就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

株式会社光通信から内定できた話

光通信から内定もらった経緯と方法をお伝え!実際の選考の流れや面接中の雰囲気、感じたことを説明

自己紹介

  • お名前:U
  • 年齢:24歳
  • 性別:女性
  • 職業:会社員
  • 出身大学:B大学
  • 学部:情報学部
  • 内定をもらった企業名:株式会社光通信(就職は別の企業にしました。)

 

 

バイト経験を活かせそうな業界を選びました

アルバイトでケータイ販売をしていたので、
通信業界に興味を持っていました。

 

 

ケータイキャリア業界はSPIで落ちそうだったので、
筆記がなく、

 

より営業力を発揮できそうな通信回線関係の企業を中心に、
就活を行いました。

 

 

大学に来ている求人は使わず、
某大手の就活生向けサイトを使用し、何社かエントリーしました。

 

 

私は始めるのが遅い方で、

 

4月に就活サイト登録→5月にWeb応募を始める→6月後半から面接に、

 

と言った流れでした。

 

 

面接が遅くなったのは、
4月に大手を応募し、

 

SPIや履歴書でのお祈りメールに心が折れ、
行動を起こす気力がなかなか湧かなかったからです。

 

 

就職活動の結果は、面接まで行った6社のうち、
4社から内定を頂き、

 

唯一内勤として内定を頂いた別のベンチャー企業に就職しました。

 

(この会社は通信系事業部で応募したのに、
何故か他事業部の内勤に内定を頂きました)。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





光通信にはなんとなくエントリーしました(就活サイトの一括登録)

光通信を知ったきっかけは、
普通に名のある企業だったのでいつの間にか知ってました。

 

 

応募に関しては、
気づかないうちに一括でエントリーしてたようです。

 

 

その中でも日程調節などの連絡をとりつづけた理由は、
説明会の日程がたくさんあり、

 

日程選択の幅が広かったこと、
丁度関西旅行に行く日に関西でも面接が受けられた為です。

 

(親には面接を口実にして行きましたが、本当はライブのついでに受けてきました。)

 

 

通信業界で知名度の高い企業だったことも一因でした。

 

 

もし仮に落ちたとしても、

 

「あの時大手も受けておけばよかった。
もしかしたらもっと良い可能性があったかもしれない」、

 

という「やらない後悔」をしたくなかったのでチャレンジしました。

 

 

業界、企業研究など

なぜこの業界なのか、どのような仕事内容なのか、
この企業の魅力は何か、

 

という質問に答えられるレベルの業界研究と、
その中でも光通信を選んだ理由などを固めました。

 

 

面接は大学の就活合宿に参加していたので、
特に光通信に特化した対策は取りませんでした。

 

 

ちなみに合宿では面接時のマナーや、
どういった質問が多いかなどのシミュレーションが多かったです。

 

 

また、グループワークの流れもこの合宿で覚えました。

 

 

エントリーシートや履歴書は、
大学の教育支援課に添削してもらった(別の業界の)ものを応用して使いました。

 

 

自己PRなどはそのまま使えましたし、
主に志望動機の部分だけを変更して使用しました。

 

 

なのてまこちらに関しても特に特化した対策は取っておりません。

 

 

どうしても不安な部分でキャリア支援課の予約が取れない時には、
ゼミナールの担当教授に相談もしてみました。

 

 

転職クチコミサイトなどは、
より的確な情報があると踏んでいたので有効活用できたと思います。

 

 

OB訪問などは申し出ましたが叶いませんでした。

 

 

1次面接はグループワークだった気がします

すみません、詳細は忘れましたが、

 

そもそも「筆記なし特集」から応募したと思うので、
筆記は特になかったのではないかと思います。

 

 

選考に関しては、1次は説明会的なものの後に、
希望者のみ続けて、という形式でした。

 

 

1対1のペアを組み、
ロープレのようなことをした記憶があります。

 

(そもそも酷い台風の日で、私ともう一人しかいなかったので、
それ以上の人数の場合は違うかもしれないです。)

 

 

お互いのとっておきの持ち物をひとつ出して、
それを売る、というお題だったと思います。

 

 

後で評価タイムもありました。

 

 

ペアと試験官の方、
2人からのフィードバックがあり、とても参考になりました。

 

 

ここではアピール力とヒアリング力が、
試されたと思います。

 

 

2次に関してはそもそも存在があったかどうかすらも忘れました。

 

 

尚、2次面接以降の日程調整の際に、

 

関東在住であることをお伝えしたところ、
(関西での面接スタートでしたが)

 

関東で受けれるよう手配してもらえたのは非常に有り難かったです。

 

 

最終面接は主に意気込みとか、
自分がどういう人間かなどを聞かれた気がします。

 

 

質問に対していかに明確に話せれるかと、
営業として話の切り返しができるかとか、

 

そういった部分を見ているのかな、
と感じました。

 

 

1番覚えている質問は自分は友人にどんなふうに言われているか、
と訊かれ、いじられキャラですと答えた時の返しです。

 

 

いじられキャラってどう思いますか?

 

 

と返されたので、
正直おいしいポジションだと思います、

 

 

と答えたらやけに好印象を持っていただけたのが印象的でした。

 

 

他には残業や転勤などの質問もあったと思います。

 

 

意外なほど内定は早かった記憶があります

ベンチャーばかり受けていたせいか、
他の企業の連絡が遅かったので、

 

通知がとても早い企業だな、
と思った記憶があります。

 

 

最終面接ではほぼ太鼓判を頂いていましたが、
正式に通知が来るまではその場しのぎの嘘ではないかと疑っていました。

 

 

特に第一志望ではなかったので、
緊張や心配は皆無でしたが、内定を頂いだ時はとても嬉しかったです。

 

 

大手でも通じた!という満足感がありました。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IT業界の通信業界の企業に内定した就活方法に戻る


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!