就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

日野自動車に採用され就職!メーカー志望の新卒就活方法。内定までの選考の流れと面接の内容説明。

自己紹介

  • お名前:T.W
  • 年齢:28歳
  • 性別:男性
  • 出身大学:T大学
  • 学部:物理学部
  • 内定をもらった企業名:日野自動車(株)、他

 

会社を知るためにたくさんの説明会に足を運んだ就職活動

私が就職活動をした当時、私立大学の理系の学生はより条件の良い企業に就職するために、大学院に進み専門的な知識を学ぶという学生が(私の大学では)9割を占めていました。

 

 

そんな中、私は「早く社会に出たい」「早くお金を稼ぎたい」という思いから、学部卒で就職活動をすることといたしました。

 

 

しかし、同じ学部の同期のほとんどが就職活動をしていない中の就職活動でしたので、分からないことが非常に多く、また、やる気を継続させるのに大変苦労しました。

 

 

そんな状況の中、私は就職活動のコンセプトを「たくさんの企業説明会に出席する」決め、たくさんの説明会に応募しました。

 

 

その結果、たくさんの企業の良いところを知れたと同時に、同席した他大学の学生から就活情報を得ることができ、また、就活に対するやる気も継続することができました。

 

 

最終的には、私が希望していた職種と、大学推薦にあった企業の応募職種が合致したため、大学推薦を得て就職したのですが、説明会に多く出席したことはとても良い人生経験となりました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





大学推薦・教授推薦を要チェック!

私は「メーカーに就職する」と決めて、メーカーにターゲットを絞って就職活動をしていました。

 

 

そのメーカーの中でも自動車、オートバイ、電気機器、精密機械の分野で活躍している企業を中心に探していました。

 

 

その理由としては、日本の産業を代表する「ものづくり」を追求する企業に昔から憧れがあったからです。

 

 

就職活動を始めた当初は、一般の応募から各企業に応募して、就職活動をしていました。

 

 

それを何社も繰り返している内に、内定をいただくこともできました。そ

 

 

こで就職活動は終わりにしようと思っていました。

 

 

就職活動終盤に差し掛かった頃、友人から大学から企業に学生を推薦することで面接回数が減ったり、内定がもらいやすくなる「大学推薦」という制度を聞き、自身の大学の大学推薦枠を調べたところ、内定を頂いた企業よりも条件が良い企業がたくさんあることを知りました。

 

 

しかし、制度に気づいたタイミングが悪く、およそ半分程度の企業は応募期間が過ぎていました。

 

 

そこで私は、応募がまだ間に合う企業の中で、一番就職したい企業1社、日野自動車に絞って応募しました。

 

 

就職活動中に経験した失敗は2度としない

私は複数の内定を頂いた一方、複数の書類審査・面接で落ちました。

 

 

採用されなかった理由は必ず自分自身にあると思い、トライ&エラーを繰り返しながらエントリーシートの完成度を上げ、面接たくさん経験することで「何が求められているか」「どう受け答えしたらいいか」を実践して身につけました。

 

 

現在、当時を振り返ってみて特にやっておいて良かったと思うのは、第一志望の企業で面接を受ける前に、すでに類似業種の他社で何度も面接を経験していたことです。

 

 

これによって、他社でした失敗は第一志望の企業では一切せずに済みました。

 

 

また、面接で質問される内容の傾向や、企業に求められている人物像も似通っている部分があったので、緊張しすぎず冷静に面接を受けることができました。

 

 

私のエントリーシートの内容(特に成績面)はそれほど良い部類ではないので、第一志望に就職できたのは面接でしっかり落ち着いて受け答えができたことが大きかったと思っています。

 

 

面接重視の日野自動車の採用試験

一般応募の方に筆記試験やグループワークなどがあったかは分かりませんが、大学推薦を利用した私においては、独自の筆記試験はなく、SPIとTOEICの結果の提出のみでした。

 

 

通常の一般応募だと面接が3回ほどあるらしいのですが(就職後に同期に聞いた話)、大学推薦を受けていた私は、面接が1回免除され、計2回面接しました。

 

 

1回目の面接では人事部の採用担当の方がフレンドリーに「志望動機」や「自己アピール」など、一般的な内容で面接していただきました。

 

 

2回目の面接では、3対1の面接方式で、社内の部長レベルの方2人と人事部の方1人を相手に面接しました。ここではより具体的な「志望動機」や「当社にどう貢献したいか」など踏み込んだ質問をされたました。

 

 

面接の最後に、学生から自由に質問していい時間があるのですが、私はそこで「今後の中国について」質問をし、面接時間が延長した記憶があります。

 

 

自信と不安と喜び

最終面接でしっかり受け答えができ、十分な手応えがあったので、面接が終わった当初は採用される自信がありました。(すでに他社で内定を頂いていたのも、心理的に強気にさせてくれました)

 

 

しかし、そこから1ヶ月間ほど何の連絡も来ませんでした。私がすでに経験していた他社の最終面接では、1、2週間後には結果の連絡が来ていたので、これには少し焦りました。

 

 

「受かった」「落ちた」の前に、「忘れられてる?」と考えたこともありました。

 

 

しかし、ちょうど卒論に向けた研究が忙しかったこともあり、気づけば1ヶ月ぐらい経った頃、ようやく「採用」の電話をいただきました。

 

 

最終面接から少し時間が経っていて不安があった分、「採用」の連絡はとても嬉しかったです。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自動車メーカーに内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!