就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

保守営繕業界に就職したHさんの就活

内定諦めない妥協しない、後悔しない道を進んで欲しい【保守営繕業】

お名前 Hさん
年齢 24歳
性別 女性
職業 会社員営業
出身大学・学部 O大学
内定先の業界 保守営繕業
内定先の職種 営業

 

就活でどんな業界にエントリーしましたか?

文化財団、葬祭業、自衛隊、テレビ制作、新聞社、飲食店など自分が興味あるところ、
いいなと思ったところはだいたいどこでも受けました。

 

それらの業界になぜエントリーしましたか?

これらの業界のを受けた根底には、

 

学生の頃より学んでいた文化政策とか
文化の普及とかそういったものがあって、

 

文化メセナをやっていたり博物館を持っている企業が中心でした。

 

 

自衛隊は国際的な文化交流を通じて紛争を無くせるのか、
とか平和を守ることが文化の発展に繋がるのではないかとか、

 

そういうことを考えていました。

 

 

他の就活生のように震災支援とかそういうことは全然考えていなかったです。

 

 

ただ自分の命を人類のため、文化のために使うのだと考えていました。

 

 

葬祭業は某就活支援サイトのキャリアコンサルタント奨めで受けました。

 

 

就活中大変だったこと、失敗談を教えてください。

とにかくいつまでたっても内定をもらえなかった一番大変でした。

 

 

当時は、自分のことをたった15分ぐらいの面接で何がわかるのだ、
と本気で思っていたし、

 

最終面接では女子はスカートがいいという噂もあり、

 

結局助平心でしか採用しないんだろう、
と思いそれに反発していたのも内定をもらえない理由だったと思います。

 

 

社会を信じていなかったし、
絶望していたのがきっと相手にも伝わっていたんだと思います。

 

 

結局卒業間近の3月まで就活していて、
社会に必要とされていないような錯覚に陥り精神的にとても参っていました。

 

 

さらに当時は自動車免許を取っておらず、
もし万が一2次新卒となってしまった時、

 

幅を広げられるように、

 

社会人になったら時間がなくなってしまうと思って
自動車教習所に短期集中型で通っていました。

 

 

また、私の専攻では毎年卒業イベントをやっており、
その準備もしていました。

 

 

そのため1月から3月にかけては就活・卒論・教習所
さらに大学の卒業イベントの準備にも追われるという、

 

2足のわらじどころか4足のわらじを履く過酷な生活を送っていました。

 

 

実際の就活で苦労したことは何でしたか?

まず、書類を書く時間の確保やスケジュール管理です。

 

 

就活当初は履歴書は書き損じしたら全部やり直していたのですが、
学校の書式の履歴書は20枚200円とか馬鹿になりません。

 

 

写真もお金かかります。

 

 

とにかく就活貧乏だったので、

 

最終的に諦めて修正テープを駆使して短い時間で
たくさん書類を書くようにしていました。

 

 

写真も6ヶ月は使えるという前提のもとCDROMに焼いたものを
肌色等加工したりしながら自宅で印刷していました。

 

 

たまにコンビニで勝負したいところは印刷していました。

 

 

あとは締め切りです。書類の締め切りばかりは速達で
どうしようもないときはまかなっていました。

 

 

あとは私生活や学生生活との兼ね合いで、

 

幸い4年生になる頃には授業はほぼ取り終わっていたので
スキマ時間を有効に使えました。

 

教習所の授業はかなりの頻度でキャンセルを余儀なくされ、
また運転技術に未熟さがあることもあって予定よりもかなり伸びてしまいました。

 

就活で内定をもらうことができたのはなぜだと思いますか?

内定をもらった会社が唯一いま働いている会社だけだったので
あまり参考にならないかもしれません。

 

 

一番は上記項目でも書きましたが、

 

社会を信じていなかったり絶望したり、
そういう側面をはっきりとやめたことです。

 

 

迷いを完全に面接の日は断つ事ができたので、
明るく堂々と対応ができました。

 

 

内定をもらった時、面接した社長からは
どうしてこんな明るい子が今まで内定取れて来なかったの、

 

と言われる始末で、
最初から堂々としていればよかったなと思います。

 

 

もちろんかなりの人見知りなのでいままでの面接は
それを発揮してしまったのも原因かもしれません。

 

 

多分、面接の雰囲気が明るくてリラックスも出来たのでそれもあったと思います。

 

 

いい雰囲気で話ができた会社でも私はかなり落ちていたし、
面接者の合う合わない、そう言うものもかなり関わっているのでしょう。

 

 

たとえ落とされ続けても、面接者と合わなかったんだ、
と開き直るしか無いですね。

 

 

最後に就職活動している学生へアドバイスをお願いします。

辛く悲しい思いもたくさんすると思います。

 

 

私のように落とされ続ける人もたくさんいることでしょう。

 

 

でも上記で述べている通り、

 

結局合う合わない、の世界なのではないかと思うので、
落ち続けても気にしすぎては行けません。

 

 

それよりも何よりも、自分の後悔しない道をちゃんと歩むことです。

 

 

私はもともとは舞台芸術を志し、
文化政策を学び大学院にすすむことも真剣に考えたうえで、

 

奨学金ややらねばならぬことがある、
そう信じて就職という道を選びました。

 

 

私はそして入った会社でつらい思いも悲しい思いもたくさんしています。

 

 

社会はずっとずっと厳しく残酷です。

 

 

そうなった時、振り返ってああしておけばよかった、
こうしておけばよかったと、後悔しない方向へと歩んで欲しいと思います。

 

 

私自身、つらい思い悲しい思いをしていますが、
それでも一度は社会人という経験を積むと決意したことは一切後悔していません。

 

 

特に夢を持っている人、その道を断って、就職を選ぶ人、
本当にそれで将来の自分が後悔しないかどうかちゃんと考えて欲しいと思います。

 

 

Hさんのおっしゃるとおり、
社会は凄く残酷です。

 

 

そのため、やはり就活では後悔がないような、
どんなに辛くても頑張れる企業を見つけることが重要です。

 

 

企業に入り、
働きながら後悔するのはとても辛くなります。

 

 

就職活動は先が見えなくなり、凄く不安で辛くなるかもしれませんが、
就活での企業選びは非常に大切です。

 

 

本当に自分が心から頑張れるような企業から内定をもらい、
後悔の無い就活にするのが一番です。

 

 

っといっても、現実はそんなに甘くはないですよね。

 

 

正直入社したくないけれど、他に内定がでなかったから
仕方なく入社しました・・・

 

という方は多いです。

 

 

妥協して就活を終えないためにも、
自分が納得できる内定がほしいですよね。

 

 

希望の企業から内定がもらえず、悩んでいる方は
就職エージェントに相談してみてはどうでしょうか?

 

エージェントは就活生の悩み相談のプロです。

 

 

私自身、就活支援サイトへの登録、そして
就職エージェントとの面談は就職活動の中で、

 

大きなターニングポイントになりました

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!