就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

ワークスアプリケーションズに採用された新卒の就活!内定までの選考、面接の内容を説明!

自己紹介

  • お名前:T.F
  • 年齢:28歳
  • 性別:男性
  • 職業:IT企業営業職
  • 出身大学:D大学
  • 学部:社会学部
  • 内定をもらった企業名:ワークスアプリケーションズ

 

「仕組みづくり」に興味があり、IT・コンサルを志望

大学時代塾講師のアルバイトに力を入れて取り組み、教室のチーフとして授業や塾の運営がうまく回る「仕組みづくり」に力を入れて取り組みました。

 

 

その中で、どうすれば、人がやる気を維持しながら働きやすい環境を作れるかという課題に興味を持ち、その課題解決に取り組めそうな企業を選んで就職活動に取り組みました。

 

 

ITやコンサルを志望したのは、一番汎用的に課題解決に取り組めると感じたためです。

 

 

働く人が毎日触れるツールと仕組みに対して良い提案ができれば、働きやすさとやる気を高めるのにもっとも効果的だと考えたためです。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





日本のIT企業で世界に向けて戦える数少ない会社

ワークスアプリケーションズは、パッケージ型ERP(ERPとは企業内の会計業務や人事の仕事などの根幹業務をつかさどるソフトのこと)で高いシェアを誇っている企業です。

 

 

最近では、人工知能を活用したERPなど、先進的なことにもチャレンジしています。

 

 

就職活動時代は、報酬付きのインターンシップで人を広く募集しており、自分の友人が何人も応募していたことから、存在は知っていました。

 

 

応募したきっかけは、CEOの牧野さんの講演を拝聴したことでした。

 

 

牧野さんは当時、「日本のITの投資対効果(ROI)は非常に低い」「ノンカスタマイズで

 

 

利用できる投資対効果の高い製品を作らなければ日本企業は競争に勝てない企業になってしまう」

 

 

と盛んにお話されていました。

 

 

また「企業そのものより中にいる個人のスキルを高めなければ会社も成長しない」とも話されていました。

 

 

この会社なら、会社の考えと自分の考えをあわせながら新しい仕組みづくりに挑戦できると考えエントリーすることにしました。

 

 

就職活動時期もアルバイトを続けていたため、インターンシップではなく、拘束時間の少ないトライアル選考を選択しました。

 

 

 

日頃から目を養う!選考に向けた準備

私は就職活動に向け、ロジカルシンキングについての教則本とビジネス書を読み漁り、相手に自分の意見や主張をいかにシンプルに客観的に伝えるかを学習しました。

 

 

アルバイト先の塾の授業にも学んだテクニックを折込ながら、トライアル&エラーを繰り返し、話す術を身につけていきました。

 

 

また、課題を発見する目を養うため、日常生活の中でできるだけ観察を行うようにしました。

 

 

例えば、サークルの飲み会で飲食店に行った時に注文がなかなか出て来ない場合、などこんな風に考えるのです。

 

 

なぜ注文が出てこないのか?

 

発生している現象
  • フロアの人は立ったままで余裕がありそう
  • キッチンの人は慌ただしそう
  • キッチンの人がフロアの人に何度も注文状況を確認している
  • オーダーは紙のメモでとられ、取った順にぐちゃぐちゃに貼られている

 

推測できる原因
  • キッチンの調理がおいついていない
  • フロアときっちんの連携がうまくできていない

 

根本的な原因
  • キッチンの人が足りない
  • 注文のメモがうまく整理できないため調理の優先度がつけられずスピードが落ちている

 

解決策
  • 注文を電子化し、調理時間から自動的に優先度を表示するシステムを導入する
  • 人を増やす

 

ワークスアプリケーションズだけでなく、業界・業種を問わず、この考え方はビジネスの根底に根付いています。

 

日頃から、目を養い、それを表現する口を養うことで、どのような面接の場でも使えるスキルを身に着けられます。

 

 

面接というより商談でした。トライアル選考の内容

ワークスアプリケーションズのトライアル選考では、毎回、A3一枚分のシートを渡され、そこに発表される課題に対するソリューションを表現し、面接の場でプレゼンすることが問われます。

 

 

面接の中で発表の時間(確か5分)と質疑応答の時間、こちらからの質問の時間が設けられていました。

 

 

面接というよりまるで、試験管2名と真剣な商談をしているような雰囲気でした。

 

 

面接官からの質問も、自分の生い立ちや志望動機などは一切問われず、ただ、発表した課題に対するもののみです。

 

 

「この点はもっとこうしたほうが便利だと思うがどうか?」「この点は◯◯だから評価できない」という具合です。

 

 

自分が社内人としてビジネスに携わるようになった後、顧客に対してプレゼンするのと全く同じような経験をこの面接の中でしました。

 

 

どのような商談よりも一番緊張にたのを覚えています。

 

 

目の前の人をどう納得させることができるか

選考中や面接中に考えたのは、目の前に出てくる面接官をどのようにして納得させるか、のただ一点でした。

 

 

会社に入るにはどうしたらよいかより、難しい課題に対して挑戦し、相手にどう伝えるか、そればかりを考えていました。

 

 

今思うとそう考えながら面接に臨んだ点が会社のマインドと合っていたのかもしれません。

 

 

内定を頂いた時も、嬉しい気持ちと同時に勝負に勝った達成感のようなものが得られました。

 

 

スポーツの試合に勝って「やったー!」となっている時と同じ気持ちです。自分が仕事を初めてから実際の企業で発生する課題に向き合い、解決していこうとする姿勢は、まさにワークスアプリケーションズのトライアル選考の中で教えてもらいました。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コンサルティング業界から内定した方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!