就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

ぐるなびに採用され就職!面接や内定までの選考フローなど新卒の就活方法説明。

自己紹介

  • お名前:K.K
  • 年齢:24歳
  • 性別:男性
  • 職業:Webエンジニア
  • 出身大学:W大学
  • 学部:先進理工学部
  • 内定をもらった企業名:株式会社ぐるなび

 

ベンチャー企業で鍛えられ、大手に採用されました。

最初に就活の結果ですが、1社の内定を頂いた時点で就活を終えました。

 

 

私が就活するにあたり考えたことは、「将来どう働きたいか?」でした。

 

 

その中で自分が導き出した答えは、「独立」、「フリーランス」という働き方を目指すというものでした。

 

 

そこから業界を「Web」や「IT」に絞り、職種も「エンジニア」に絞り就活を行いました。

 

 

また、そういった働き方を目指すならある程度バリバリ働ける環境を目指した方がよいだろうと思い、最初はベンチャー企業をメインに就活してました。

 

 

しかしながら、プログラミング経験も大学の授業レベルしかなく、また何かを制作した経験も特になかったので、ベンチャー企業からは全く内定を頂くことができませんでした。

 

 

しかし、早い時期から多く面接をこなしたお陰で、自分の将来像が明確になり、大手企業ながらも早い段階で現職の採用につなげられました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





ぐるなびのエントリー理由は今までに感じなかった魅力を感じたからでした。

ぐるなびを知ったきっかけに関しては割愛します。知らない人の方が少ないと思うので。

 

 

エントリー理由は「Webサービスを作っていて、多くの人が知っていて、さらに面白そうな会社だったから」です。正直最初は、Webの技術を学べるならどこでもいいと思っていました。

 

 

しかし、就職活動を勧めていくにつれ、「せっかく仕事するならみんなが使ってくれるようなサービスを作りたい」と思うようになりました。

 

 

そこで、自分がよく利用するWebサービスを洗い出し、そのサービスを作っている会社を調べていきました。

 

 

その中で、ぐるなびは実は飲食店検索サービスを運営するだけでなく、もっと幅広く「食」に関する事業を展開している会社なのだと知りました。

 

 

「IT×食」の先導的企業でもあったので、「この企業の事業展開を学ぶことは、きっと将来の自分の役に立つのではないか」と感じました。

 

 

それまで多くのベンチャー企業にエントリーしてきてましたが、こういった魅力を感じたのはこの会社が初めてでした。

 

 

このような様々な要素が自分の理想に合致し、エントリーすることに決めました。

 

 

選考の準備にあたり今と未来の情報に目を向けました。

就職活動する上で常に大事にしていたことがあります。

 

 

それは、「将来自分はどうなりたいのか」?です。

 

 

そして、その理想を達成するために「業界」、「会社」、「職種」、「働き方」を選んでいたと思います。

 

 

選考に向けての準備も、上記を意識しながらいろいろ調査しました。

 

 

まず業界に関しては、四季報や新聞、ニュースアプリなどで「Web」,「IT」の情報をメインに幅広くチェックするようにしました。

 

 

また、ぐるなびのメインの事業は「飲食店検索サービス」なので、飲食業界のことも調べるようにしました。

 

 

次に会社に関してですが、会社が「今」どんな事業をしているのかを押さえるのは当たり前ですが、「これからどんな事業展開を目指しているか」についても押さえるようにしました。

 

 

あとは競合他社との違いを押さえること、「なぜその会社がいいのか?」をしっかり考えることを意識しました。

 

 

「職種」や「働き方」については、既に決まっていたので特に悩むこともありませんでした。

 

 

上記の項目をしっかり考えたお陰で、エントリーシートもスムーズに記載できたと思います。

 

 

一次面接と二次面接のギャップに焦りました。

選考の流れは、エントリー、エントリーシート提出(書類審査)、面接2回でした。

 

 

1回目の面接は、現場のエンジニアさん2名と新卒2名での面接でした。

 

 

非常にラフで、社員の方々も優しく対応してくださり、とても活き活きと発言できたと思います。

 

 

その後、一次面接の結果が電話で連絡されて二次面接の日程を組み、二次面接に向かいます。

 

 

二次面接の直前に、先輩社員との懇談の時間が設けられていました。

 

 

新卒出身の先輩社員の方といろいろお話しながら、少しでも緊張をほぐしてもらおうという人事の方々の配慮でした。

 

 

そして二次面接が始まるのですが、二次面接の面接官は「グループ長クラス」「本部長クラス」の方の2名でした。

 

 

一次面接との空気の違いに最初は戸惑いながら対応しました。

 

 

「志望動機」や「やりたい仕事」など一通りの質問が終わった後に、いままで聞かれたことのなかった鋭い質問が飛んできてとても焦ったのを覚えています。

 

 

なんとか答えて二次面接を終え、ほっと一安心した瞬間がわすれられません。

 

 

始まりの一歩を踏み出しました。

選考中は、その会社のことはあまり考えないようにしていたと思います。

 

 

なぜなら、「考えても仕方が無い」ことだったからです。

 

 

もし不採用だったとしても「神様が行くなと言ってるんだな」と解釈して、次の選考に望むようにしてました。

 

 

なので、そこまで緊張や不安はなかったと思います。

 

 

しかし、ぐるなびの二次面接が終わった後は、なぜかとても不安でした。

 

 

考えないようにしても、ふとした瞬間に考えてしまって不安になっていました。

 

 

なので、ぐるなびから内定の電話を頂いたときは、とても嬉しかったです。

 

 

「終わった」という感情よりも、「これから始まるんだな」といった気持ちの方が強かったと思います。

 

 

「自分が理想とする将来に向けての第一歩をここで踏み出すのか」としみじみ感じながら、小さくガッツポーズをして、就職活動に終止符を打ちました。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IT業界の通信業界の企業に内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!