就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

内々定を辞退して漫画家を目指したPさん

内定はでていたが自分が本当にやりたいことを考えた結果、内々定を辞退して漫画家目指した体験談

自己紹介

お名前 Pさん
年齢 30歳
性別 女性
職業 漫画家
出身大学・学部 K大学・外国語学部
就活をやめて進んだ道 漫画家アシスタント

 

当初、就職活動をした理由をお聞かせください。

漠然と大学を出たら就職しなければいけない、
みんなもずいぶん早くから就活していたからです。

 

 

就職活動はどんな感じでしたか?

私が学生の頃は、
早い人で3年生直前くらいから就活していました。

 

 

私はどちらかというと、漠然と考えていたわりに行動は
早めにしていたので3年生になったときから始めました。

 

 

まず、新卒サイトに登録しました。

 

 

大手各社に登録して、エントリーしたい興味の出た会社の
説明会には進んで足を運びました。

 

 

就活をしているうちに、意識の高い他大学の友達もできて情報交換をしたり、
当時はSNSのmixiをみんなやっていてネットでどんどんつながって

 

とにかくいろんな人と会う、
繋がるうちにいろんな会社の人事部の人とも仲良くなって、

 

食事に行って、
直接細かなことをたくさん聞きました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





どうしてそこから進路変更しようと思いましたか?

いろんな人と友達になって、会社のことも社内の人に聞けて、
大学に行った後は会社説明会に行き、急いで戻ってアルバイトに行く。

 

 

1日があっという間にすぎていき、なんだか充実はしていました。

 

 

知らぬうちに人と比べることも多くなりました。

 

 

私の方がすごく積極的に動いている、
すごく頑張っているとなぞのライバル心を燃やしていました。

 

 

ちなみにこのとき、内内定2社でした。

 

 

同じ大学で就活をまったくしていない友人がいたのですが、
なぜしないのかと聞くと、会社に就職するだけがすべてではない、

 

みんな同じようにスーツ着て説明会とか
言って気持ち悪いと言われました。

 

 

彼女は大学卒業後は、
舞台女優になりたいから絶対就職はしないと言いました。

 

 

そんな大きな夢をもっているのかと感心したとき、
ふと私って本当に会社で働きたいのかな…

 

なんか周りに流されて意識高い自分に酔ってるだけなんじゃないか?

 

と思ったのです。

 

 

自分の本当にやりたいことは何なのかを改めて自己分析しました。

 

 

素直な気持ちで紙に向かってやりたいこと、
これから先10年でどう自分は変わっていたいのか、

 

ライフワークバランスを考え、
書き出すと会社に就職することへのパーセンテージが異様に低かった。

 

 

つまり、私は就職したいのではないと、
就活を1年近くやってようやく思ったのです。

 

 

そう思った瞬間、
今までの就活を否定はしませんが、

 

なんてダメな時間の使い方をしていたんだろうと
思い始めました。

 

 

就活がなければ、こんなにいろんな考えを持つ同世代と
知り合うこともなかったし、

 

社会人のみなさんと話すことも絶対なかったので無駄ではなかったのですが、
やはり根底では何してたんだろうと急に就活への熱が冷めました。

 

 

そこから漫画家を目指すことになったんですね。具体的にお聞きしても良いですか?

就活をやめて、内々定していた企業に
まず見送らせていただく旨の連絡を入れました。

 

 

私を採用するにあたって、半年近く付き合ってくださった人事の方は
とても親しみやすい方でした。

 

 

短い間とはいえども、やはりかなりお世話になっていますし、
私のために会社の経費と言ってもお金をかけてくれていたわけです。

 

 

そして新しく採用しなければいけない人が出てきたので、
またその人を確保する分にお金をかけなければなりません。

 

 

申し訳なさが先立ちましたが、
会社にお邪魔して素直に自分のやりたいことがあるからとお伝えし、

 

内々定辞退の旨をお伝えしました。

 

 

就活を通して知り合った友達とも、
一瞬にして疎遠になり、

 

お互いが利益だけのための関係で横のつながりが
大事とか言っていたこともよくわかりました。

 

(しかし、たくさんの人と知り合えたのはとてもありがたいことでしたので、
絶対無駄ではありません)

 

 

そして、漫画家になる道を選びました。

 

 

なぜ、漫画家なのかというと、実は何も知らなかった小学生のとき、
絵を描くのが楽しい、好きだという理由からです。

 

 

絵を描く職業はたくさんありますが、
漫画が一番身近だったのでしょう。

 

 

あのときの何も利益を考えていなかった、
すなおになりたいと思ったことを実現したいと思ったのです。

 

 

けれど、絵を描いていないブランクがありましたので、
とにかく大学残り1年間でなんでもいい、どんどん絵を描こうと描きました。

 

 

漫画の模写をしたり、デッサンの勉強をしたり、
映画を見たりしました。

 

 

漫画の専門学校などいまさら行けるわけがありませんし、
行ったところでなれるとも限らないので、独学です。

 

 

そして卒業してから、4か月くらいかけて40ページの作品を作り上げて
東京の大手出版社に持ち込みに行きました。

 

 

そのとき、アシスタントをしたいと申し出て、
漫画家の先生のもとで勉強させていただきながらアシスタント業務につきました。

 

 

実際に漫画家を目指してみてどうでしたか?

今思えば、進路変更してよかったと思えますが、
当時は自分のやっている就活は本当に必要なのか?

 

というのと、

 

就職しなかったら新卒扱いでなくなるから就職率が一気に下がるという
周りの声にもまれながらだったのでもちろん不安もありました。

 

 

しかし、就職にしろ自分のやりたいことにしろ、
誰かに何か言われてそのまま動く人生ほど

 

つまらなくきっと後悔するものはないと思います。

 

 

自分のその時の思いに素直に耳を傾けてみることが
その時に出せる最大の自分の答えです。あとからやっぱり間違っていた、

 

あのときこうしていれば・・・

 

と思ってもいいので、

 

とにかく自分の道を突き進む勢いがあって
ちょうどいいのではないかと私は考えています。

 

 

それが若さであり、若さゆえに暴走したら、
周りが必ず声をかけてくれます。

 

 

それも若いうちだけの特権なので、
どんどんなんでもやってみることが大切だなぁと今しみじみ思います。


就活をやめるかどうか不安なら

就活をやめるかどうか現在考え、不安になっているなら、
就職エージェントとの面談をおすすめします。

 

 

就職エージェントは一般的には就活生に求人を紹介したり、
就活対策をのサポートをしますが、

 

人生の進路相談のプロフェッショナルでもあります。

 

 

就活をやめるかどうか、
悩んでいるのならばm

 

一度就職エージェントに相談してみてはどうでしょうか?

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!