就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

卒業直前、間近の2月に仕方なく就活始めて数社にエントリー。卒業後も就職活動続けてアバンテックに内定した方法。

自己紹介

  • お名前:T. O
  • 年齢:26歳
  • 性別:男性
  • 出身大学:大阪府立大学
  • 学部:工学部
  • 内定をもらった企業名:(株)アバンテック

 

なかなか結果のでない日々にうんざりする生活。

大学の4年目になると就活はいきなりはじまります。

 

 

早い人は3年の終わり、春休みの頃から活動をはじめ、自分の将来に備えて色々なてを尽くしていきます。

 

 

僕の周りの人たちものもちろんそうで、夜遅くまで学校に残り求人票とにらめっこをしていました。

 

 

そのような努力の末、多くの人たちは夏休みの前には内定を手にし、事実上就職活動から卒業していきました。

 

 

僕はというと、これまでとかわらず遊び呆けていて、就活なんてきにもしていませんでした。むしろ、みんなが矢継ぎ早に内定を貰ってくるものだから、そのきになればすぐ手に入ると根拠のない自信に溢れていました。

 

 

月日は流れ、卒業間近の2月頃。僕はようやく重い腰を上げて数社にエントリーしました。

 

 

もちろん大企業はのこっていません。自分の将来のことなのに、僕は「仕方なく」就活していました。

 

 

もちろん結果はお祈りメールのみです。

 

 

卒業してから両親からの圧力もあり必死に就活にとりくみましたが、すでに卒業してしまった僕はどれもこれも書類落ちです。

 

 

取り付く島もありませんでした。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





もう一度原点に振り返ってみる

受けても受けても届いてくるお祈りメール。

 

 

その時の僕は狂ったようにエントリーシートを書きなぐっていました。

 

 

まるで、就活をするというよりは、読者投稿のためのはがきを書く怪しい青年とでも言えたでしょう。

 

 

ハローワークとはもはや友達でした。

 

 

最近はハローワークでなくともネットで就活を行うことなど容易いのですが、なにぶんそこは学生の人たちが多いので、卒業してしまった僕にとってはとても立ち入りたくない場所でした。

 

 

恥ずかしさとか、悔しさで、僕は逃げていたのです。

 

 

それに気づいてから、僕はインターネットに目を向けるようになりました。

 

 

まず、情報量の違いに改めて驚いたのはいうまでもありません。

 

 

これまでの就活ではとにかくエントリーシートを書く事に注力していた僕ですが、インターネットでの就活ではそのような手間はほとんど入りません。

 

 

募集要項や、募集している人物像などを熟読するようになっていきました。

 

 

アバンテックの文字を見つけたのはその頃です。

 

 

企業説明会ではとにかく真剣になること!

企業研究という言葉は、僕の辞書にはありませんでした。

 

 

なにぶん説明書を読まないタイプの人間ですので、おもいたったら行動するまでです。

 

 

その計画性のなさが、今回の自体を引き起こしたのですが、そんなことはもはや気にしている暇はありませんでした。

 

 

その企業がそもそも何をしているのか、そんなことしら知らないままで面接に向かった僕でした。

 

 

しかし、焦る必要はありませんでした。企業説明会では、その企業の内情や目標などがわかりやすく説明されます。

 

 

企業説明会などどうでもいいとおもってこれまで参加してこなかった僕にとっては目からウロコでした。

 

 

とても丁寧に説明してもらえるため、メモは必須です。企業が何をしたくて、なにを目指しているのか。

 

 

底さえ聞き取ってしまえば、あとは自分自身と照らし合わせて長所となる部分をアピールするのです。

 

 

とにかく続く面接の嵐

企業説明会では、感嘆な適性検査が行われました。

 

 

自動車の教習所で行うような感じのマークテストです。ここで人物像や、入社後に必要なスキルが試されます。

 

 

大企業では筆記試験などもあったりするので、その場合は念入りな準備をして下さい。

 

 

適性検査で合格した僕には、続けてメールがとどきました。

 

 

お祈りメールではない、初めてのメールです。一次面接の内容がかかれていました。

 

 

面接で何が聞かれるのかはもちろんしることができないので、とりあえずイメージトレーニングをしながら過ごす日々です。

 

 

一次面接が終われば二次面接、その後最終面接が続きました。

 

 

それぞれの面接の内容は皆さんご存知の通りです。

 

 

重要なことは、とにかくはっきりと、明るく、真実を誇張して話すことです。

 

 

自信を見せること。

 

 

それさえ忘れなければ、面接なんて怖くありません。

 

 

メールチェックが癖になる(笑)、緊張で夜も眠れない日々

面接の後のメールはいつもどきどきしていました。

 

 

メールチェックはほぼしないといっていい人間だったのですが、その時に限っては一時間単位で覗きに行く始末です。

 

 

今では笑い話ですが、当時は人生がかかっているものですから、気が狂いそうでした。

 

 

合格メールの傾向としては、とにかく発送が早いことです。

 

 

お祈りメールとなると1週間2週間の時間がかかるのですが、合格メールの場合は翌日にくることもすくなくありません。

 

 

目安にしてみて下さい。メールがすぐにこなければ、次を受けに行ったほうがいいでしょう。

 

 

そして、いよいよ内定のメールを貰ったときですが、メールより先に電話がかかってきました。

 

 

人事部の人からおめでとうと言われ、入社式の日の時間を伝えられました。

 

 

今でも忘れられません。興奮して飛び上がったのを覚えています。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IT業界の情報処理・システム・ソフトに内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!