就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

就活中に学校の教師を目指したS.Tさん

最終面接に進んだ会社が悪質と大学に情報がよせられ違う道を選択

自己紹介

お名前 S.Tさん
年齢 38歳
性別 女性
職業 教師
出身大学・学部 M大学・学芸部
就活をやめて進んだ道 学校の教師

 

 

最初に就職活動を始めたきっかけを教えてください。

就職氷河期と言われた時代に
就職活動をすることになりとても不安でした。

 

 

大学卒業後に自分が
無職で実家に帰るのがとても怖かったのです。

 

 

ですから周囲の流れにのって
とりあえずリクルートスーツを購入し、

 

会社説明会などに通い始めました。

 

 

就活はどんな感じでしていましたか?

まずは合同会社説明会の要項が大学にたくさん貼りだされるので、
それを見てあちこちの会社説明会に参加しました。

 

 

そこで会社のパンフレットなどをもらって帰り、
エントリーするかを考えました。

 

 

エントリーを決めたらエントリーシートを書きますが、
これが一番大変でした。

 

 

文例集をそのまま使うと誰かとかぶってしまうため、
なるべくオリジナル性の高いものを書こうと試行錯誤しました。

 

 

エントリーシート提出後しばらくすると会社から連絡があり、
指定された日時に試験を受けに行っていました。

 

 

1次に合格したら2次試験の連絡が文書で届いたので、
各会社の指示に従って面接に行っていました。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





就活中に道を切り替えたきっかけを教えてください。

私が最終面接まで進んでいた会社が、

 

かなりブラックに近い形態で働かせているという情報を、
私の大学の卒業生が大学の就職課に知らせてきたというのです。

 

 

その内容は違法とまではいかないけれどもノルマがかなり高く、
田舎の寄宿舎に監禁に近い形で入れられて成果をあげなければならないというものでした。

 

 

その段階で
心身ともにボロボロになって実家へ逃げる新入社員も多いとのことでした。

 

 

私は悩みました。

 

 

正直いって仕事はどの仕事だって大変でしょうし、
辞めない人がいない職場なんてないのだろうとは思います。

 

 

厳しいノルマだってそれを乗り越えて
どの会社も成り立って行くのだとも思いました。

 

 

正直どこまでがブラックでどこまでが正常なのかが
学生の私にはピンときませんでした。

 

 

就職課の人にも相談したのですが、
こればかりは人生を左右するから下手なことは言えないと言われました。

 

 

大変な会社でも就職してノルマをこなして大きな業績をあげるかもしれないし、
就職しなかったことで次のステップに進めなくなるかもしれない。

 

だから本人と家族以外では答えはだせないと。

 

 

そこで実家に一度帰り会社の内容を両親にみてもらいました。

 

そこで両親は

 

「この会社はダメだ」

 

と即座に返事が返ってきました。

 

 

理由は

 

「歩いて誰かいそうな家をまわって商品の売り込みをするそのノルマがかなり高い。

 

企業同士の営業とちがって家への飛び込みは辛辣な言葉をかなり浴びる。

 

お前の性格では半年でつぶれてしまうだろう。」

 

というものでした。

 

 

そこで私は両親の許可を得て就職活動をやめました。

 

 

就職活動をやめた後、どうしましたか?

就職活動をやめた私は
浪人覚悟で教員か図書館司書を目指すことにしました。

 

 

2つの県の教員採用試験と
公立の図書館司書の採用試験に申し込みました。

 

 

それから私立学校の教員の採用試験と
司書教諭の採用試験もいくつか受けました。

 

 

試験を受ける前から大学の教員採用試験をサポートしてくれるような課や、
教員の資格をとるための授業を担当してくれていた先生に

 

毎日顔をだして勉強方法のアドバイスをもらいました。

 

 

勉強の進行状況をみてもらったり、
県によっての傾向と対策を教えてもらったり、

 

同時進行で小論文の添削もしてもらっていました。

 

 

卒業論文もありますから、
試験の勉強だけをするということは当然できません。

 

 

友人達が企業面接をどんどんこなしていく中、
私はひたすら勉強でしたので内定ももらう友達が増えていくにつれて

 

将来に対してとても不安になり、
やっぱりどこか会社を受けておくべきだったのかと思うこともありました。

 

 

一人だとかなり不安で孤独な作業です。

 

 

ですから先生方や同じ試験を受ける友人をつくって
精神的に支えあう必要があると痛感しました。

 

 

公立の教員採用試験は北海道、東北、関東…など

 

各ブロックで1県ずつしか試験を受けられませんので
私は違う地域の2県を受験することにしました。

 

 

私立の学校は募集がかかれば
とにかくあちこちに行って受験してきました。

 

 

結局は公立の試験はどちらの県も不合格でしたが、
私立の学校に採用されたので卒業と同時に仕事につくことができました。

 

 

当時、選択した道についてどう思いますか?

私の性格からいうと選択した道が合っていたと思います。

 

 

私の両親が言う通り私の性格では
飛び込みの営業はむいていなかったと思います。

 

 

ですが私が受験をやめた会社が悪であったかというと
そうとも言えないとも感じました。

 

 

私の友人がノルマが激しく高い会社で
一年間毎日歩きまわって家々を飛び込みで訪問して

 

商品を売り上げ会社の中で地位を築きました。

 

 

そして数年後には得たスキルを武器に
独立して会社をおこし成功しています。

 

 

要は会社の実態をよく調べたうえで、
あとはそれぞれの適正に応じて将来を選択するしかないのだと思いました。

 

 

適正とはいっても自分ひとりで決めるのはよくありません。

 

 

将来に対する不安にかられたり客観性に欠けたりしてしまうので、

 

信頼のおける大人の助言を必ず受けたうえで
最終的には自分で判断するのがいいと思いました。

 

 

どの道を進むにしても
自分の覚悟が伴わなければ挫折してしまうからです。

 

 

そしてなるべく挫折しにくい道を選ぶために
情報収集や自己分析をじっくりしてほしいと思います。


就活をやめるかどうかお悩みなら!

就活をやめるかどうかお悩みであれば、
就職エージェントに相談してみるのがいいです。

 

 

就職エージェントは就活生のサポートを行っていますが、
進路相談のプロでもあります。

 

 

就活をやめたいがまだ気持ちがはっきりしていない方は
一度就職エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

 

気になる方はこちらからどうぞ。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!