就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

建築業界を中心に受けたYさんの就活

【体育会系就活】今思えば学生時代の終活が最も大事な時【建築業界】

お名前 Yさん
年齢 30歳
性別 男性
職業 運送業
出身大学・学部 K大学・体育学部
内定先の業界 建築業界
内定先の職種 建築業界、飲食業界

 

 

どのような業界の選考を受けましたか?

建築関係の営業の他にサービス業で
外食産業を中心に選考を受けていました。

 

その業界を志望した理由をご自身の就活の軸と合わせてお答えください。

私は上記の通り体育学部でしたので、

 

とにかく頭を使って机の前にいるという仕事よりも
とにかく体を動かして働ける仕事に就きたいという思いがありました。

 

 

その為、体育会系の営業の会社か学生時代のアルバイト経験を活かして
飲食店で働こうかと思い就職活動をしていました。

 

 

どちらも体を動かす事がメインの仕事でして、

 

営業に関しては建築はやはり営業をするのなら
最もキツイと言われている事もあり、

 

建築業界で荒波に揉まれれば
社会人として大きく成長できると考えました。

 

 

とにかく部活中心の生活を送っていた私としては日々成長ができ、
頑張ったら頑張っただけ評価されたり、

 

数字に現れたりといったシンプルな所も魅力的に関していた所です。

 

就活の中で難しかったことは何でしたか

あれだけ会社の数があると、
とにかく志望動機が困りました。

 

 

これは新卒の時だけの悩みでは無いのかもしれませんが、

 

とにかく今の時代は家電等を見ると分かると思うのですが、
商品に大きな差が無い事に気が付くと思います。

 

 

選ぶ基準が好みだったりしますよね。

 

 

家電では確かにその選び方で何の問題も無いのですが、
終活ではこの企業が好みなので志望しましたといっても相手には伝わりません。

 

 

ですがそうなっても仕方がない位、
この企業ならではの事というのは無いものです。

 

 

サービス業ではよくマニュアルが存在しませんと書かれていたりしますが、
マニュアルが無いので志望しましたとお伝えたら、

 

好き勝手やりたいのかと思われてしまったり、

 

企業がアピールしている所が実際に面接で活かされるとは
限らないというのが非常に困ったポイントでした。

 

 

その為、抽象的にならない上に、
自分の希望だけを言わない様にととても苦労しました。

 

 

 

どうやって就活の難しさを乗り越えましたか?

とにかく志望動機で避けたいのが、
企業側にそれウチでなくてもできますよね。

 

 

と思われる事ですので、
そうならない様に私は新卒が使える唯一の方法で面接を突破していきました。

 

 

それが熱意です。

 

 

正直企業側は新卒の採用で能力や知識なんて求めていません。

 

 

今まで何をしてきて、この会社に入社してどうしたいか、
どうなりたいかが知りたいのです。

 

 

企業の採用担当の方はプロですので
正直言っている受け答えが嘘かどうかは見抜いていたりします。

 

 

ですので上手く言おうという考えを捨てて、
とにかく返事を大きくしたり、大げさに頷いたり、

 

手を使って会話をしたりと大の大人がやったら多少見苦しい位の
オーバーアクションで熱意をアピールしていきました。

 

 

話すのが得意な人の場合は
採用担当の人と仲良くなってという方法や、

 

上手く話したりができると思いますが、
私はそういった事がとても苦手なタイプでしたので、

 

そこを活かして緊張して上手く話せていないのだなと思って
貰える様にしてそこに熱意を加えて乗り越えたのです。

 

 

内定獲得の勝因を詳しくお聞かせください。

私は新卒の中では比較的有利なポイントがありました。

 

 

それが体育の大学に進学しているという事です。

 

 

結構有名な話ですが体育会系の学生は就職率が
良いという話を耳にした事がある人も多いと思います。

 

 

実際に体育の大学まで行くと部活動はとにかく厳しいです。

 

 

先輩の命令は絶対ですし、
理不尽なんて日常茶飯事の世界です。

 

 

ですが、これは社会人になると
日々至る所で起きている現実です。

 

 

新卒の離職率が卒業後3年以内に3割というデータがある通り、

 

中々学資時代の考えが抜けずに社会でいきなり理不尽な目に合ってしまうと、
免疫が無い為すぐに辞めてしまうのです。

 

 

企業からしたら
そんなにすぐに辞められてしまったら大きな損失な訳です。

 

 

その為入社してもしっかりと意地でもついてくるといった感じの
体育系の学生は必要とされているのです。

 

 

それが基本としては、

 

私の場合は高校時代に
インターハイに出場している事が自分の自信にも繋がり、

 

履歴書の欄でも面接官の目に止まり
採用率をグッと引き上げるのです。

 

 

一流大学がどうして就職率が高いのかというと、

 

辛い状況の時に努力して大学に入学したという過程や
結果をとても評価している為です。

 

 

それと同様で体育会系の部活での結果も
新卒の時のアピールとしてとても大きな力を発揮します。

 

 

事実私はそれで面接の時とても話が盛り上がり、
即内定を貰う事ができた企業もありました。

 

最後で就活生へ何かアドバイスをお願いします。

色々な就職マニュアルが世の中には出回っていますが、
それよりも何よりも大事なのは実践です。

 

 

どんな事よりも知識よりも経験です。

 

 

勿論一般常識テスト等では知識がとても重要になりますが、
一般常識試験だけで採用試験が終わる会社はありません。

 

 

面接は暗記だけで突破できる程甘くはありませんし、
どんな質問がくるのかなんて正直その時になってみないと分かりません。

 

 

最初面接をしてみると分かると思うのですが、
自分が思った様には話す事ができないと思います。

 

 

色々と考えていったつもりだったのに
本番になってしまうと飛んでしまうというパターンです。

 

 

ですが実際に慣れていない事をすると
失敗する確率が高いのは当たり前なのです。

 

 

面接でスムーズにお話をしたいのであれば
面接を沢山して経験を積むしかないのです。

 

 

ですのでとにかく新卒の時は
不採用なんて気にしないでドンドン色々な企業を受けてみてほしいです。

 

 

卒業して中途採用を受けると分かるのですが、
新卒の時みたいに丁寧に説明会なんてやってくれませんし、

 

未経験からでは入社できなかったりと
新卒はその時のメリットが沢山あります。

 

 

だからこそとにかく沢山の企業をまずは受けてみる事をお勧めします。

 

 

習うより慣れろです。

 

人生のターニングポイントです。

 

精一杯頑張って下さい。

 

Yさんのおっしゃるとおり、
就活では自分が入社したいという熱意が大切です。

 

 

どんなに知識をもっていて、
それを面接で話したとしても、

 

実際に企業で働いている面接官は、

 

就活生を全く知識を持っていない学生
という前提で話を聞いています。

 

 

じゃあ最終的にどこを評価をしているの?
というと、やる気、熱意になります。

 

 

面接官は就活生の本気度はすぐに見破ります。

 

 

面接は必ずは絶対に入りたい!
という強い気持ちをもって面接していきましょう。

 

 

就活を効率化させたい方は
スカウト型、逆求人サイトの【キミスカ】の活用をおすすめします。

 

就活の選考情報を入力しておくだけで、

 

企業側からスカウト、特別選考オファーを
もらえることができます。

 

 

自己PRを登録しておくだけで
企業側からスカウトされますので、

 

エントリーシートの作成等が不要になり、
効率的に就活を進めることできます。

 

 

待ちの状態でも企業に
エントリーできるお得なサイトです。

 

 

登録無料であるため、
もしよろしければこの機会に活用してみてください。

 

 

キミスカ

キミスカ

 

選考状態をシェアすることで、企業から選考オファーをもらうことができます。
待ちの状態でも就活を進めることができる数少ない就活支援サイトです。

 

  • 逆求人のため一社一社エントリーシートを作成することが不要。
  • 落ち込んで就活が停滞しても登録しておけばオファーがくる。
  • 大手からのスカウトで一発逆転も。

 

キミスカの詳細キミスカ

 

 

 

 

 


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!