒採用の時期は、リーマンショックが起きた2年後ということもあり、就職氷河期で、どこの企業も採用を控えている状態でかなり厳しい現状を強いられていました。

 

 

元々私は公務員になりたいと思っており、大学が行なっている公務員コースを受講していました。

 

 

しかし、民間のみならず、民間企業が採用を控えていた影響により公務員の受験者も例年よりはるかに増えるという状況に陥っておりとても焦っていたのを鮮明に覚えています。

 

 

そのため私は迷った結果、公務員、民間を並行して受けることにしました。

 

 

やはり、就職内定率がとても低い状況下の中で、取り残されてしまのではないかという不安に感じたのがその時の1番の理由でした。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





マイナビやリクナビが主催している合同説明会で出会った企業、エスケーホーム。

私は、公務員になりたいと元々思っていましたが、はっきりとした理由はありませんでした。

 

 

ただ、反対にいうと民間でやりたい、もしくは活かせる仕事というのがなくてだからこそ公務員になりたいと思っていたのかもしれません。

 

 

そういったこともあり、合同説明会には積極的に参加しました。

 

 

私は、もともと専門的な資格など持っていませんでしたので、営業職でしか就職活動は行いませんでした。

 

 

とはいうものの、やりたい仕事はありませんでしたので様々な営業職の募集を行ってる企業のブースや説明会に訪れどういった仕事内容をやっていきたいかを模索していました。

 

 

そんな中で、母親が家を建てたいと昔から言っていたのを思い出し、エスケーホームのブースに訪問したときに、素直にここで働きたいと思ったのがエントリーしたきっかけでした。

 

 

民間を希望するにあたって、九州内の勤務とベンチャー企業を中心に採用試験を受けてましたので、マッチしている点も魅力でした。

 

 

エスケーホームの採用試験を受けるにあたって、まずはネットで調べれることは全て調べました。

基本的な公式HPからエスケーホームの口コミや大学の卒業生の口コミ等を調べました。

 

 

言うまではもありませんが、面接で何を話すと言った内容は重要ですが、その会社のことを知るのが採用試験では最も重要なことです。

 

 

エントリーシート等については、会社を知った上で書くのと、どこにでも使えるような内容を書くのとではわけが違うためそこを念頭において、行っていました。

 

 

BtoCの企業であれば、ある程度の会社の場合、口コミなどがあると思います。

 

 

当然良い評価もあれば悪い評価もあります。

 

 

もしかすると、悪い評価の方が多い会社もあるかもしれません。

 

 

特にクレーム産業と言われるような業者は、そういった口コミの方が目立つように感じます。

 

 

私も実際、悪い評価も見つけ不安になることもありましたが、内容によってはそこがその企業の改善点として考えている内容かもしれません。

 

 

そう言った内容を踏まえてエントリーシートを書くのとではやはり感じ方が変わってくると思います。

 

 

また、これは特に意味はないと思いますが、本社まで事前に行ったらすることもしていました。

 

 

事前に行う準備として、どんなことでもやるに越したことはないと思います。

 

 

最後の最後で、失敗をした個人面接。

就職採用試験では、エントリーシートの提出、筆記試験、集団面接、個人面接、役員面接というような流れが多いように思います。

 

 

もちろんこれは実施する企業によって様々ですが、エスケーホームもこのような流れでした。

 

 

まずは、説明会の際に書類審査を行い、一次面接が集団面接で行われました。その時に筆記試験もあったと思います。

 

 

次の試験が、今はやってないみたいですが、立食形式での面接でした。

 

 

これは正直後にも先にも初めての形式でしたので、動揺したのを覚えています。

 

 

後から聞いたところ、これはコミュニュケーション能力はもちろんですが、気遣いといった点を見られていたようです。

 

 

そして、その後が最終面接でした。

 

 

最終面接は、自信を持っていかなければならない場だと思います。

 

 

そしてそのために私はもともと面接がとても苦手な方でしたので、一番内定が欲しい企業で力を出せるように30社以上は面接を受けてきました。

 

 

しかし、案の定最終面接で、社長から聞かれた質問に対して見当違いの返答をしてしまい、最終面接の結果発表の時期がきても内定の通知はもらえませんでした。

 

 

最終面接を終わった時に後悔があったので仕方ないと思っていたのですが、一人内定辞退が出たため、通常の1ヶ月後に内定をもらうことができました。

 

 

入社後に聞いた話しですが、最後の質問のところで、入社したい気持ちをアピールしたのが最終的な内定の理由だとのことでした。

 

 

就職採用試験はあくまで社会人としてのスタートラインを切る場所を決める場所。

私の採用は、最終的に気持ちで勝ち取ったのものでしたが、どの企業でもあることではないと思います。

 

 

一番内定が欲しいと思えた企業に内定がもらえた時は本当にこの上ない喜びでしたし、報われた感じがしました。

 

 

反対に第一志望でない、企業しか内定がもらえないという方もいると思います。

 

 

しかし、そこで一喜一憂するのではなく、あくまでそこがスタートラインになるわけですので、どうしても行きたいところがあれば、チャンスはいくらでもあります。

 

 

社会人になってからでもチャンスはあると思います。

 

 

現に私は、現在は転職し結局働きながら公務員を目指して勉強しています。

 

 

やはり昔思っていた公務員になりたいという思いを持っています。

 

 

だからと言って、これまでの選択に後悔はしていませんし、むしろたくさんのことを学べたので、良い経験になっています。

 

 

ですので、目の前のことを一生懸命考え実行し、先のことを見据えるということが大事ではないかと思っています。

 

 

就職活動は確かに大変です。しかし、一生懸命やれば、必ず結果はついてきます。頑張ってください。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅・不動産業界から内定した方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!