就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

住友林業と積水ハウスに採用され、就活成功!大手の住宅営業職から内定した新卒の就職活動。選考の流れや面接での質問をお伝え。

自己紹介

  • お名前:R.T
  • 年齢:28歳
  • 性別:男性
  • 職業:会社員
  • 出身大学:R大学
  • 学部:経済学部
  • 内定をもらった企業名:住友林業、積水ハウス

 

住宅営業職からの内定が多かった新卒の就職活動

当たり前の話ですが、社会に出るのは初めてだったため、最初の頃は自分が何業界に興味があるのかを知るところからスタートしていきました。

 

 

大学主催の企業説明会や、マイナビ、リクナビのイベントなどに参加し、飲食業界や通信業界など幅広い業界をみていきましたが、最終的に興味を持ったのが建設業界でした。

 

 

おそらく、父が建設に近い業界の会社に勤めており、幼い頃から住宅に触れる環境にいたためでした。

 

 

ちなみに私が活動していた時期は丁度就職氷河期の1番厳しい時期で、最終面接まではいくものの、最終面接で落とされることが多く、今振り返ってみると、その当時本当に興味があった業界に対しての最終面接でしか通ってないという結果なので、当時の面接官の人はさすがだなと今になって思います。

 

 

なので、結果的に何でこの会社に入りたいかを明確に言えた企業のみ内定を得ていたということになります。

 

 

そして、内定をいただいた2社に関してですが、内定いただいた後に3回ほど違う展示場に行き、営業の人がどのような働き方をしているのかを聞いた結果、住宅業界だけでなく、木材商社もやっている住友林業を選び、将来的な自分のキャリアビジョンとして、住宅営業をやった後に、木材商社の営業としても活躍するということを目指すことになりました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





いろんなセミナーに参加しました

内定した企業を知ったきっかけは父親の仕事関係でよく住宅をみていたという理由になりますが、ただ、リクナビやマイナビなどのセミナーにまずは参加したことで、その時に父親の仕事関係のときによく関わっていたなと思い出し、住宅業界をより深く調べるようになったと思います。

 

 

なので、とりあえず自分が何に興味があるかよくわからない場合は、就職セミナーへの参加をオススメします。

 

 

そして、エントリーの理由ですが、実際、自分が興味を持っている業界は住宅業界であると知ると、そこから展示場に行って、実際仕事をしている人に会ってみたりしました。

 

 

理由は人事の人はあくまで窓口であり、実際に仕事をしている人がどう思っているのかを調べたかったというのがあります。

 

 

その中で、活き活きとしていて、かつ学生相手でも真剣に話をしてくれていたのが、住友林業と積水ハウスの営業の方だったので、就職セミナーでの企業説明会でも興味があったということもあり、エントリーしてみました。

 

 

選考ではとにかく自問自答

面接、エントリーシートの時に1番みられるのが、その人間の性格やポテンシャルだと思います。

 

 

当時の自分もそこはわかっていたようで、準備の割合としては、自分に関すること8割、企業研究2割ぐらいの割合で準備していました。

 

 

自分に関することに関しては、

 

  1. 自分の長所
  2. 自分の短所
  3. 自分の短所に対して克服しようと努力したこと
  4. 長所、短所を含んだ自分のアピールできる話
  5. 大切にしている考え方

 

これら5点を主に考え抜いた上で、いつも選考にのぞんでいました。

 

 

特に大切にしている考え方の部分は全ての自分の回答の軸になる部分なので、1番時間をかけていたと思います。

 

 

また、ESに関しては、第三者目線でのチェックも必要なので、先輩に何度もチェックしてもらい、自分の完成形の文章を早い段階で作り上げていました。

 

 

住友林業の選考の流れ

ES→パソコンでの常識テスト→グループディスカッション→現場店長面接→支店長面接→人事部長面接→確定面接

 

 

という流れでした。

 

 

ちなみに、見られていたポイントとしては、グループディスカッションに関しては、自分の意見があるかどうかを見られており、あとの面接に関しては特段変わった面接はありませんでした。

 

 

学生時代に頑張ったこととか、自分の長所だと思うことは?とか、他社の面接でもあるありきたりの質問でした。

 

 

ただ、課題として支店長面接の時に自分の建てたい家を書いてきてと言われた時には、何故書いてきたような家を建てたいのかということも含め伝える力(プレゼンスキル)を見られているなと感じました。

 

 

最後の面接に関しては意思の確認でした。

 

 

特に就職氷河期の時は意思確認の面接というのをどの企業もやっていたと思います。

 

 

やっと内定もらえたというホッとした感じ。

正直、最初の内定をもらうまでは、最終面接で落とされることが10回ほど続いたため、ある意味迷路に迷い込みそうでした。

 

 

中には7次面接まで行った挙句に最終面接で落とされたというのもありました。

 

 

就職氷河期という時期もあり、相当厳しい状態であったのも事実で、この企業に入りたいという意志がないと内定をもらえないという状況だったのに、なかなか建設業界の面接以外ではその感じを出せませんでした。

 

 

ただ、今になって思うのは、結局その時に正直な自分を出せていたということであり、それはそれでよかったのかなとも思っています。

 

 

就職活動をしていて、内定が全然もらえないと焦るという気持ちはわかりますが、それでも自分に嘘をつかない正直な気持ちを持つという強さがあったほうが、その後の社会人生活でも苦労しないと思うので、自分に正直に行動しましょう!

 

 

くれぐれも就職のためだけの活動にならないようにする。これが大事だと思います。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

住宅・不動産業界から内定した方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!