就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

保育士就職はどんな感じ?保育園で働きたいという思い一心で採用試験を受けた就職活動

自己紹介

  • お名前:M.M
  • 年齢:24歳
  • 性別:女
  • 職業:保育士
  • 出身大学:KTD
  • 学部:保育科
  • 内定をもらった企業名:R保育園

 

みんなには内緒の就職活動

私は小さい頃、おてんばで保育園の先生や幼稚園の先生をたくさん困らせたのですが、どの先生もとても優しかったことを覚えていました。

 

 

そんなことがあったからか、漠残と「保育園の先生になりたい」と思っていて、周りからも「似合ってるね」と言ってもらえていて、高校生の時の進路を決める際にも迷わずに保育科のある大学を希望して受験しました。

 

 

保育科で保育士と幼稚園教諭の免許を取り、地元近辺の保育園もしくは幼稚園に就職するために大学の就職活動資料に片っ端から目を通しました。

 

 

早い段階から取り組んでいたのですが、なかなかこれといった園がなく、そうこうしているうちに周りの友人は少しずつ内定をもらい始めていました。そのときは少し慎重すぎたのかもしれません。

 

 

そして、地元近くで給料や環境等も希望に近い園が見つかりました。

 

 

採用試験に行こうと思いましたが、すでに周りの多くが内定をもらっていたので採用試験に落ちたときに周りにバレるのが恥ずかしくて、誰にも話さず相談もせずにその園の採用試験に行きました。

 

 

結果は郵送で届いたのですが、見事に採用していただいていました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





保育園で働きたいと思ったのは高校時代の体験授業がきっかけ

高校時代に保育の専攻科にいたときに、近くの保育園への体験授業がありました。

 

 

実際に現場で保育を体験できるのですごく楽しみにしていて、同じ専攻科の仲間とレクリエーションを考えてその保育園で実際の先生のように子どもたちにルールを教えて一緒に遊ぶということをしたのですが、それをした園が今回内定をもらった園でした。

 

 

それがあったのでこの保育園のことはそのときに知りました。

 

 

エントリーした理由は、一つはその保育園の雰囲気です。

 

 

体験で行ったときに「すごくいい雰囲気の保育園だな」と感じたことを覚えていて、“女性同士だと人間関係が大変”と思っていたのですが、そのときの先生方同士がとても仲が良さそうで和気あいあいと仕事をされていたのが印象だったんです。

 

 

二つ目は試験内容です。

 

 

私は保育園の先生になりたいという思いは強かったのですが、どうしてもピアノがうまくなれず大学時代もとても苦労しました。

 

 

小さい頃からピアノをしていればよかったなぁと後悔した瞬間でもありました。そんなとき、その保育園の採用試験の内容を見たのですが、ピアノの実技試験の課題曲が決まっていなかったのです。

 

 

他の保育園の採用試験の実技試験は難しい曲が課題になっていて断念していたのですが、課題曲が決まっておらず「得意な曲」でよかったので自分が弾ける曲を選んで試験に望むことができたからです。

 

 

採用試験に向けて園についての研究とひたすらピアノの練習

採用試験の内容を確認してからまずはこの保育園についてもっと知ろうとたくさん調べました。

 

 

まずはその保育園のホームページが開設されていたので、何を重視した保育を行っているのか、どのような特色があるのか、どのような行事があるのか、子どもの人数、規模など自分なりに解釈し、ノートに軽くまとめました。

 

 

そうすることで志望動機も一層書きやすくなり、自分自身もその保育園に対する思いが大きくなりました。

 

 

それから園見学に行きました。

 

 

高校時代に体験授業で行っただけだったので、園の細かな部分も意識して見学しました。

 

 

先生方の子どもたちに対する接し方やどのようなことに力を入れて日々取り組んでいるかなどを聞くことができ、また見学に行くことで園長先生を始め諸先生方に顔を覚えてもらうことができたのではないかと思います。

 

 

そのあとは実技試験に向けてひたすらピアノの練習をしました。

 

 

もともと得意ではなく、むしろ苦手だったので一曲でいいから得意で楽しく弾ける曲を作ろうと時間があるときは大学の授業間や帰宅後もずっと練習をしました。

 

 

どれだけ練習しても本番は緊張するだろうなと思ったので失敗しても焦らないように楽譜を暗記するぐらい必死に覚えながら練習をしました。

 

 

それほど緊張しなかった採用試験

採用試験は午前中からでした。

 

 

まず服装はスーツ指定で、持ち物は必要ならば楽譜でした。

 

 

保育園に着き、事務員さんに挨拶をしたあと会議室のような場所に通されました。

 

 

そこにはすでに一人スーツを来た女の人がいて、一緒に試験を受ける人だろうなと思いました。

 

 

そのあとから3人同じ部屋にやってきました。

 

 

しばらくすると園長先生と先生方数名がやってこられて軽く挨拶をしたあと、まず筆記試験がありました。

 

 

筆記試験は大学の授業で学んだこともありましたが、その多くは私自身の考え方を書くものでした。なので設問数はそんなに多くありませんでした。

 

 

そのあとは順番に実技試験のピアノです。

 

 

子どもたちも集まった部屋に通されて、子どもたちと園長先生の前で練習してきた一曲を弾きました。

 

 

弾き終わったあとは子どもたちと手遊びをしました。これは試験内容に含まれていなかったので驚きましたが、みんなで楽しくできました。

 

 

最後に園長先生との面接です。

 

 

家族構成やアルバイト経験、アルバイトを通して学んだこと、どうしてこの保育園を希望したのかなどを聞かれました。だいたい15分程度だったと思います。

 

 

全員が終わると終了で、結果は後日に郵送しますと言われて帰りました。

 

 

かなり緊張するかと思いましたが、園長先生の人柄もありとても和やかに試験を終えました。

 

 

採用試験の事後報告

結果がわかるまでだいたい2〜3週間ほど待ちました。

 

 

その間は本当に気持ちが落ち着かなかったですが、採用試験を受けたことを誰にも話していなかったので「不採用でも大丈夫」と勝手に弱気になって自分を励ましていました。

 

 

結果を待っている間も周りの友人がさらに内定をもらってきたり、早い友人は研修に行っていたりしていたので内心は本当に焦っていました。

 

 

仮に落ちていたらまた就職活動しなおさなければいけないと思いながら過ごしていたので気持ちがとても重かったです。

 

 

2〜3週間ほど経ったある日に、郵送で合否結果が届きました。

 

 

開けるときは本当にドキドキしましたが、開けてみて“内定”の文字を見たときは本当にほっとして、そのときは一人でしたが跳び跳ねたくなる気持ちでした。

 

 

その後、家族や友人に「内定をもらった」と事後報告をして回ったときはとても驚かれましたが、みんなにいい報告ができて本当に安心しましたし、希望の保育園に就職できたのでこれから憧れの保育士になれるんだと思うととても嬉しかったです。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

保育園に新卒で内定した就活の方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!