就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

内定先がブラック企業かどうかは三年以内離職率や平均勤続年数だけではわからない。入社前の準備と覚悟が就職活動後には必要。

内定先がブラック企業かどうかは三年以内離職率や平均勤続年数だけではわからない。入社前の準備と覚悟が就職活動後には必要。

 

サポカツのダイキです。

 

 

就職活動が終わり、
既に内定をもらった人にとっては、

 

もう絶対に就活なんかしたくない!

 

 

と思っている方は多いのでは、ないでしょうか?

 

 

内定もらったら、もうあんなめんどくさいこと、
したくないですよね・・・

 

 

しかし、内定をもらってしばらく経ち、
不安になるのが、

 

本当に内定先、大丈夫かな??

 

といった気持ちです。

 

 

そう思って、ネットで自分の内定先のことを、
調べて検索してみると、

 

「ブラック」という文字が・・・

 

余計に不安になってきますよね。

 

 

就活している時というのは、
多くの就活生は、

 

就職四季報で、
3年以内離職率や、平均勤続年数を見て、

 

ブラックっぽいかどうか、
判断すると思いますが・・・

 

実際にはそれだけの情報では、
ブラック企業かどうか判断するのはとても難しいのが現実です。

 

 

今回は、内定先がブラックかどうか、
不安な方に向けたお話しをしていきます。

 

 

三年以内離職率や平均勤続年数だけは企業のことはわからない

既にお伝えしたとおり、
就職活動時に参考にする、

 

三年以内離職率や平均勤続年数だけは、

 

本当に内定先がブラックかどうかを調べることは、
難しいです。

 

 

企業自体が凄くホワイトなのに、
配属された部署が超ブラックで、

 

入社1年半で退職をした、
という友人を知っていますし、

 

逆に世間で超ブラックと言われている会社に、
入った友人は、

 

生き生きと働いてますし、

 

ブラック企業だとウワサされている会社で働いて、
メンタルを壊してしまった友人もいますし、

 

本当に企業の実態がどうなのか・・・?

 

というのは、
正直なところわかりません。

 

 

確かに、三年以内離職率が明らかに高かったり、
平均勤続年数が2年とかの企業は、

 

そうとう危なそうな企業だと言えますが、

 

一見よさそうに見える企業も、
実は入ってみたら・・・

 

という企業も普通に存在します。

 

 

ブラックかどうかは入ってみないとわからない

内定先がブラックかどうかは、
正直なところ、

 

入社してみないとわからない、

 

と言ってしまってもよいでしょう。

 

 

でも、怖いのが、

 

こういったブラック体質なところは、
どの企業でもありえるということです。

 

 

最近社会では、パワハラ関係のニュースが、
あちこちでされていますが、

 

ああいったことは、
正直なところ、

 

大手有名企業などでも、

 

どこかの部署で、誰かしらはやっていると言ってしまっても、
よいでしょう。

 

 

よくあるのが、

 

就活で超大手企業から内定をもらえ、
物凄い期待をして入社したにも関わらず、

 

入社した部署が超ブラック部署。

 

 

同期は定時で帰っているのに、
自分だけは深夜まで残業・・・

 

おまけに上司はパワハラ野郎で、
もう精神的にズタズタ・・・・

 

というようなお話。

 

 

私の知人にもいました。

 

 

このような大手に入ったにも関わらず、
変なブラック部署に配属になり、

 

辞めたくても大手は辞めたくないから、
辞めれない・・・

 

こんなジレンマに陥っている人も、
多いです。

 

 

こういったケースに当てはまると、
どんなにブラックでも、

 

大手で一応三年は働こう、
という人も出てくるので、

 

そうなると、三年以内離職率も、
必然的に低くなりますよね。

 

 

これは、データを見ていないので、
なんとも言えないのですが、

 

大手企業で離職率が低い企業は、
せっかく大手に入ったんだから、

 

3年は働こうと決めている、
新人が多いのではないかと考えます。

 

 

入社前には覚悟が必要

内定先がブラックかどうかは、
入ってみるまでわからない・・・・

 

 

そう言われると、
入社式がめちゃめちゃ怖くなりますよね。

 

 

そんな時におすすめなのが、
入社までに覚悟を決めておくこと。

 

 

あと、自分に、

 

会社を辞めるボーダーラインを、
予め自分で作っておくことです。

 

 

例えば、

 

もし、会社がブラックだった場合、
残業代がでなかったら、すぐに見切りをつけて辞める、

 

などの、退職決断ラインを決めておくことで、
もしもの時に、備えることができます。

 

 

この覚悟というのは、一度企業で働いてしまうと、
なかなか決めることができないものです。

 

 

どうしても、実際に働くと、
辞めてしまう恐怖が辞めたい気持ちを上回り、

 

辞めることが、
できなくなってしまいます。

 

 

そうならないためにも、
ボーダーラインを入社前に自分で作っておいて、

 

もしもの時に、
備えておくことをおすすめします。

 

 

これで、入社式までに、
少しは気持ちが楽になるはずです。

 

 

ブラックかも・・・まだまだ不安は残る・・・

内定先がブラック企業かも、
という不安がどうしても抜けない時は、

 

一度プロの就職エージェントに相談してみることを、
おすすめします。

 

 

今の内定先のことについて、
不安であること、内定先は正直どうなのか、

 

エージェントとじっくり話しをすることができます。

 

 

また、エージェントは企業の紹介も、
してくれますので、

 

今の内定した会社よりもさらに良い条件の求人を、
紹介してもらえることもあります。

 

 

エージェントを利用することで、
エントリーシート提出が不要になったり、

 

面接回数が減ったりするので、

 

もう就職活動が完全に終わり、
めんどくさいと思っている方でも、

 

そこまで労力をかけずに、
動くことができます。

 

 

今の内定先について、
迷っている方は一度相談してみることをおすすめします。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

就活の企業選びの軸に戻る


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!