就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

カメイに採用され就職氷河期でも内定獲得できた就活方法。採用選考の面接での一言で入社を決断。

自己紹介

  • お名前:shot
  • 年齢:28歳
  • 性別:男性
  • 職業:営業職
  • 出身大学:TG大学
  • 学部:経済学部
  • 内定をもらった企業名:カメイ株式会社

 

就職氷河期

私が就職活動を行っていた、2010年はちょうど就職氷河期と呼ばれる時期でした。

 

 

就職活動をはじめた時期は、大学3年生の3月頃から始めました。それ以前に、友人達と自己分析やSPI対策などの情報共有はしていました。

 

 

元々、宮城県内か東北での就職を希望していたため、東京や大阪などの大都市への就職活動は行いませんでした。

 

 

4月に入り就職活動が本格化してきたことで、月に10社程面接を行いました。

 

 

その中に内定をいただいた企業もあるのですが、10社中8社はお祈りの連絡が来ました。

 

 

2次面接や最終面接などが進むにつれて、「本当に自分はこの会社に入りたくて、就職活動をしているのだろうか?」といった疑問が出てきてしまいました。

 

 

内定をいただいた企業の面接でとあることを言われ、この会社に入ろうと決めました。

 

 

その言葉と言うのが、

 

「人生は長いです。仮に君が入社したとして定年まで約40年。今までの学生生活から比べると、とてつもなく長い年月です。しかし、会社に勤めると年月が過ぎていくことはとても早いです。実際私がそうですから。だから、君には慎重に企業を選んで欲しい。人生を決める大きな決断なのだから。」

 

と言われました。

 

 

最初は、「こんなこと言うってことは落ちたな。」と思っていましたが、内定通知書が届き、言葉の意味を考えていました。

 

 

普通ならしないであろう話を私にはした。

 

 

つまり私を必要としてくれているのだ。そう思い、カメイ株式会社への入社を決めました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





合同説明会でカメイを知る

知ったきっかけは、CMや実際に私の実家でその企業の商品を使用していたからです。

 

 

主な事業はLPガスの普及や販売ですが、食糧事業や燃料事業など業種が多岐にわたります。

 

 

色々な商品で勝負ができ、かつそのどれも成功をおさめており、自信も「この会社で地域住民の方々のお役に立てたら。」と思っていました。

 

 

3月頃に大学主催の合同説明会があり、全国的に見ても、大きい会社であり社会インフラを主な事業として取り組んでおり、将来性があると考えエントリーしました。

 

 

また、会社としての将来性ですが、色々な事業に参入しており、私の今後の成長のためと言った理由もあります。

 

 

インターネットで選考に向けて準備

インターネットでまず、企業のホームページや評判などを見ました。

 

 

次にソーシャルネットワークサービスを利用して、実際に働いている人のつぶやきや投稿も参考にしました。

 

 

決算や会社の体質はある程度ホームページから感じ取ることは出来ますが、実際に働いている人のソーシャルネットワークサービスのアカウントは入社してからの自分についての予想が容易に出来ました。

 

 

それらを元にエントリーシートでは他の人が書けないような実際の仕事内容などを記入することができました。

 

 

また、エントリーシートの対策として一番有利なのが、インターンシップなどがありますが、私は断然ソーシャルネットワークサービスを推します。なぜなら、現場で働いている人たちの生の声が拾えるからです。

 

 

書類選考のち筆記試験のち面接

まず、エントリーシートをウェブ上から提出しました。

 

 

このときに使用したのが、マイナビからエントリーをして、企業ホームページからエントリーシートのダウンロードおよび提出。その後企業説明会があり、履歴書提出。

 

 

2週間ほどで書類選考結果が出て、約2週間後に筆記試験がありました。筆記試験は簡単な国語と数学程度でした。(高校卒業程度)

 

 

筆記試験から1週間後に筆記試験通過の連絡を頂き、さらに1週間後に1次面接がありました。

 

 

1次面接はどの程度企業研究をしてきたのか。ここで何がしたいか。学生時代は何をしてきたのかなど基本的な内容ばかりでした。

 

 

それからさらに1週間後に1次面接通過の連絡があり、2次面接が行われました。

 

 

2次面接からは役員面接で、いわゆる圧迫面接でした。

 

 

「君がうちに来ても役にたつメリットがない。」「君に割く時間は無いからどうぞお帰りください。」など言われましたが、その場で頼み込んで何とか面接をしていただきました。

 

 

そして2日後に最終面接へ来てくださいという連絡が入り、最終面接に望みました。

 

 

面接時間は10分程度で、内容も最終確認(ほんとうにうちに入社する意思はありますか?)程度で終わりました。

 

 

内定した時はうれしさ半分、複雑な気持ち半分

中々内定がいただけず、腐りかけていた時にいただいた内定だったので通知書がアパートのポストに入っていたときはとてもうれしかったです。

 

 

それと同時に地元へは戻って働くことは出来ないという複雑な気持ちもありました。

 

 

私自身、就職活動中に地元へ戻るつもりは無かったのですが、就職活動が進んでいくうちに、段々と生まれ育った地元への恩返しもあるなぁなど思っていた矢先の内定だったので複雑な気持ちでした。

 

 

選考中は毎日「あの面接ではああしておけばよかった。」や「何であの時に答えられなかったのだろう。」「もっと企業研究をしておけばよかった。」などネガティブな思考もありましたが、私自身面接では必ず和やかな雰囲気を心がけていたので面接中の緊張はありませんでした。

 

 

(和やかな空気を心がけすぎて、質問内容を何度も聞きなおすといった失敗もありますが・・・笑)

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商社(総合商社・専門商社)に内定した就活方法に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!