就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

スポーツ業界を就職活動で志望してスポーツオーソリティに内定!文系大学院、文学研究科の就活方法!

自己紹介

  • お名前:K・Y
  • 年齢:27歳
  • 性別:男性
  • 職業:スポーツ系企業の営業
  • 出身大学:広島大学大学院
  • 学部:文学研究科
  • 内定をもらった企業名:スポーツオーソリティ

 

教員の道からの舵切り

もともと教員を目指しており、教員免許を取得するために文学部の大学院に進学しました。

 

 

しかし、大学院1年生の時に教育実習に参加をしてから、教員以外の道も探すようになり就職活動を始めました。

 

 

結果としてスポーツ系企業2社から内定を頂き、スポーツオーソリティではない方の会社に就職をし、今もその会社で働いています。

 

 

同じ研究室の友人や先輩達は公務員や研究者・教員を目指していたので、研究室の中で就職活動をしていたのは私だけでした。

 

 

なので、他の学部にいるサークルの友人と就職活動について色々な話をし、面接の受け方やエントリーシートの書き方を覚えていきました。

 

 

一度だけ文学部の学生向けに開講された面接セミナーに参加をしましたが、そのほかに就活セミナーに参加した経験はありません。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





スポーツオーソリティにエントリーしたのは好きなスポーツを仕事にしたいから

企業へのエントリーは「リクナビ」と「マイナビ」を主に利用し、スポーツ系企業の情報を手に入れるために「アンビションアクト」というスポーツ企業専門の就活情報サイトも少し利用していました。

 

 

主に目指していた業界はスポーツ系と広告系です。

 

 

「スポーツオーソリティ」についてはもともと店舗を知っていたので、リクナビを利用してエントリーシートをweb提出しました。

 

 

「スポーツオーソリティ」はスポーツ用品小売業の企業ですが、他にも同業他社の選考を受けるためにエントリーをしました。

 

 

残念ながらその他の企業はエントリーシートの段階で選考を落ちてしまいましたが「スポーツオーソリティ」だけが面接へと進むことができました。

 

 

バスケットボールが専門だった私は、2006年世界バスケが日本で開催された際にグッズ販売等を担当していた「スポーツオーソリティ」に一番関心があったのでとても嬉しかったです。

 

 

進路と企業選びのギャップ説明に苦心

もともと教員になるために文学部大学院に進学したので、スポーツ企業の選考を受けるような進路を辿っていないことになります。

 

 

なので、スポーツ企業を受ける理由を説明するのに一番苦心しました。

 

 

ありのままを話せばよいという考えもありますが、移り気ですぐ他の会社に行きそうな人だと思われそうだという考えも出来ます。

 

 

結果として進路について深く聞かれることはなく説明をする機会はありませんでしたが、他社の選考ではよく質問されたのでとても苦労しました。

 

 

企業研究については、実際に複数の店舗を訪れてその店舗に対して持った印象や社員の動き・声のかけ方を事前にチェックしていきました。

 

 

面接でも「うちの店で買い物したことありますか?」「どんな印象を持ちましたか?」というのは聞かれたので、小売業界では事前の店舗訪問はやっておくと心強いと思います。

 

 

エントリーシートには志望動機等ごく一般的な質問が並べられていたので特に準備は行っていません。

 

 

強いて挙げれば、上述したように2006年の世界バスケに関わった企業だからこそ入社したいという部分を強く主張したくらいです。

 

 

最終選考に社長が出てくれる会社

選考の流れは、エントリーシート通過後、二次面接、三次面接、最終面接という流れでした。

 

 

採用担当の女性の方はとても話しやすく、選考前にも学生にきちんと声をかけてくれる親切な方でした。

 

 

面接についてはグループ面接が主で、最終面接のみ個人面接でした。

 

 

圧迫面接のようなものはなく、奇をてらった質問も出てきません。

 

 

学生時代のスポーツ経験や店舗を訪問しての感想、会社に入ってどのような力を発揮したいかなどの会話の中で、しっかりと受け答えができるかどうか、どのような性格なのかを見られている印象を持ちました。

 

 

最終面接では社長と役員の方が二人で面接を担当していました。

 

 

この時は社長が座っていても何も感じなかったのですが、就職した今考えると、全国展開している企業で社長が最終面接に出てくれる会社はそれほど多くないのではないでしょうか。

 

 

とてもいい印象を持ちました。

 

 

社長もフランクな方で、こちらが話しやすいように質問をつないで良い部分を引き出そうとしてくれたのを覚えています。

 

 

内定した時の気持ち

内定の連絡が来たのは6月の初旬。

 

 

最終選考を受けてから1週間ほど経った時でした。

 

 

私にとって初めての内定だったので、連絡を受けた時は嬉しい気持ち半分、安心した気持ち半分でした。

 

 

「スポーツオーソリティ」の選考を二次三次と進んでいた時は、今働いている会社の選考も最終まで進んでおり、自信がついて心に余裕を持って選考に取り組むことができました。

 

 

採用担当の方がこまめに連絡や案内をしてくれたので安心していたという部分も大きいです。

 

 

選考があったのはすべて大阪。交通費の支給は最終面接のみありました。

 

 

スポーツ系の企業ということもあり、面接を担当する社員の方たちは皆カラッとしていて緊張することはほとんどありませんでした。

 

 

結果として今は別の会社で働いていますが「スポーツオーソリティ」に何か不安や不満があったわけではないので、内定を辞退するか最後まで悩みました。

 

 

選考を通して「入りたい」という気持ちが強くなった企業でした。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小売業・楽器店・薬局・その他に内定した方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!