就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

商社のドウシシャに採用された新卒の就活方法。内定までの採用選考と面接内容お伝え。

自己紹介

  • お名前:まい
  • 年齢:27歳
  • 性別:女性
  • 出身大学:T大学
  • 学部:文学部
  • 内定をもらった企業名:文学部

 

大学生活の半分は就職活動

平成の就職氷河期と言われていた厳しい年だったので、大学3年に入るとすぐに就職活動が始まりました。

 

 

就職サイトへの登録や、大学内で行われるガイダンスへの参加などまだ就職という言葉にピンとこないうちに周りがあわただしく、張り詰めた空気になっていきました。

 

 

秋頃から具体的な会社説明会が始まり、冬頃から就職サイトからエントリー、年明けから実際に書類選考や面接などの採用試験が始まりました。

 

 

始めはエントリーシートなどの書類選考で落とされることが多く、落ち込むことも多かったが、自分のやりたい仕事は何か、自分が出来ることは何かと日々自問自答していくうちにだんだんと就職活動のコツをつかむことができ、希望していた体育会関係の仕事から、事務職へとシフトしたところ、4年生の夏に内定をもらうことが出来ました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





ドウシシャにエントリーした理由は正直会社の見た目から

キラキラした東京OLを夢見ていたので、就職サイトでたまたま検索にヒットした内定をもらった企業の写真を見たときに、ここで働きたい、ここで働く自分を想像したらわくわくしてきました。

 

 

楽しく仕事ができそうだなと感じました。

 

 

最初は少し軽い気持ちで、会社のことをほとんど調べないまま説明会に参加しました。

 

 

そこで雑誌から出てきたような素敵なオフィスと実際に働いている社員の方がキラキラしている姿を見て、会社に一目ぼれをしました。

 

 

人事の方も気さくで素敵な方だったので安心しました。説明会を聞いても、大きい会社なのにアットホームな雰囲気と、体育会系の元気のよさが自分にあっているなと感じました。

 

 

また、事務職という仕事も、大学時代に学んできたことを活かしていけると思い、そのまま採用面接を受けることにしました。

 

 

採用選考に向けてホームページは暗記するほど読みました

何も知らないまま説明会に参加したので、その説明会ではきちんとメモを取り、ここで働きたいという気持ちを高めました。

 

 

帰宅してから、その企業のホームページの内容をノートに書き写したり、取り扱い商品を一通り頭に入れました。

 

 

実際にその商品が売っているお店に行ったり、気に入った商品は実際に購入して使用しました。

 

 

これからの面接でどんな質問が来ても答えられるくらい調べました。

 

 

社員の方に直接話を聞ける機会があったので、ホームページには載っていない生の声を聞いてすごく参考になりました。

 

 

今思えばこの先輩との座談会も選考の一つだったのかもしれません。

 

 

実際に面接などの選考にこの知識が役にたったかはわかりませんが、これだけやったから大丈夫という自信が、緊張せずに面接に臨めたので良い結果がでたのだと思います。

 

 

内定をもらった企業を受ける前に受けていた会社に関しては、ここまで調べていなかったので、本当に内定が欲しいと思った企業は、このくらい努力をしないとだめなんだなと思いました。

 

 

学生も会社を面接するような採用選考

まず、説明会に参加。

 

 

会社の中も一通り案内してもらい、その中で自分が働きたいと思えたかどうかの確認がありました。

 

 

休憩の際に、この会社で働きたいと思わなければ退席。

 

 

引き続き採用に進みたいと思った人だけ一般常識のテストと適正テストに進みました。

 

 

一般常識のテストは中学生レベルの計算問題や漢字だったような記憶があります。

 

 

適性テストは、自動車免許をとるときに受けるものと似た感じのものでした。筆記テストを通ると、次は集団面接に進みました。

 

 

学生4人に対し、3人の面接官がいました。

 

 

1人1人に違った質問をしたり、結構回答に困るような無茶振りが多く、最初は緊張しましたが、面接官が関西の方だったのですごくノリがよく最終的には楽しい面接でした。

 

 

集団面接を通ると個人面接でしたが、普通の面接ではなく、私が面接官に自分をプレゼンするといった形でした。ここで自分を上手くアピールできるかどうかが選考に大きく左右されるポイントだったように感じます。

 

 

最終面接では役員の方と雑談をするような形でした。

 

 

長く辛かった就職活動が一瞬で喜びに変わりました

就活鬱といった言葉も産まれたように、お祈りメールと呼ばれる不採用のメールが立て続けに来た時は本当に落ち込み、もう就職活動を辞めて実家の手伝いでもしようかなと考えたほどでした。

 

 

大学の講義や課外活動中も就活のことが頭から離れず、漠然とした不安に押し潰されそうでした。特に大学4年の春になると、内定をもらう友達が増え、7月になると募集を締め切る企業もたくさんでてきたので、本当に焦りました。

 

 

私が内定をもらったのは8月でしたが、それでも遅い方で、大学4年間のうち半分は就活のことを考えていたような気がします。

 

 

1年以上就職活動に苦労していたので、内定の電話をもらった時は涙して喜びました。

 

 

最初は信じられずに電話口の人事の方に何度か確認してしまいました。現在はだんだん就職活動の時期が遅くなったり、内定率が上がってきたようですが、内定をもらうことは簡単なことではないこと、内定をもらうまで努力し続けることが大切だと思います。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商社(総合商社・専門商社)に内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!