就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

サービス業界を受けたYさんの内定までの道のり

自信がない人こそ質疑応答では真っ先に手を挙げよう【サービス業界】

お名前 Yさん
年齢 35歳
性別 女性
職業 サービス業
出身大学・学部 S大学・経済学部
内定先の業界 サービス業
内定先の職種 店舗経営・マネジメント
就活でどの業界中心にエントリーしましたか?

小売業、販売職などのサービス業界の就職試験を受けました。

 

その業界にエントリーした理由は何ですか?

詳細を教えてください。

私自身が人と話すことが大好きだったからです。

 

 

学生の頃から自分のおすすめのモノを友人に薦めて、
それを使った友人が「良かったよ!」

 

といってくれることにとてもやりがいを感じていました。

 

 

また、大学時代のアルバイトも接客業をしており、
お客さまに気持よくお店を利用してもらえるよう心がけることで、

 

「ありがとう、また来るよ」といって頂けることが
とても嬉しかったのです。

 

 

1人ではなく、スタッフみんなでチームとなってお店を作り、
お客さまをお迎えして最高のサービスを提供する。

 

 

そうすることで1人ひとりのお客さまに喜んで
帰って頂けるような仕事をしたい。

 

 

そのように考えて、

 

就職活動は小売業などの店舗を運営する会社などに
絞り込んで進めていきました。

 

就活をしていく中で大変だったこと、失敗したことはなんですか?

小売業、レンタル業などを中心に
管理職への道が開けている会社に何社かエントリーしましたが、

 

会社によっては男性がメインで活躍しているところも多く、
就職試験でも女性の応募者が少ないということもよくありました。

 

 

また、サービス業ということもあり、
朝から夕方までの定時勤務ではなく、

 

交代制の勤務がメインの会社がほとんどだったため、

 

「女性だけど大丈夫なの?親御さんは心配しない?」

 

などと面接の場で面接官から質問を受けることもありました。

 

 

最初の頃はそういった場で怖気づいてしまい、
はっきりと「大丈夫です」と返事をすることができませんでした。

 

 

また、男子学生が多い周りの雰囲気に萎縮してしまい、
面接で自信なく受け答えしてしまっていたので、

 

なかなか2時面接や最終面接まで進むことができませんでした。

 

 

就活が大変中、どう克服しましたか?

自分自身の弱さから、

 

しっかりと自己アピールができない状況から
脱却しないと内定をもらうことは出来ない。

 

 

そう思った私は、
就職試験の場で担当の方からの会社説明が終わった後、

 

いの一番に手を上げて質問をするようにしました。

 

 

少しでも手を挙げるのを躊躇してしまうと出遅れてしまうので、
自宅で素早く挙手をするイメージトレーニングをして就職試験に臨みました。

 

 

会社説明を聞きながら質問したいことをしっかりと考えて絞り、

 

質疑応答の時間になった瞬間に
頭で考えず条件反射でパッと手を挙げるようにしました。

 

 

一番に手を挙げると他の学生の中でも目立つことができるし、
意欲もあると思ってもらえます。

 

 

なにより自分から積極的に手を挙げることで、
自分自身のセルフイメージが高まるので、

 

おどおどすることなくハッキリと発言をすることができるようになりました。

 

内定獲得の理由を詳しくお聞かせください。

誰よりも積極的に行動するようにしたことで、
自分自身のセルフイメージが変わったことが大きな勝因だと考えています。

 

 

最初はとても勇気が入りましたが、
他の人に先に手をあげられて

 

「しまった!先を越された…」

 

と追い込まれるよりも、
条件反射で一番に手を上げてしまったほうが心に余裕が持てることを学びました。

 

 

「他の学生よりも行動を一歩リードできている」という余裕から、
人からの視線にも物怖じせず堂々と自己アピールをすることができるようになりました。

 

 

また、自分に自信が持てるようになってからは、

 

男性メインの業界の中で、
逆に女性であることを強みとしてアピールすることができるようにもなりました。

 

 

その積極性と「この会社でこんな風に働きたい!」という熱意が伝わったことが、
希望の会社で内定をもらえた理由だと思っています。

 

現在の就活している方に何かコメントをお願いします。

わたし自身もそうでしたが自分に自信がない人は、

 

就職試験でのせっかくのアピールの場でも
上手く発言できずに悔しい思いをしているかもしれません。

 

 

その殻をやぶり、自分が希望している会社への内定を勝ち取るためには
何よりも行動スピードを意識することが一番だと私は思います。

 

 

企業は新卒社員にスキルや経験は求めていません。

 

 

欲しいのは、
その人自身の情熱や、やる気、素直さなのだと思います。

 

 

企業が学生に一番求めているものを掲示するために、

 

就職試験の場では誰よりも先に手を上げて質問をしたり、
発表をすることを強くオススメします。

 

 

「とんちんかんな質問をしてしまったら…」

 

などと悩む必要はありません。

 

 

企業が新卒採用の場で重視するのは、
その発言の内容よりも

 

「積極的に会社のことを知ろうとしているか、自分を売り込みにきているか」

 

なのです。

 

 

だから、まずは自分から真っ先に手を上げて、
他の学生よりもいち早くアピールをする。

 

 

それを心がけるだけで、自然と自分にも自信がついてくるので
就活自体を余裕を持って楽しめるようになってくると思います。

 

 

私自身、このやり方で就活をするようになってからは、
ある種ゲームのように就活を楽しめるようになりました。

 

 

就職活動を通して内気な自分が殻を破って大きく成長できたと思いますし、

 

希望の会社から内定をもらえたことで、
自分自身へのさらなる自信に繋がりました。

 

 

その自信は入社してからもことあるごとに私を勇気づけてくれ、
やりがいのある仕事を続けていく大きな支えとなりました。

 

 

Yさんの内定獲得の勝因は
積極的に行動したことです。

 

 

積極的な行動は就活のどんな場面でも
アピールをすることができます。

 

 

そんな積極性は本番の面接試験でも表れ、
強みとなります。

 

 

しかし、そこまでガツガツできない
性格の方もいらっしゃいますよね。

 

 

そんな時は就活サイトの自己PRだけでも
アピールしておくのはどうでしょうか。

 

 

スカウト型、逆求人サイトの【キミスカ】
サイト登録、就活の選考情報を入力しておくだけで、

 

企業側からスカウト、特別選考オファーをもらえることができます。

 

 

自己PRを登録しておくだけで
企業側からスカウトされますので、

 

エントリーシートの作成等が不要になり、
効率的に就活を進めることできます。

 

 

待ちの状態でも企業にエントリーできる
お得なサイトです。

 

 

特に説明会等で
なかなか自分をアピールできない方には

 

こちらのサイトだけでも
アピールポイントを記載しておくことをおすすめします。

 

 

登録無料であるため、
もしよろしければこの機会に活用してみてください。

 

 

キミスカ

キミスカ

 

選考状態をシェアすることで、企業から選考オファーをもらうことができます。
待ちの状態でも就活を進めることができる数少ない就活支援サイトです。

 

  • 逆求人のため一社一社エントリーシートを作成することが不要。
  • 落ち込んで就活が停滞しても登録しておけばオファーがくる。
  • 大手からのスカウトで一発逆転も。

 

キミスカの詳細キミスカ

 

 

 

 


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!