就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

IT業界のテクノプロ・IT社に新卒の就活で内定してエンジニアに就職した方法。採用選考や面接内容お伝え。

自己紹介

  • お名前:S.Y
  • 年齢:23歳
  • 性別:男性
  • 職業:ネットワークエンジニア
  • 出身大学:N.D.A大学
  • 学部:情報工学科
  • 内定をもらった企業名:テクノプロIT社

 

就活サイトからエントリー、選考へ

私が行った就職活動の流れとしては、多くの学生が行っているように就活サイトに登録して自分の希望に合った企業を検索、その後説明会の日程を確認して説明会に参加し、選考を受けるという流れでした。

 

 

私は福岡で働きたいと思っていたので福岡を中心に企業を探していました。また、中小企業というよりはそれなりに社員数も多く実績のある企業を探しており、福岡で働くのも本社、支社などは問わず探しました。

 

 

それなりに大きな企業では福岡の仕事がある反面、転勤があるということが少々難点として感じておりましたがその点は多少妥協をして九州内であれば可能という範囲で探していました。

 

 

めぼしいところの企業説明会に参加し、その日に筆記試験等の選考があれば必ず参加してから帰りました。筆記試験については受けた企業はどこも合格しておりその後の選考にも進ませてもらいました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





マイナビを使って検索、資格に積極的な企業選び

私がテクノプロIT社を知ったきっかけはマイナビで検索をした結果に表示されたことです。

 

 

既に述べたように福岡県内で働けるIT企業でなおかつ比較的社員数の多いところを探していたので、テクノプロIT社はその条件にマッチしていた企業の1つでした。

 

 

この会社は拠点数はそれほど多くないものの全国の要所に拠点を構えており、どこに行っても働き甲斐を感じられそうだというのが第一印象でした。

 

 

また、私が重要視していた項目の1つに資格の取得がありました。これに関してテクノプロIT社では取得した資格によって期間は違いますが資格手当が支給されるということで私の条件に合っていました。

 

 

エントリーした理由は拠点の場所がよかったこと、資格の取得に積極性が感じられたことが大きな要因でした。

 

 

また、パンフレットを見て企業の事業内容を見たときにITを幅広い業界に活かして仕事をしているということを知りました。

 

 

その中でも特に私の目に留まったのは政府機関や銀行のシステムについても携わっているということで重要な機関の仕事を請け負っているということで仕事のやりがいを感じられそうだと思いました。

 

 

面接対策は自分の意見を明確に

私がこの企業の選考を受けるにあたり準備したことは、自分の考えを明確にしておくということでした。

 

 

企業説明会を受けた際に志望理由については最初の選考ではそれほど重視していないという話を聞きました。

 

 

多くの企業で必ず聞かれるであろう志望理由については最初の筆記試験の段階で書いていたのであえては聞かないということでした。

 

 

それよりも自分がITの業界で仕事をしていくうえで最終的に何を成し遂げたいのかを明確にしておいてほしいということを言われていたので、選考まではそれを第一優先にして考えていました。

 

 

私の場合はIT業界でエンジニアとして働く中で、日本に大きくえいきょいうを与えているような大きな機関で使われているシステムの開発や運用業務に携わっていけるようなプロの技術者になりたいと考えていたため、全ての考えがそこに繋がるようにキャリアパスなどを含めて考えました。

 

 

エントリーシートについては企業説明会の場で作成をしたので個人的に作成はしていません。

 

 

また、きぎょいう研究についても企業説明会で聞いたこと、もらった資料をベースにしてよく目を通すようにしてはいましたが、その他インターネットなどを使って個人的にホームページを見に行くなどはしていません。

 

 

どんなにいいホームページや企業説明をしていても実際に入社してみるまでは内情が分かるはずはないと思っていたからです。

 

 

企業説明会で筆記試験、その後二度の面接あり

採用の流れについては私が選考を受けた技術職で言えば企業説明会終了後希望者のみ筆記試験を受けました。

 

 

もちろん筆記試験を受けなかった学生についてはその後の選考はありません。

 

 

筆記試験終了後一週間程度で合否を出され、合格していた場合は発表から一週間程度後に一回目の面接がありました。

 

 

二回目の面接についても一回目と同様合格の通知を受けてから一週間程度後に行われました。筆記試験についてはそれほど難しいものではなく、十問程度の一般常識問題でした。

 

 

技術職だからと言ってIT系の問題が全てではなく内閣総理大臣の名前や時代の順番などを答える問題があったことを記憶しています。

 

 

また、それ以外に簡単な計算問題がありました。これはしっかりと計算をするのではなくある程度問題の傾向から答えを予想することができるようになっており速く正確に問題を解かせるような試験でした。

 

 

その後の二回の面接はともに面接官が一人で面接というよりは面談に近い形の面接でした。そこまで緊張するような雰囲気ではなく比較的話しやすい雰囲気で自分の言いたいことを確実に言わせてもらえるような面接でした。

 

 

事前に履歴書を渡してはいましたが、履歴書に書いていたことについてはほとんど触れず会社に入社した後にやりたいことやキャリアパス、将来的にどうなりたいかなどを重点的に聞かれたのを覚えています。

 

 

合否はあまり気にしない、選べる企業は一つではない

採用選考中はあまり合否については気にしていなかったように思います。

 

 

入社したい企業の1つではありましたが、どこの企業も自分が面接を受ける段階では内情はわからないと思っていたので、面接官の人柄や会社の雰囲気も感じつつ最終的に入社を決められたらいいと思っていました。

 

 

面接は話しやすい雰囲気の中で行われたので自分の意見を全て言うことができ、そういう面ではあまり不合格にはならないような気がしていました。

 

 

二回目の面接では部長の方と面接をさせていただきましたが、その時だけは相手の表情を見てあまり受けがよくなさそうだったので少々不安を残した結果となっていましたが、内定の通知を受けた際に好印象だったと言われたのでそこは自身を持てたように思います。

 

 

内定をもらったときはもちろんうれしかったのを覚えていますが、その他にも選考途中の企業があったので喜んでばかりもいられずすぐに次の面接がやってくるという感じだったと思います。

 

 

内定後は他の企業との選考の兼ね合いもあったので承諾については融通を聴かせていただき、最後の選考が終わるまで待っていただくことができたので就職活動は最後までスムーズにできました。

 

 

中には内定を出して一週間程度で承諾するかどうかを決めなければならない企業もあるのでそこは自分の考えと比較しながら承諾するかどうかは見極める必要があると思います。

 

 

たとえ承諾をしなかったとしても他にも企業はたくさんあり、自分の希望に合うところが必ず見つかるはずなのでよく考えて企業は選んでいただきたいと思います。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IT業界の情報処理・システム・ソフトに内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!