就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

文具メーカーから内定!Uさんの就活

こだわり続け妥協せず業界絞った結果内定に繋がった【メーカー業界】

お名前 Uさん
年齢 21歳(17卒)
性別 女性
職業 大学生
出身大学・学部 D大学・文化情報学部
内定先の業界 文具メーカー
内定先の職種 職種:企画・総合職

 

 

就職活動ではどのような業界を受けましたか?

文具のメーカーに絞って受けました。

 

自社で文具を作っている企業であれば、
教育業界や商社からも数社受けました。

 

その業界を志望した理由はなんですか?

ご自身の就活の軸も合わせてお答えください。

単純に、文房具が好きだったからです。

 

デジタル機器の発達とともに
ものを「書く」という機会は減っていますが、

 

だからこそ「必要だから書く」のではなく
「楽しいからあえて書くことをえらぶ」ことが

 

できるような文具を作りたいと思い、この業界を志望しました。

 

 

就職活動では、
特に今後の人生に可能性を持っている子どものための文具や教育文具、

 

また人口的に最も多いシェアを占めているお年寄り向けの文具、
そして何より私の式な文具である万年筆を作っている企業で働きたいと思い、

 

就活の軸にしていました。

 

就活をしていく中で大変だったこと、失敗したことはなんですか?

最も大変だったことは、

 

万年筆の国内三大メーカーといわれている企業のうち、
新卒採用を行っている企業が1社しかなかったことです。

 

 

その1社は万年筆だけでなく
文具全体でも大きなシェアを占める大企業で、

 

相当な倍率が想定されました。

 

 

また、自分が万年筆に特化した知識をもっていることで、

 

他の文具、特に筆記具にたいする先入観が多くあり、
製品を色眼鏡で見てしまうことが多くありました。

 

 

自分の知らないことに対して謙虚な気持ちが必要でした。

 

 

文具業界自体の先が短いといわれていることも、
ネックのひとつでした。

 

 

親や周囲から心配され、
それがプレッシャーや迷いにつながりました。

 

 

あとは余談ですが、

 

3月にあった説明会に行くためにコートを着て家を出て、
本社の前に着いてコートを脱いだらなんと

 

スーツのジャケットを着忘れていたことがありました。

 

 

もう一度コートを着るわけにもいかず、

 

クールビズでもないのに一人シャツで
説明会を受けるのは大変に恥ずかしかったです。

 

どのように就活の苦労、大変さを乗り越えましたか?

まずは、自分がその業界について何も知らないということを自覚する、
まさに「無知の知」でした。

 

 

なまじ事前に企業などの知識がありましたが、
名のある万年筆メーカーはほとんどが海外の企業であり、

 

 

日本国内で日本の企業を相手に就職活動をする上では
その知識は参考になりません。

 

 

まっさらな気持ちで、1から企業研究や業界研究をしたおかげで、
今まで知らなかった筆記具以外の文具メーカーについて理解ができました。

 

 

また、文具業界は出版同様先が見えないといわれており、
就職活動中にも周囲から指摘をされました。

 

 

ですが、それも自分はこの業界で働きたいんだという思いを新たにし、
自分の志望動機を改めて整理するとても良い機会になりました。

 

 

説明会にスーツのジャケットを忘れた企業は、
特に選考に影響することもなく無事内定を頂いて大変ほっとしました。

 

内定をもらうことができた要因は何だと思いますか?

内定獲得の勝因を教えてください。

「書くことが好き」という気持ちが伝わったのではないかと思います。

 

 

よく「就活は恋愛と同じ」といわれますが、
その通りなぜ自分が文具メーカーで働きたいのか、

 

その中でもなぜこの企業なのか、
ということを素直な気持ちで伝えました。

 

 

また、あとから人事の方に伺ったのですが、

 

筆記試験の点数が大学のレベルと比較してとびぬけて
良かったため気になっていたそうです。

 

 

筆記試験に向けては特になにか大した対策をしたわけではありませんが、
大学4年間ずっと塾講師のアルバイトをしていたことで

 

高校までの学習内容を忘れずに定着できていたことが
勝因のひとつではないかと考えています。

 

 

筆記試験の出題内容は、専門知識が必要な職種を除けば
ほとんど高校入試レベルの問題です。

 

 

それも、英数国と時事問題くらいのものでした。

 

 

そのため、まともに読み書き計算ができ、
大学入試に合格できるような英語力さえあれば通過できると思います。

 

 

企業によっては図形がひたすら並んだIQテストを実施しているところもありますが、
その場合はもはや対策はできません。

 

 

私も通過はしましたが、いまだに何が正解なのかは分かっていません。

 

 

そういう試験の企業に当たってしまった場合は、
仕方がないので祈りましょう。

 

就職活動を実際にしている学生へアドバイスをお願いします。

就職活動で最も大事なのは、妥協しないことです。

 

 

この先何度も心が折れそうになったり、
絶望したりするでしょう。

 

 

また、公務員試験や教員採用試験を控えて
就職活動をしている方はもっと大変な思いをするでしょう。

 

 

そんな中でもまっすぐに自分の信念を持って、

 

これからの人生に妥協しないためにまず就職活動と企業に妥協せず、
思い描く道を進んでいってください。

 

 

実は、先輩方や就職本などがあおるほど就職活動は忙しくありません。

 

 

説明会の開催時期が終わると、
週に2,3日は暇ができます。

 

 

ゼミなどと併せても、忙しくて潰れそうになることは恐らくありません。

 

 

そのため、
今しているアルバイトはやめない方がおすすめです。

 

 

もちろんシフトの都合などもあるでしょうが、
数か月だけ休職できるならそうして、

 

就職活動が暇になってきたらすぐに戻れるようにしましょう。

 

 

就職活動は、意外とお金のかかるものです。

 

 

妥協せず、自分の軸を持って就活していくのは大切です。

 

 

Uさんの場合、メーカーの中でも特に文具メーカーと絞り込み、
それが結果に繋がりました。

 

 

こだわり続けることによって、それがやる気になり、
結果が出た良いケースです。

 

 

とはいっても、就職活動はやる気を維持させておくことが
難しいのが現実です。

 

 

やる気がなくなった時は
就活そのものが止まってしまうこともあります。

 

 

そんな時はスカウト型、逆求人サイトの【キミスカ】をおすすめします。

 

 

就活の選考情報を入力しておくだけで、

 

企業側からスカウト、特別選考オファーを
もらえることができます。

 

 

自己PRを登録しておくだけで
企業側からスカウトされますので、

 

現在就活のやる気が無い方でもこ
ちらのサイトに登録だけでもしておくことをおすすめします。

 

 

登録しておくことで急にスカウトがきて、
一発逆転になるかもしれません。

 

 

キミスカ

キミスカ

 

選考状態をシェアすることで、企業から選考オファーをもらうことができます。
待ちの状態でも就活を進めることができる数少ない就活支援サイトです。

 

  • 逆求人のため一社一社エントリーシートを作成することが不要。
  • 落ち込んで就活が停滞しても登録しておけばオファーがくる。
  • 大手からのスカウトで一発逆転も。

 

キミスカの詳細キミスカ

 

 

 

 

 


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!