就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

地元関東の第一地銀に採用!新卒の就活は大手志向で苦戦も金融業界から内定獲得できた方法は?

自己紹介

  • お名前:I
  • 年齢:30代後半
  • 性別:男性
  • 出身大学:地方国立大学
  • 内定をもらった企業:地元関東の第一地銀
  •  

    私が就職先の業界を決めた理由、などについて

    自分は経済学部に在籍しておりました。

     

     

    経済学部を目指した理由は・・なんとなくです。

     

     

    特に「こういうことがやりたい」といったこともありませんでした。

     

     

    しかし卒業・就職が近くなるにつれて漠然と「学校の勉強はあまりやってこなかったけど、経済学部卒業なら金融でしょ!」と考えるようになり、金融業界を志望するようになりました。

     

     

    繰り返しになりますが、私は勉強には熱を入れて取り組んでいませんでした。

     

     

    しかしなんとなく講義を聞いていると担当教授らが「〜については今ニュースで取り上げられていますが・・」のように、時事ネタを取り上げていました。

     

     

    また勉強の込み入ったことや応用的なことは分かりませんが、基本の理屈はおおよそ理解できていました。

     

     

    ですので、多少は勉強したことが役に立つのでは?と思ったことも理由としてあります。

     

     

    企業訪問を行ったのは銀行、証券、保険を中心に回りました。

     

     

    その他、関係子会社(カード、リースなど)も回りました。

     

     

    しかし無節操に企業訪問したこと、また自己分析や業界とのマッチングをおろそかにしたことにより、かなり苦戦することになりました。

     

     

    ご存じの方も多いかと思いますが、企業にはそれぞれ個性があります。そして各企業が活動している業界にも独自の個性があります。

     

     

    その業界の性格と自己のPR材料をよく考慮していなかったため、苦戦することになりました。(自分としては考えた末で面接に臨んだのですが、よくよく考えると全く的を得ていないものでした)

     

     

    しかしその後に第3者に相談するなどして軌道修正することにより、先ほど挙げたJ社さんに内定をいただく運びとなりました。



    2019卒で就活成功させるならコレ!!


    もう卒業して就活お困りの方はこちら





    第一地銀ににエントリーしたきっかけなどについて

    ほとんどの人が同じかと思いますが・・全国区で知名度のある大企業と併せて、地元など自分に縁がある企業にエントリーされると思います。

     

     

    自分も同じパターンで、大企業と同時に自分が知っている地元(広い意味で)の企業を受けたことがきっかけです。

     

     

    うっすらと名前を知っているぐらいでした。エントリー後にネットで企業の特徴を調べたぐらいです。

     

     

    その時は、まさか自分がここに就職するとは考えてもいませんでした。

     

     

    内定先の企業に対して自分が用意したことについて

    繰り返しになりますが、自分は大企業と地元の企業を志望しておりました。

     

     

    他の方は分かりませんが自分の場合は、内定先の企業より大企業の面接が先にありました。

     

     

    自己満足で中身のない準備であったため、先にあった大企業のほうはボロボロでした。

     

     

    しかし失敗を多く経験したために軌道修正をすることができ、結果として内定先の企業にご縁があった次第です。

     

     

    ですので内定先の企業に対して特別になにか準備を行った、ということはありません。

     

     

    多くの失敗から反省し、内定につなげた、というところです。

     

     

    地銀の選考過程について

    筆記試験と面接3回でした。

     

     

    筆記試験は就活生ならお馴染みのもので、市販の教材で予習をしていれば対応できる内容でした。

     

     

    面接は、選考が進むにつれて偉い人がでてくるパターンです。こちらもありふれた内容でしょうか。

     

     

    1次面接では、ありきたりな、回答がしやすい質問がほとんどであったと記憶しております。

     

     

    しかし選考がすすむにつれて答えづらいものがありました。

     

     

    記憶に残っているものとして、併願している企業名を訊かれ、それを答えると「ウチとそちら、両方内定が決まったらどっちにするの?」というものです。

     

     

    私は「それなりに、相手が納得するような」優先順位の理由が決まっていたので問題なかったのですが、なかには「えっと・・・」と詰まるような人もいらっしゃいました。

     

     

    選考中の気持ち、内定が決まった時の気持ち

    悪い方向にしか考えが浮かびませんでした(笑)。

     

     

    今振り返れば笑い話ですが、就職活動中は「早くから準備して、学校も一流ではないけどそこそこ、なんで不採用ばっかり!?」という考えが常に付きまとい、きっと自分はどこにも内定することなく卒業を迎えて、フリーターその後は・・・といった暗い未来を想像してしまいました。

     

     

    不採用が続きましたが、失敗を多く経験して軌道修正ができた(先述のとおり第3者に相談する)、場数を経験して慣れてきた(緊張はするのだけれど、面接中のやり取りに柔軟に対応できるようになる)などが要因かと思います。

     

     

    そういう経緯がありましたので、やっと内定の通知があったときは「ああ、自分も社会人になれるんだ・・」とまず最初に感じました。

     

     

    就職活動を始めた最初の頃に思い浮かべた「大企業」にはご縁がありませんでした。

     

     

    しかし、小さい会社ではありますが自分のことをそれなりに評価していただける会社があったということが、不思議であり嬉しく思った記憶があります。

     

    キャリアチケット(career ticket)

    キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

    就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

    優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

    他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

    価格 無料
    評価 評価5
    備考 2018卒・2019卒対象

    就活ドラフト

    就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

    Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

    就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

    価格 無料
    評価 評価5
    備考 2018卒・2019卒対象

    MeetsCompany(ミーツカンパニー)

    ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

    説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

    面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

    価格 無料
    評価 評価5
    備考 2018卒・2019卒対象

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    金融業界(銀行・生保損保・カード)に内定した就活方法に戻る

    9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!