就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

教育業界を志望したAさんの就活体験談

教育業界を志望したAさんの就活体験談

お名前 Aさん
年齢 21歳
性別 女性
職業 現在大学4回生(17卒)
出身大学・学部 D大学・文化系学部
内定先の業界 教育業界(塾・予備校関連)
内定先の職種 総合職(配属は未決定ですが、教材の編集・出版職を希望しています)

 

就職活動ではどのような業界を受けましたか?

業界を問わず、
教育に関連している企業を中心に受けました。

 

 

塾や予備校という教育産業をはじめとして、

 

教科書や学習参考書の出版社から、
教育文具のメーカーなどです。

 

その業界を志望した理由はなんですか?

ご自身の就活の軸も合わせてお答えください。

最初は教員採用を志望していました。

 

 

しかし、塾講師のアルバイトを通じて学校教育だけでは支えきれない
学習意欲の高い生徒たちを支えて

 

将来の幅を広げる手助けをしたいと思うようになりました。

 

 

そのため教育に携わりたいという思いが強く、
教育や勉強に関連した企業を志望しました。

 

 

就活の軸は、「企業理念をどう実現しているか」でした。

 

 

企業がどう事業を行うかの最も重要な軸である
企業理念が自分の考え方とあっているか、

 

また、その企業どのような事業を通して実現しているか、
その実現方法が自分の考え方とあっているのか、

 

を段階ごとに分けて顧客と労働者の両方の視点から考え、
就職活動や企業研究の軸にしていました。

 

就活をしていく中で大変だったこと、失敗したことはなんですか?

最も大変だったのは、教育実習との両立でした。

 

 

特に教育業界を志望する就活生は
6月に教育実習を控えている方も多いと思いますが、私もその一人でした。

 

 

6月から面接スタートの企業も多い中で、

 

その最初の2週間を教育実習に専念しなければならないというのは
時間的に大きなロスでした。

 

 

また、当初は「放課後や日曜日がある」
とまだ気楽に考えていましたが、

 

想像以上に教育実習で体力をつかってしまい
夜や日曜日は全く動けませんでした。

 

 

また、学習指導案や板書計画を実習担当の先生に
見てもらうまでに制作する必要があり、

 

 

深夜までその制作に追われることも多く、
全く就職活動どころではありませんでした。

 

 

就職活動が気にかかって教育実習に身が入らないのは
貴重な時間を割いていただいている実習校の先生方や生徒さんに失礼ですし、

 

かといって自分の将来のかかった就職活動をおろそかにすることへの葛藤もあり、
バランスがとても大変でした。

 

 

どのように就活の苦労、大変さを乗り越えましたか?

1つは、事前に目標として「教育実習が始まるまでにどこか1社から内定をもらう」
というものを掲げて実行したことです。

 

 

就職活動のことを考えずに教育実習に集中できるように、
滑り止めにうかっているから、

 

自分の進路はすでに決定しているという安心感を持ちたい
という思いから3〜5月は目標の実現のために必死でした。

 

 

6月以前に採用を終えている企業は一定数あるため、

 

採用の早い学習塾を中心に受け、
無事教育実習前に内定を頂くことができました。

 

 

2つめは、企業にお願いして実習中の選考を避けてもらうことです。

 

 

面接や面談の日程が
就職活動にかぶってしまうことも多いかと思いますが、

 

企業に連絡すると日程変更を行ってくれる場合がほとんどでした。

 

 

教育業界ばかりを受けていたため、
おそらく私以外の入社希望者も教育実習を行っている方が多く、

 

メールで人事の方に実習中である旨を連絡すると、
配慮した日程の用意と温かいお言葉を頂くことができました。

 

 

日程配慮していただいた企業に無事内定を頂けたので、
それを理由に選考内容に影響が出ることはないと思われます。

 

内定をもらうことができた要因は何だと思いますか?

内定獲得の勝因を教えてください。

「情報戦に勝った」ことが最も大きい要因だと思います。

 

 

スタートダッシュが遅かったため、
インターンシップやOB訪問は全く行いませんでした。

 

 

他にも、合同説明会や大学や企業主催のセミナーなどの
就職活動のセオリーと思われるものはほとんど行っていません。

 

 

説明会や企業研究など最小限必要なことだけを調べて
必要であれば的確に行い、

 

狙った企業に内定を頂きました。

 

 

なんとなく周囲の就活生がみんなやっているから、
大学に言われたから、といって手あたり次第就活らしいことをするのではなく、

 

必要なことをピンポイントで行うことが
内定への最短の道のりだと思います。

 

就職活動を実際にしている学生へアドバイスをお願いします。

周囲の情報に騙されないでください。

 

 

様々な就活本や就活サイト、大学のキャリアセンターなどから
たくさんの就活情報が流れ込んでくるかと思います。

 

 

それらに流されず、本当に必要な情報を見極めてください。

 

 

私が就活のために買った本は
SPI対策・一般常識対策・面接対策の3冊だけです。

 

 

このうち、面接対策以外の2冊は結局使いませんでした。

 

 

また、就活サイトも「自己PR・志望動機の書きかた」「面接での逆質問のしかた」
この2種類しか調べていません。

 

 

調べれば調べるほど「ESに添え状は必須」「誤字脱字は厳禁」など
様々な情報が出てきますが、

 

これら「就活の常識」は一切気にしなくて良いと思います。

 

 

本当に必要で正しい情報がどれか見抜くのは大変だと思いますが、
自分を信じて就職活動を頑張ってください。

 

 

成功をお祈りしております。

 

 

Aさんの体験から
情報の活用の仕方が上手いことがわかります。

 

 

就活は情報収集が大切ですが、
その情報をどう使うかがカギになります。

 

 

他の就活生もしているからと周囲に流されてしまうのは
よくないですよ。

 

 

就活の軸をしっかりともって、
就活をしていくことが効率的な内定獲得に繋がります。

 

 

この効率性によって、早期内定獲得に繋がりました。

 

 

とはいっても、なかなか効率的に就活を
していくのは難しいですよね。

 

 

そのようなめんどくささを感じてる方には
スカウト型、逆求人サイトの【キミスカ】をおすすめします。

 

 

就活の選考情報を入力しておくだけで、

 

企業側からスカウト、特別選考オファーを
もらえることができます。

 

 

自己PRを登録しておくだけで企業側からスカウトされますので、

 

エントリーシートの作成等が不要になり、
効率的に就活を進めることできます。

 

 

就活の一連の作業がめんどくさいと感じている方に
特におすすめです。

 

 

待ちの状態でも企業にエントリーできるお得なサイトです。

 

 

登録無料であるため、
もしよろしければこの機会に活用してみてはどうでしょうか。

 

 

キミスカ

キミスカ

 

選考状態をシェアすることで、企業から選考オファーをもらうことができます。
待ちの状態でも就活を進めることができる数少ない就活支援サイトです。

 

  • 逆求人のため一社一社エントリーシートを作成することが不要。
  • 落ち込んで就活が停滞しても登録しておけばオファーがくる。
  • 大手からのスカウトで一発逆転も。

 

キミスカの詳細キミスカ

 

 

 

 


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!