就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

ベンチャー企業に就職を新卒で目指した!スターティアラボ、丸八ホールディングス、東武住販、ピアラ、ニジボックスから内定。

自己紹介

  • お名前:N・D
  • 年齢:24歳
  • 性別:男性
  • 職業:学生
  • 出身大学:佐賀大学
  • 学部:理工学部
  • 内定をもらった企業名:スターティアラボ、丸八ホールディングス、東武住販、ピアラ、ニジボックス

 

なぜベンチャー企業なのか

私がなぜベンチャー企業就職を志望したのかというと、大学2、3年生の時に行った公務員や大企業でのインターンシップ経験が大きい。

 

 

もともと大学で建築を専攻し、院に行き建築士の資格を取ってバリバリ働くことを最初イメージしていたが、大手に勤めると1?3年はほとんどが申請業務やお手伝いのような枠にはまった会社の1つの歯車として働くことに疑問を覚えた。

 

 

そんな時に実力主義や成果主義というような言葉に1番最初心が動いた。

 

 

そのあとに実力主義や成果主義でも投資用不動産の営業などでは営業力を身につけることはできてもそれ以上のことは身につけられないと感じ、ITは移り変わりの激しい分野なのでその中で適応力や営業力ゆくゆくは独立が見えてくるのはITベンチャーであると思い就職活動を始めた多くのITベンチャーの内定を獲得した。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





ベンチャー企業専用サイトで社長にたくさん会うこと。

ベンチャー企業の新卒に対する思いは他の大企業と比べると格別だと思う。だから新卒説明会に社長が出てくることが多い。

 

 

だからまず社長にたくさん会い多くのことを学ぶことがまず大事で、尊敬や信頼のできる経営者を見つけてから企業を知ったり、エントリーすることを考えるスタンスを取っていた。

 

 

また多くのアウトローな選考込みのイベントが開催されているのでそんなイベントに多く参加することも必要である。中でも新卒アドベンチャーやアイパッションのイベントが大いに意義のある就職活動の一環であると思う。

 

 

多くの社長・経営者に会うことで自分がやりたいことや将来なりたいものなどが定まってきて就職すべき会社が自ずと明らかになってくると思う。

 

 

ベンチャー企業において企業研究やエントリーシートより大切なもの

ベンチャー企業において企業研究やエントリーシートより大切なものがある。

 

 

それは自分がその会社に入ってどうなりたいのか・どういう人間になって会社にどういう風に貢献していくことができるのかを明確に話せることが最も必要である。

 

 

なぜこれが最も大事なのかというと、会社にはそれぞれ違った方向に進む可能性が大いにあるだから自分がどうなりたいのか、どんなことがやりたいのかなどが明確でないと会社に入った後で転職や退職をすることになってしまうのでいろんないままでのエピソードを語ることや資格について話すことも必要だとは思う。

 

 

しかし、ことベンチャー企業においては自分がどうなりたいかなんでその会社じゃないのか明確に説明し、その会社の人が一緒に働きたいと思わせなければいけないと私は思う。

 

 

過去は確かに変えることはできないが将来のことを明確に今考えられない人はきっとベンチャー企業には向いていないと思う。

 

 

だから私は企業研究やエントリーシートに一生懸命になるのではなく将来なりたい自分を考えて逆算して企業を選ぶことが真に大事なことであると考える。

 

 

どの企業でもSPIレベルの問題は最低限必須

基本的にどの企業でもSPIレベルの問題は最低限必須になってくることはもちろんである。

 

 

人事担当者・事業部長・社長面談へと進むが、基本的に聞かれることは1つだけである。

 

 

自分がどうなりたいから我が社を選んだのかということでる。

 

 

ベンチャー企業を選んでる学生はまず留学経験やサークルの代表や何かしら責任のある体験を経ていることが多いと思うので過去のことをいくら聞いても学生の時に頑張ってきたことにしか過ぎないのである。

 

 

かといって嘘をついてまで内定を勝ち取ることは意味がないと考える。なので真に自分がどうなりたいかなどを自分の言葉で説明することが一番大切なことであると思う。

 

 

私は基本的にこの内容だけを喋ることでその質問を答えることがほとんどの内容であると思う。

 

 

ベンチャー企業において一番重きを置かれる質問は先ほどから繰り返し話している、「自分がどうなりたいのか」ということである。

 

 

これ以外の質問を一覧にすると『学生時代に頑張ったこと、自分を動物に例えると、自分の長所や短所』などどの企業も代わり映えのない質問であると思う。

 

 

就職活動の始まりは内定をもらってから始まる

私は本当の就職活動が始まるのは内定をもらってからだと考える。

 

 

なぜかというと一般的に就職活動と言われる行為は数十分の面接が2~4度しかお互いを知る機会がないことを指す。

 

 

しかしそれだけの時間でお互いを理解することはできないと思う。だから選考を勝ち抜いて内定をもらった先にこそ本当の就職活動があるのだと思う。

 

 

内定をもらうということはそのあとに企業に際してインターンやOB・OG訪問、人事部のメンバーとの会社に入ってからのことなど本当のことがわかることが多い。

 

 

ミスマッチをなくすと会社の就職活動のキャッチコピーによく見るが進んで会社のウィークポイントを晒す企業はあまりないと思う。

 

 

なので内定を得て真に自分のファーストキャリアにふさわしいのかどうかを改めて複数の内定業を見て吟味することが必要であると思う。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ベンチャー企業に内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!