就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

マッキャンエリクソンに採用された就職活動の方法。大学は工学部で化学を専攻したが、CM制作広告代理店に興味持ちエントリー。

自己紹介

  • お名前:H.Y
  • 年齢:26歳
  • 性別:男性
  • 大学:K大学
  • 学部:工学部
  • 内定をもらった企業名:マッキャンエリクソン

 

就職活動に至るまでのバックボーン

私は大学では工学部の化学を専攻し、化学物質の基盤となる新物質の研究を行っておりました。

 

 

元々物を作るのが好きで将来は自分が作ったもの、関わったものが他者に影響を与える仕事に就きたいと考えていました。

 

 

しかし、私は部活動で放送系の部活に入部、そこで映像制作や編集、などメディア関係のクリエイティブな事をやっており、ものつくりの興味が化学からメディアに移っていきました。

 

 

メディアには化学には無い魅力があり、やはり多くの方に自分達が作ったものがありのままに見ていただけるので影響力が強い、それと今はインターネットが発達しているので、見ていただいた方の反応がとても早くすぐにフィードバックができるという点が魅力的に思えました。

 

 

その経験から将来はメディアの様々な媒体を通して他者に影響を与える仕事に就きたいと考えるようになりました。

 

 

しかし、メディア関係を就職活動する学生は多く、自分よりも詳しく勉強をしてきた人達はたくさんいると考えました。

 

 

そこで、私は今まで学生生活を振り返り、化学を通して学んできたことをメディアへの就職に使えるのではないかと考え、化学実験を行うためのプロセスや計画性、必ず結果を出すという責任感は必ず必要だと考え、その考えを自らのPRと志望動機に結びつけ、CMのようにどのような人が聞いても明朗に理解してもらえるように努めた結果、見事入社することができました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





マッキャンエリクソンを知ったきっかけとエントリー背景

私が大学3年生の頃、大学生活を通してメディアに興味を持ち、メディアで働きたいという漠然とした状態で就職活動の準備を始めたのですが、メディアという業界はテレビ、CM、ラジオ、雑誌、その他を含めると本当にたくさんあり、自分の志望する業種を絞れて居ませんでした。

 

 

しかし、OBで映像関係で働いてる方を訪問したところコマーシャルを作るのに必要な広告代理店という会社の存在を知り、興味を持ち多くの会社を調べました。

 

 

その中で私はコマーシャルの中で特に好きなものがあり、その映像を制作している企業がマッキャンエリクソンでした。

 

 

急いで私は説明会に参加し、企業の説明やこの業界がどのように映像を制作しているか、どのような想いで映像を制作しているか、など話を聞きました。

 

 

たった15秒、30秒の映像でも高額の費用が使われており、細部までこだわって制作されていることを知り、その事実に感動し、この会社に絶対に入社しようと決めエントリーしました。

 

 

選考に向けた準備

コマーシャル制作の上流工程の現場で働いている人がどのような人が働いてるか、どのような人材を求めているのかを調べ、その人達と自分の性格、能力はどのように違っているのかを分析するために自己分析を徹底的に行いました。

 

 

エントリーシートは簡潔に分かりやすくするためいらない文字はなるべく削りだすことに努め、他は自己分析に時間を割きました。

 

 

企業側も人一人を雇うコストはとても高いので就活生を選ぶのは慎重になると考え、自分がどのような人間か説明できないようでなければ必ず面接で落とされてしまうと考え、約3ヶ月間、徹底的に自己分析を行いました。

 

 

企業分析についてはなるべく暇な時間は会社のホームページを眺め、どのような部署が存在して、どのような仕事を行うかなど、もし入社した後に仕事内容でギャップが生じないために実際に働いている人の話を聞くことに心がけました。

 

 

受ける会社の事がわからないようであればその会社に失礼が生じてしまうと考え取りこぼしのないように奔走しました。

 

 

マッキャンエリクソンの採用選考内容

私の時期はまず最初に書類選考ESから始まるのですが、普通の企業とは少し異なっており、人柄を聞かれているような感覚でした。

 

 

それが通ればグループディスカッションを受けることができます。

 

 

5〜6名で全体に出されたお題を時間内に考えグループでまとめて話し合い一つの結論を出しました。

 

 

私はタイムキーパーをやっており自己紹介、案を出す時間、まとめる時間など、時間をコントロールしてディスカッションを円滑に進めることに努めました。

 

 

それが通ると面接なのですが、面接は4回あり、どの面接も緊張してしまい上手くしゃべれたことはありませんでしたが、面接官の方々がとても暖かい声をかけてくださり緊張をほぐしてくれるので、終始なごやかな雰囲気で面接を行うことができました。

 

 

最終面接は内定を出した後、会社に入ってくれるかという意思確認でしたので落ち着きながら受けることができました。

 

 

採用選考中の感想

採用選考中は今でも覚えており、一回一回の結果待ちの間は気が気でなりませんでした。

 

 

一番初めの面接でも、ラストチャンスだと思うと上手くしゃべれなくなってしまい、面接官の方が何度も緊張をほぐそうと優しい言葉を掛けてくれたのが幸いでした。

 

 

緊張で早口にならないようにゆっくりしゃべり志望動機と自己PRに筋が通るように一言一言慎重にしゃべりました。

 

 

2回目の面接ではこの業界の大変さや影響力など責任感が必要という話を受けましたが、自分が今までやってきたことに会社でやりたいことなどを交えて話すことができました。

 

 

3回目ではさすがに緊張は少しは解け、面接官の質問に自信をもって答えることができました。

 

 

自分の考えや想いなども込めて話せたので、面接が終わった後は、もしかして受かったかもしれないと思うほどでした。

 

 

そして、最終面接に呼ばれ内定を頂いた時は、本当に受かったのかという思いがとれず嬉しいという思いより本当かな?という思いが強く一週間はフワフワした気持ちになっていました。

 

 

その後、自分がやってきたことが報われたのを実感し、やっと両親に報告することができました。

 

 

以上が私が就職活動で実際に行ったこと、その当時の思いです。

 

 

参考にならないかもしれませんが、このような事を行って内定を頂いた人がいるということを知っていただければ幸いです。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

マスコミ関係に内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!