就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

セディナに採用された新卒就活の仕方。クレジットカード業界の就活本を2冊熟得して業界研究。内定獲得はOB訪問がキーだった。

自己紹介

  • お名前:I.T
  • 年齢:23歳
  • 性別:男性
  • 職業:クレジットカード・信販会社
  • 出身大学:C大学
  • 学部:法学部
  • 内定をもらった企業名:株式会社セディナ

 

タイトスケジュールな就活

私が就職活動をした2016年度卒からは活動時期が12月からではなく、3月からスタートとなりましたので短期決戦の就活です。

 

 

短期決戦ということもあり、先手を打つべく自ら面談をする為に人事に電話をしたりして必死にアピールをしていました。

 

 

因みに面接解禁は一応8月1日からとなっていましたが事実上、面談という形で何回か面接のようなことがありました。

 

 

私は早い段階で面接の準備を行っていた為、急な面談にも対応することができましたが、中にはあたふたしている方もおり、恐らくその時点で選考に落ちていたかと思われます。

 

 

結果として、第一志望で考えていた会社を面接解禁の8月1日に無事に内定を頂くことができました。

 

 

因みに同じ業界で最終的には3つの内定を得て私の就職活動は終わりました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





金融業界を調べて行くうちにクレジットカード会社関連に興味を持つ

私は最初の志望業界としては金融機関を考えていました。

 

 

その中でも私は3大メガバンクを始めとした銀行に興味がありました。

 

 

理由としては単純に人気があるということと、給料が高く、会社自体も安定しているのではないかと考えていたからです。

 

 

また、私の大学OB達も多くが銀行に就職をしていたのも起因となっていました。

 

 

ただ、説明会や面談を行ってくうちに自分には銀行は合わないのではないかという風に思い始めました。

 

 

というのも、銀行業界は非常に規律が厳しく、離職率も高いということを就職活動を通して理解したからです。

 

 

そこで私は金融機関の中で比較的に離職率の低い会社を探した結果、概ね、クレジットカード会社関連がそれに該当しました。

 

 

もちろん、これは人それぞれの考え方であるかと思いますが、私は長期的に同じ会社で働いていくことを観点に就活をしていたので私にとってはピッタリの業種であったかと思います。

 

 

また、クレジットカード関連は決済に関して先進的なことに挑戦しているイメージもあり、さらにあまりカード決済というものが日本において普及していなかったので、その分の成長率もあるのではないかと考えたからです。

 

 

業界全体の大枠を理解することから

まずは説明会を受けてから、自分にはクレジットカード業界のことを何も知らないことを思い知らされました。

 

 

そこで、まずはその会社を調べるのではなく、業界全体のこれまでの背景などを知るべく、クレジットカード業界について就活本を2冊ほど熟得しました。

 

 

その後に選考を受ける会社の特徴をその業界の背景を元に考えました。このように行うことでより深い企業研究を行うことができました。

 

 

また、正直にいうと特徴などはあるものの、実際に置かれている会社の状況というものはクレジット業界ではほとんど同じように感じました。

 

 

そこで、実際にその選考を受ける会社の方とOB訪問や面談で合うことにより、会社の人で比較するということも行いました。

 

 

これは恐らく、メーカーなどとは違い金融業界であれば、必ず行うべきことであると思います。

 

 

もちろん、その内容をエントリーシートや面接でも伝えて、結果として内定を頂いております。

 

 

実際の選考では面談が主流です

私たちの時は上記でも述べましたがいきなり短期決戦となり、会社も模索しながら焦っている印象がありました。

 

 

そのせいなのか、選考のほとんどが8月1日解禁日前に行う面談によって決めらていました。

 

 

具体的な流れを言うと、説明会を受けて数日後にグループワークを行いました。

 

 

更に期間を経てWEBテストがありました。

 

 

その後が全て面談という形式になっており、印象としては回数を重ねるごとに面談相手が偉い方になっているということです。

 

 

基本的な流れはこのようになっており、選考に落ちた方の多くは面談によるものであったかと思います。

 

 

また、面談する時期も人によって異なっており、早い段階で面談を行っている方が有利な状況で、後に回された方は不利な状況になっていたかと思います。

 

 

その為、もしこの会社の選考を受けるとするなら面談により重きを置いて動いた方がいいと思います。

 

 

相思相愛の内定

私はクレジット業界でセディナを第一志望にしていました。

 

 

といのうも、やはり面談やOB訪問を行っていくうちに社員の方の雰囲気等を読み取り、だいたいの社風をつかんでいたからです。

 

 

言葉にするのは難しいですが、完全に受けていた会社の中で一番フィーリングがあっていました。

 

 

そんな中で無事に8月1日に内定を頂き、率直にうれしかったです。

 

 

また、就活ではよくある内定を出したら、ほかの会社の選考を受けるのは辞めさせるという動きも一切ありませんでした。

 

 

その点においてもこの会社は就活生の気持ちを察しているのだと感じました。

 

 

選考中においても、就職活動自体を頑張るようにと元気づけられました。

 

 

とくに印象的だったのが、面談中にあまり上手く受け答えができなかった時もその場でアドバイスを頂いたりと色々な面でサポートをして頂き、感謝の気持ちでいっぱいでした。

 

 

このように結果として、選考から内定まで一貫して相思相愛であったのではないかと今では思います。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

金融業界(銀行・生保損保・カード)に内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!