就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

新卒の就活で関西地方地銀4社に内定(京都信用金庫・京都中央信用金庫・京都銀行・滋賀銀行)。選考や面接方法説明。

自己紹介

  • お名前:M.N.
  • 年齢:29歳
  • 性別:女性
  • 職業:会社員人
  • 出身大学:R大学
  • 学部:社会学部
  • 内定をもらった企業名:関西地方地銀4社、京都信用金庫、京都中央信用金庫、京都銀行、滋賀銀行

 

関西地方金融機関4社内定に至るまでの経緯

新卒での就職活動に際し、第一志望は「国立大学法人事務職」でした。そちらを目指すきっかけは、大学3回生の始め(2008年04月)になんとなく情報を求めて所属大学のキャリアセンターに足を運び、そのような職務ポジションがあることを教えてもらったことでした。

 

 

家族親戚が先生、郵便局、公務員、保育士といった、経済を直接動かす仕事とは離れた職務に就いていたことから、”カイシャ”で働くサラリーマンになることは想像できず、仕事をするなら仕事ばかりに時間がとられない公務員、経済とは離れたイメージを持ち、様々な人が集まるアカデミックな環境の中で働くことが可能な職務が良いと考えていました。

 

 

そのため、採用試験内容が重複する点もあり、同年5月より公務員講座を受講し始めました。

 

 

当時は合同説明会などが始まるのが毎年10月、就活選考が主に進むのが毎年12月〜翌年4月だったこともあり、周囲の選考が進んでいくことに段々焦りを感じ、せめてオーソドックスな面接の練習をしたいと考えたことから、4行だけ地方金融機関の面接を受けました。

 

 

結果4行ともに内定をいただくことができ、一番面接の印象が良かった1行を選択しました。

 

 

内定をいただけたことに安堵してしまい、国立大学法人事務の選考は、最終的に一次試験(筆記試験)のみ受験(2009年05月)しましたが、豚インフルエンザの流行の影響で発表が3か月延期、モチベーションが続かなくなったこともあり、金融機関への印象も想定外によかったことから、そこで就職活動を終えることになりました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





マイナビ・金融機関就職のウワサを参考。

主な情報源は、エントリー時に利用したリクナビ・マイナビさんからの情報とみんなの就職活動さんからの情報、先に該当企業に就職していた先輩の話、各金融機関支店訪問時に実際のお仕事の現場から得た情報でした。

 

 

当時の就職活動状況として、リーマンショック発生直後であったこともあり、採用数は前年までと比較し、どちらの企業様も少なくなっておりました。

 

 

当時はまだ安定・福利厚生充実の代名詞でもあった金融機関を就職活動先として考える学生もとても多く、例年どちらの金融機関も採用選考をされていましたので、内定を勝ち取るための情報も多かったように思います。

 

 

その中で差をつけるために、できるだけ最新の、生の職員様の声を集めることに集中しました。

 

 

金融機関により、支店訪問が必須なところ、必要ないところがありましたが、可能な企業様には複数本支店アポイントメントをとり、自分の足を運んで、お仕事の様子を伺い、情報を整理しました。

 

 

結果、実際の採用面接時にお話ししたご担当者様から得た情報と合わせて、お客様として何気に足を運ぶだけでは分からなかった各金融機関の特色を見分けるきっかけにもなりました。

 

 

採用選考の準備。

選考にあたり、企業研究→エントリーシート作成→支店訪問→採用選考参加 の順番に進めました。

 

 

企業研究はキャリアセンターで大学の先輩方で実際にお仕事されている皆様から仕入れられている情報、インターネット上の情報(就職支援サイト、みんなの就職活動のような意見集約掲示板、その他インターネット検索 など)、先輩がご来航されて開催された就職活動セミナーなどを参考にしました。

 

 

エントリーシート作成は、基本的に大学のキャリアセンターのご担当者様にお世話になり、作成・添削を2度ほど繰り返して完成させたものを提出しました。

 

 

特にインターネットの情報、他人から聞いた情報などは利用しなくても十分でした(きっと絞って採用選考に参加したため、特に凝ったエントリーシート・履歴書を作成する必要がなかったからだと思います)。

 

 

支店訪問は当時の地方金融機関採用選考参加の場合、半必須でしたので必然的に当たり前のものとして行いましたが、ほかの採用選考参加者が1〜2本支店訪問していたところ、よりリアルで最新の情報を手に入れ、比較検討するための判断材料とするために、お断りされた先を除いて4〜5店舗は回りました。

 

 

係レベルの方はもちろん、副支店長など役席者の皆様ともお時間いただきお話できた金融機関もあり、セミナーなどでは得られなかった情報を得ることができました(最終的に選んだ就職先のとある支店でお話しいただいた副支店長様のお人柄、行内の雰囲気ならびに採用選考時にお会いした皆様の印象が良く、当該金融機関を選択しました)。

 

 

採用選考の流れ

エントリーシート提出→集団面接→筆記試験(Web試験先もあり)→個人面接×2〜3回といったように、全採用選考参加先(京都信用金庫・京都中央信用金庫・京都銀行・滋賀銀行)ともに、主にタイトルの通りの流れで進んでおりました。

 

 

どちらもまずはマイナビ・リクナビさんからエントリーシート提出を求めてこられました。

 

 

その後3行は先に筆記試験、1行は先に集団面接が入ってきました。

 

 

3行はその後日筆記テスト(会場へ行く必要有でした)→集団面接→個人面接(面接官1〜2名)→最終面接(最終面接は面接官が人事部担当者+役員1名でした)、1行はWebテスト(Gab)→個人面接(面接官2名)×2回、最終面接(面接官は人事部担当者+役員2名でした)といった流れでした。

 

 

最終的に選んだ就職先は後述の1行(信用金庫)でした。

 

 

理由は、各面接官様の印象が良く、親しみやすく、履歴書に書いた私の特技など、人物特徴を詳しく確認するための質問もされたこと、各金融機関に共通して投げた質問「地域貢献活動への積極的な参加と謳っておられますが、実際にどのような活動をされているのか、どのような努力をし地域の皆様との共栄を図られているのか教えてください。」への回答が他金融機関と比較し群を抜いて丁寧だったことも、選択した理由の一つでした。

 

 

その分そちらの金融機関では、鋭い質問もあり、Webテストの結果の中で特に成績が悪かった英語の部分を中心に突っ込まれた部分もありましたが、大学時代に留学予定があったが事故に遭い行くチャンスを逃したこと、社会人になっても英語というツールを使って自分の世界を広げていくことに興味があったので、継続して勉強していく努力をしますと申し上げると、ご納得いただけた様子を垣間見ることができました。

 

 

また、当該金融機関のみ、社内の部活動への積極的な勧誘・紹介なども各面接回ごとに混ぜていただき、様々な分野から人間味のある組織づくりをされているという印象を得たことも大きくございました。

 

 

今も忘れられない安堵感&次への道が開けた喜び

始めて内定をいただいた先は、より私自身の地元に密着した金融機関であったこともあり悪いうわさもよく耳にしていたため、志望度は低かったですが、内定通知をいただいた時の喜びと、これで私もとりあえず”社会人”というものになれる!という安堵感は大変大きいものでした。

 

 

面接当日、先方様ご担当者様にも「リラックスして。リラックスできればよりNさん(私のことです)の良いところを見せてもらうことができると思いますよ。」とのお言葉を頂戴したくらい、最初の最終面接だったことや普段見慣れない立派な応接室に通されたこともあり、大変緊張していました。

 

 

そのため、やはり内定通知という、社会人デビューへの切符をいただけたことは、8年経過した今も忘れられないものとなっております。

 

 

ですが、やはり一番金融機関の中では一番志望度が高かった先から内定をいただけた時の喜びは、それを大きく上回りました。

 

 

内定通知を承諾する旨をメールでお返事した後の、一旦緊張が張り詰めていた毎日から解放されるのだ、という嬉しさもあり、まだ本当の第一志望であった国立大学法人事務職の試験が一つも開始されていない中でしたが、大変ほっと致しました。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金融業界(銀行・生保損保・カード)に内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!