就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

JFEスチール株式会社から内定もらった話

自己紹介

  • お名前:S・K
  • 年齢:30歳
  • 性別:男性
  • 職業:フリーランス
  • 出身大学:K大学
  • 学部:工学研究科
  • 内定をもらった企業:JFEスチール株式会社

 

 

人々の生活を支える仕事がしたかった【就活の背景】

私が就職活動を始めたのは修士1回生の時でした。

 

 

私は仕事を通じて、
人々の生活の根底を支えたいと考えていました。

 

 

そのような考えを持ち、
電気・ガス・水道といったインフラ業界をまず志望しました。

 

 

しかしインフラ業界というのは、自分の仕事が貢献する範囲が、
ある特定の地域に限られてしまいます。

 

 

それに気づいた私は、
自分の仕事でより多くの人々の生活を支えたいと考えるようになりました。

 

 

そんな中で、人間社会に無くてはならない鉄という素材と、
世界を相手にした鉄鋼業界の規模の大きさに魅力を感じ、鉄鋼業界を志望しました。

 

 

その中でJFEスチール株式会社とご縁があり、
他社に先んじて選考が進んでいきました。

 

 

修士2回生の5月には内々定をいただいたので、
そのまま新卒でJFEスチール株式会社に入社しました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





鉄もまた、インフラの一つです【JFEスチールを知ったきっかけ】

JFEスチール株式会社を知ったきっかけは、
研究室OBの方のリクルーター訪問でした。

 

 

研究室OBの先輩方がリクルーターとして、
修士1回生の1月に研究室に来られたのです。

 

 

ちょうど私はその時期、インフラ業界ではない業界で、
自分の仕事でより多くの人々の生活を支えたいと考えていました。

 

 

リクルーター訪問をきっかけに、鉄という素材と、
鉄鋼業界の規模の大きさに魅力を感じました。

 

 

なぜなら鉄は造船や建築などの様々な分野で必要とされ、
かつ人々の生活の根幹として人間社会に無くてはならない素材です。

 

 

そして鉄鋼業界は、
世界を相手にした規模の大きい業界であり、

 

そのような業界で技術者として働くことで、
世界に大きく貢献できると考えたのです。

 

 

その中でJFEスチール株式会社を志望したのは、
1つは製品の海外比率が高く、

 

世界唯一の技術を多く持っており、
その国際的な技術力と競争力に魅力を感じたからです。

 

 

そしてもう1つは、研究室OBの方々が、
自分達の仕事や経験を楽しそうに語ってくれたからです。

 

 

自分が働く姿を想像した時に、
この人達と一緒なら楽しく働けると思い、エントリーしました。

 

 

自分の強みと企業の強みを重ね合わせる【JFEスチールの選考準備】

私が選考に向けて準備したのは、
自己分析の徹底と、企業研究でした。

 

 

就職活動において自己分析は必須ですが、
私は自分の強みをとにかく洗い出して、

 

それが自分の志望する企業に対して、
どのように活かせるかを日々考えていました。

 

 

そこはこじつけでも構わないと思います。

 

 

大事なのは自分の言葉で、
いかに採用担当者の方に自分を売り込めるかだと思うので。

 

 

最初はひどいこじつけに思えても、
試行錯誤を重ねれば、自分も他人も納得できる自分の強みアピールが完成します。

 

 

また、自分の弱みも洗い出しました。

 

 

そして弱みを違う視点から見て、
とにかく強みに変えていきました。

 

 

次に企業研究ですが、
ここでもやはり「強み」を重視しました。

 

 

同業他社と比べて、
自分が志望する企業の強みは何なのか。

 

 

これも日々考えました。

 

 

例えばJFEスチール株式会社の場合、

 

同業他社に比べて製品の海外比率が5割を超えていて、
高いです。

 

 

これには、各鉄鋼メーカーの製品の出荷先のグラフを眺めている時に、
気づきました。

 

 

面接で全て決まると言っても過言ではない【JFEスチールの選考】

JFEスチール株式会社の採用選考は、
SPI、工場見学×2、本社面接、という流れで進んでいきました。

 

 

まずSPIですが、私は大失敗しました。

 

 

塾講師のアルバイトをしていたので、
「勉強しなくてもイケるだろう」と舐めてかかってしまい、

 

時間がとにかく足りなくて散々な結果でした。

 

 

この時点で正直、選考に落ちた、
と思ったほどでした。

 

 

しかし、実体験を込めて言いますが、
面接でSPIの結果なんかいくらでもひっくり返せます。

 

 

2回目の工場見学で「SPIそんなに良くなかったねぇ」と嫌味を言われましたが、
そこは笑顔で乗り切りました。

 

 

工場見学は2回ありましたが、
ポイントは「とにかく質問すること」かなと思います。

 

 

工場見学では担当の方が付いてくださいますが、
その方にとにかく、

 

「私は御社に興味があります!働きたいです!」

 

とアピールする事が大事です。

 

 

そのアピールは、
工場見学後の食事会と言う名の面接でも必要です。

 

 

本社面接では、
とにかく笑いが起きる時間を作ろうと、努めていました。

 

 

私の場合、

 

「新橋はオヤジ達のメッカ」

 

という情報を頼りに、
どんな飲み会があるかなんかを聞いたりしました。

 

 

緊張した方が良い【JFEスチールの選考感想】

採用選考中は、とにかく自分が採用されるのか、
不安で仕方なかったです。

 

 

SPIの大失敗に始まり、
2度の工場見学も本社面接も、

 

常に「これで大丈夫だっただろうか」と、
不安で不安で緊張しっぱなしでした。

 

 

ですが今にして思えば、
緊張するという事はそれだけ、

 

「これが自分の人生を左右する大事な勝負だ」

 

と、自分の心身が自覚している証拠なのです。

 

 

緊張するとどうしても早口になりますが、
それを抑えようとするとちょうど、

 

「聞き取り易く、かつハキハキ喋っている」

 

ような会話のスピードになります。

 

 

早口過ぎても相手は聞き取れませんし、
かと言ってゆっくり喋りすぎても相手をイライラさせてしまいます。

 

 

とにかく採用選考中に緊張しっぱなしだったので、
内々定の電話をいただいた時には全身の力が抜けました。

 

 

ただやはり、
一生懸命頑張って、

 

その過程が報われたので、
内々定の喜びは全身が奮い立つほどでした。

 

 

とにかく就職活動中は、
気分の乱高下が激しかったです。

 

 

アドバイスとして、
就活に落ち着いて自信を持って取り組むなら、

 

就職エージェントサイトを利用することを、
おすすめします。

 

 

エージェントが就活を助けてくれるので、
心の支えになります。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

化学・素材・金属・鉄鋼メーカーの内定方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!