就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

日清食品に採用され就職!選考フローや面接の内容説明!大手食品メーカーに内定した新卒の就活方法は?

自己紹介

  • お名前:Y.M
  • 年齢:28歳
  • 性別:女性
  • 職業:生産工場での生産品質管理
  • 出身大学:R大学
  • 学部:情報理工学部
  • 内定をもらった企業名:日清食品株式会社

 

夢に打ち破れた就職活動

就職活動を始めた当初は、テレビ業界を目指していて、大手テレビ局に入局し、制作担当としてバラエティーやドラマの制作に携わりたいと考えていました。

 

 

テレビ業界は、採用選考のスタート時期が非常に早く、私はまだ周囲が就職活動の準備をしている段階で、本番を迎えているような状況でした。

 

 

合格倍率が一桁代の超就活激戦区であり、面接にまだ慣れていないこと、特殊で変化球的な質問が多いテレビ業界の選考フローはかなり厳しいものでした。

 

 

結果として、後半の面接にはいくつか進めたものの全国主要局全ての選考に落ちてしまい、私の夢は就職活動開始早々に打ち破れてしまいました。

 

 

その後、意気消沈した私は数週間就職活動を休み現実逃避の日々を過ごしていましたが、このままではいけないと奮起し、改めて自分が本当は何がやりたいのかを分析し直し、就職活動を再開しました。

 

 

その後は受験する業界を絞らずに就職活動をしたことで、多くの企業と出会うことができ、結果として3社から内定を戴くことができました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





長い自己分析の末に気づいたこと

第一志望の業界から内定を勝ち取れなかった私は、数週間就職活動をお休みした後、すぐに手当たり次第エントリーしていくのではなく、自分は本当は何がしたいのか、どんな生き方をしたいのかを考え始めました。

 

 

たとえ第一志望の業界に入れなかったとはいえ、好きじゃない仕事にこれからの一生を費やすような人生を送りたくなかったからです。

 

 

改めて、なぜ自分はテレビ業界に入りたかったのか、テレビ業界に入って何がしたかったのかを考え、根本的な理由が見つかれば、その見つかったものは他の業界にはないのか?という形で自身の欲求の深堀をしていきました。

 

 

その結果、日清食品というテレビ業界とは全く違う食品製造業の会社に出会うことになり、エントリーをしました。

 

 

日清食品の選考に向けた準備・相手を知るにはまず自分を知る

企業研究やエントリーシートの作成ももちろんしましたが、最も重視したのは自己分析です。

 

 

自分がどんな人間で何ができるのかということを今までは全く考えずに過ごしてきたので、まずは自分を知る努力をしました。

 

 

第一志望の業界に落ちた時に、面接は、自分がどれだけその企業を知っているか話す場ではなく、自分がどんな人間かプレゼンテーションする場だと痛感しましたので、企業分析よりも自己分析に力を入れました。

 

 

面接でいかにその企業で私は活躍できる人間ですと言ったとこで、結局活躍できるかどうかを判断するのは面接官なので、自分はこんな人間なんで私が有用かどうかはそっちが判断してください、というような捉え方によっては半ば投げやりな感じで採用選考に臨みました。

 

 

変化球の多い日清食品の採用選考

まず最初に説明会があり(後から知ったのですが、優秀学生には別でリクルーターが付いていたようです)、説明会後にその場で筆記テストがありました。

 

 

この筆記テストが特殊なテストで、SPIのような言語非言語の問題もありつつ、英語や時事、日清オリジナル問題がありました。

 

 

日清オリジナル問題では、自分はどんなラーメンが好きか、友達にお勧めするとしたらどんあラーメン屋さんかなど、カップヌードルの会社らしい質問が多々ありました。

 

 

その説明会後にお土産として発売前のラ王を戴くことができ、家に帰ってこのラ王はどういうところにこだわって作られているか、自分はこのラ王が好きかなど、研究しながら食べたことを今でも覚えています。

 

 

その後は集団面接が2回、工場見学が1回、個人面接が2回というような形で進んでいきました。

 

 

面接でも日清食品らしさ満載で、無人島に1つだけ持っていけるとしたら何を持っていきたい?新しいカップラーメンを作るとしたらどんなもの?など一般的には答えに窮する質問が多かったです。

 

 

第一志望に落ちてよかったと思える就職活動

結論から言うと、第一志望の業界に落ちてよかったと思っています。

 

 

あの時、もし運が良くてすんなりテレビ業界に入れてしまっていたら、こんなにも自分を知る機会は生まれなかったんじゃないかと思います。

 

 

あの時自暴自棄になったところから立ち上がった経験が、今の社会人としての経験の肥やしなっているような感覚もあります。

 

 

日清食品株式会社の採用選考は、変化球的なものが多く、とっさの機転を見るような質問も数多くありましたが、自己分析が他の方よりもできていた私は、あまり詰まることなくすんなりと答えることができました。

 

 

また、そもそもは第一志望の会社ではないので良い意味で前のめりになりすぎず、自分が活躍できるかどうかはそっちが判断してくださいというような感覚で臨めていたので、変化球的な質問にも自信を持って、自分の感覚はこうです、というような振る舞いで答えることができていたと思います。

 

 

第一志望ではないとはいえ、長い自己分析の末に見つけた「自分のやりたいことがやれる会社」だったので、内定を戴けたときは本当に嬉しく、今までやってきたことは間違いじゃなかったんだと思えることができました。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食品・飲料メーカーに内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!