就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

住宅関連メーカーを受けたKさんの就活

やりたい仕事ではなく自分探しをした就職活動【住宅関連メーカー】

お名前 Kさん
年齢 32歳
性別 男性
職業 住宅設備機器メーカー
出身大学・学部 K大学・商学部
内定先の業界 住宅設備機器メーカー
内定先の職種 営業

 

就活でどんな業界を受けましたか?

住宅メーカー、住宅設備機器メーカー、インテリアや家具のメーカーを中心に
応募していました。

 

 

またコンビニエンスストア業界やスーパーなどの
大手フランチャイズの量販店の業界も回っていました。

 

その業界の志望理由を教えてください?

就活の軸についても教えてください。

住宅関連の業界を第一志望とし応募をしていたのは、
子供のころからの夢が大工だったからです。

 

 

純粋な文系でしたので設計や開発などの理系職種が
難しいことはわかっていたのですが、

 

やはり何かを作るという根本にある夢にできるだけ近い職業に、
一生のことだからチャレンジをしたいという想いが強かったです。

 

 

またコンビニエンスストアなど販売については、
大学のゼミでその業界の研究をしていたので、

 

勉強も兼ねながら第二候補の業界として応募していました。

 

 

一つの業界に絞っていると、

 

万が一全滅してしまうと苦労するという話を
先輩から良く聞いていたので、

 

その参考意見にならって全く違う業界でしたが
両方とも偏ることなく活動していました。

 

就活中に大変だったこと、失敗したことを教えてください。

スケジュール管理です。

 

 

クラブ活動の先輩から
いろいろとアドバイスをいただいていた関係で、

 

三回生から企業研究を進め
インターンシップなどにも比較的参加した方だと思います。

 

 

ただ参加するには時間がとられるので、
本格化した三回生から四回生に上がるときなどは、

 

説明会や面接などの時間が重なってしまうことも多く
非常に忙しい日々でした。

 

 

もちろんクラブ活動や授業も続けながら、
アルバイトもしなければ交通費だけでも結構な金額になっていたので忙しく、

 

逆にゆっくりと企業研究や将来のことについて考える時間がなかった気がします。

 

 

企業も多く自宅から1時間以内で
その会社に行ける場合が多くて助かりましたが、

 

まだそれほど時間に縛られるようなこともなかったので、
社会人になる前の良い予行練習になった感じです。

 

 

ですので人生で初めてスケジュール用の手帳を購入し、

 

細かい時間管理と日程調整をするなど、
しっかりと使いきった感覚があります。

 

 

その就活の苦労をどのように乗り越えましたか?

スケジュールを管理したつもりでも、

 

やはり不慣れでミスをしてしまって大事な面接に
説明会の予定が重なってしまったり、

 

志望度が同じくらいの企業の選考ステップが
同じ日になって選択を迫られることもありました。

 

 

やはり将来が確定していない中、
きっと重要になるだろう決断をしなければならない瞬間を感じることも多く、

 

その結果選んだ答えも正解かどうかわからない、
ある企業ともう一つの企業で、

 

一方の選考を優先したものの
その面接試験で落ちてしまった後では、

 

やはり後悔を強く感じてしまい落ち込む日々も少なくありませんでした。

 

 

全力で挑んで失敗や不合格であれば、
ある程度自分の中でも割り切れるのですが、

 

そういった自分で取捨選択をして決断した道が、
突然不合格という閉ざされた結果を突き付けられるとショックも大きかったです。

 

 

乗り切るためにはきっといつかは結果が出ると信じて、
再び活動を続けるしか思いつきませんでしたので、

 

何度もくじけそうになったのですが頑張りました。

 

内定をもらうことができたのはなぜだと思いますか?

具体的に教えてください。

気持ちの切り替えを出来るだけ早くし、
自分の心のコンディションを整えることです。

 

 

やはり不合格の通知を受けると、

 

たとえ志望度が低い企業であってもショックがありますし
テンションも下がります。

 

 

ただやはり新卒で就職活動をつづけるならば、
どこかに入社するというのがある意味ゴールであると思いますし、

 

最初に第一志望の会社があったとしても、
そこに入れることが出来る人なんてほんの一握りのはずです。

 

 

重要なのは社会人になって更に成長できるか、
その環境を手に入れ、活躍できるのかと思うと、

 

多少の失敗は恐れなく思い切って
チャレンジすることができるようになりました。

 

 

もちろん全て100点の活動ができるのが良いのですが、
失敗を恐れず、第一志望にしばられて

 

固定観念や先入観にとらわれないように
活動の幅を広げることで、

 

新しい発見をすることができました。

 

 

加えて最初の志望度の高い会社ばかりでなく
新しい魅力ある会社を発見できたことで、

 

どんどんと意欲を持って活動できたのが成功の要因だったと思います。

 

 

就活生に何かアドバイスをお願いします。

合格か不合格が、100点か0点しかないのが就職活動です。

 

 

どれだけ企業研究しても、面接が優秀でも80点だと合格ではなく
入社できなければ0点と同じなのが厳しいと感じるところだと思います。

 

 

信念が無いと迷いが生じて、辛い時に負けそうになると思います。

 

 

ただあまり強すぎる意志を持ちすぎると、

 

自分の道や視界が狭められて、
自分自身を追い込んでこちらも厳しくなります。

 

 

今、就職活動している方にとって
社会人や企業はまだまだ未体験の世界のはず。

 

 

わからないのが当たり前なのですから、

 

入社したい企業選びなんて、
本来なら非常に難しい問題のはずです。

 

 

それでも行きたい会社、
やりたい仕事を探さなければならないのだから、

 

そこは自分をがんじがらめにすることなく、
固定観念にとらわれすぎず活動することをお薦めします。

 

 

そしてできるだけ社会に出ている大人と沢山話をしましょう。

 

 

いろいろ言われると思いますが、
それもある一つの意見ぐらいで考え、

 

できるだけ就職活動を楽しむくらいの気持ちがいいと思います。

 

 

きっと人生においてこれほど
沢山の企業に出入りする機会はもうないと思います。

 

 

Kさんのお話しから、
就活はやはりマインド勝負ということがわかります。

 

 

「就職活動を楽しむくらいの気持ち」

 

そのくらいの気持ちでいかないと
やはり精神的にも就活は辛いですよね。

 

 

ジェットコースターのように
気持ちが浮き沈みする就活ですが、

 

その気持ちをどう乗り越えていくかが勝負です。

 

 

とはいっても、就活をしていると気持ちが切り替えが
難しいですよね。

 

 

落ち込んでいる時は就活が停滞しがちです。

 

 

そんな時はスカウト型、逆求人サイトの【キミスカ】をおすすめします。

 

 

就活の選考情報を入力しておくだけで、

 

企業側からスカウト、特別選考オファーを
もらえることができます。

 

 

自己PRを登録しておくだけで企業側から
スカウトされますので、

 

現在就活でモチベーションが
完全に無くなりやる気が落ちている方は

 

こちらのサイトに登録だけでもしておくことをおすすめします。

 

 

登録しておくことで急にスカウトがきて、
一発逆転になるかもしれません。

 

 

キミスカ

キミスカ

 

選考状態をシェアすることで、企業から選考オファーをもらうことができます。
待ちの状態でも就活を進めることができる数少ない就活支援サイトです。

 

  • 逆求人のため一社一社エントリーシートを作成することが不要。
  • 落ち込んで就活が停滞しても登録しておけばオファーがくる。
  • 大手からのスカウトで一発逆転も。

 

キミスカの詳細キミスカ

 

 

 

 


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!