就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

セディナに新卒の就活で採用!内定までの準備、採用選考や面接内容説明

自己紹介

  • お名前:H・K
  • 年齢:24歳
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 出身大学:C大学
  • 学部:法学部
  • 内定をもらった企業名:株式会社セディナ

業界を絞った効率的な就活

まず、私の就職活動の流れはタイトルにもあるように業界を絞ることから始めています。

 

 

業界を絞るためには実際に社会人となってどのように働くのかどのように生活をしていきたいのかを考えます。

 

 

私の場合はワークライフバランスを1番に考えていましたので、休みたいときにしっかりと休めるような環境の業界に絞りました。

 

 

業界を絞ってしまえば、あとはその業界についてのいわゆる業界研究を行い、さらにOB訪問をすることで業界や企業についての理解を深めました。

 

 

それらをもとにその業界の面接に行き、無事内定を確定することができました。

 

 

結果としては4社の企業を受けて2社に合格することができました。

 

 

このように私の場合は業界を絞り、受ける企業を少なくすることで無駄な労力はせずに効率的な就職活動にすることができました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





就活のエントリーした企業はワークライフバランスの重視

私は社会人として働くことだけを考えるのではなく、通常の生活のことも重要視していました。

 

 

その為、しっかりと休日が取れて、なるべく定時で帰れるような業界を探していました。

 

 

内定した企業を知ったきっかけは友人にその業界について教えてもらったことです。

 

 

その友人自体は大学のせんぱいであったり、OB訪問を通じて知ったそうです。

 

 

そのきっかけをもとに、業界の本を読んだり、自分自身もOB訪問をしてその企業のワークライフバランスについて再確認することができました。

 

 

振り返ってみるとネットで知り得た情報よりも実際に人から聞いた情報の方が信憑性があったと思います。

 

 

実際に入社してみてワークライフバランス面でのギャップはありませんでした。

 

 

是非、これから就職活動をされる方については自分が望んでいることや求めていることで入社後にギャップがないようにして頂きたいと思います。

 

 

セディナの業界研究と企業比較

まずは業界研究を行い、その業界の背景であったり歴史を大まかに理解しました。

 

 

業界自体が将来性についてとその中でその企業はどのような可能性や将来性があるのかをしっかりとまとめました。

 

 

業界研究については業界について書かれている本を1、2冊ほど読み、類似している業界の本についても読みました。

 

 

それだけで業界の背景や歴史、これからについてもわかります。

 

 

さらに日経新聞を読み、その中でも業界に関係ありそうなものについては切り取って保管をしていました。

 

 

次に同業界の中で企業を比較する為に実際にその企業で働いている方に面談をしました。

 

 

というのも、私の志望していた業界は金融系の為、正直、その会社の色というのは人で判断するしかなかったからです。

 

 

面接の際に実際に面談した方について話し企業比較を行った為、志望理由が根拠のあるものになりました。

 

 

最終的に企業比較は人で判断することで面接官を納得させることができます。

 

 

セディナは面談が重要

私が就活していた際は8月に面接解禁でした。

 

 

しかし、実態としてはその1ヶ月前から面談という名の面談が3回ほど行われていました。

 

 

実際にその面談が進めば進むほどに偉い方が出てきて志望理由や自身のスキルについて深く話していく感じでした。

 

 

そして最期の面談時に8月1日に面接のスケジュールを組み、そのまま内定という流れでした。

 

 

このように考えるとやはり面談が一番重要視されていたと考えられます。

 

 

ちなみに流れとしては説明会→ウェブテスト→面談3回→面接です。

 

 

私の場合は説明会の後にプラスでOB訪問を自ら申し出て行いました。

 

 

私が受けた業界や企業はこのような流れが一般的でした。

 

 

ウェブテストは非常に簡易的なものであり、大学受験をしているならとくに問題のないようなものでした。

 

 

やはり就職活動が売り手市場になっている為、企業側が先手を打つのに必死なイメージはありました。

 

 

その為、就活生も早い段階でで業界の知識を身につけたり、自分について話せるようにしておく必要があったかと思います。

 

 

内定した時は正直に嬉しい

採用選考中のことを振り返るとやはり、早く就職活動を終わらせて解放されたい気持ちや、焦り、不安といった気持ちでいっぱいでした。

 

 

というのも、外資系やIT系などは内定がでるのが早いため、周りの就活生はとりあえず1社は内定を持っているような状況で自分だけが内定を持っていなかったからです。

 

 

ちょっとした反省点としては内定を早く出す企業でまず、内定をもつこともメンタル的には重要であったかもしれません。

 

 

実際に内定を頂いたときの気持ちは業界研究や今までの就職活動が間違っていないことを確認ができ、正直に嬉しかったです。

 

 

やはり、中々、内定が出ないと自分ぼやってきたことややっていること自体が否定されているような気持ちになってしまうからです。

 

 

内定がでることでとりあえず、企業からも社会的に自分の存在を認めてくれたということが実感として出てきました。

 

 

最後にアドバイスするとしたら、早い段階で内定を最低1つ持ち、メンタルを落ち着かせて、志望する業界に集中して活動することを私はおススメ致します。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金融業界(銀行・生保損保・カード)に内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!