就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

面接官にはマニュアルの回答(暗記内容そのまま)ではダメ!理由「なぜ」を具体的に伝える面接は通過する

  • お名前:K・Tさん
  • 年齢:66歳
  • 性別:男性
  • 職業:自動車販売、整備等メーカー代理店の営業
  • 業界:国産自動車業界

 

短時間に履歴書のペーパーには表れない

就活の面接でペーパーの履歴書からは分からない人物像を見つけるのは、容易なことではありません。

 

 

面接される方も、日頃の自分とは、違った面が出たり、緊張から本来の自分が出せなかったりします。

 

 

何かを見出そうとする面接官と、自分の優れた点を何とかアピールしようとする受験者との間で、火花が散る決戦の場でもあります。

 

 

そこで、面接官が何を見ているのか、判定のポイントを知っておくことは、採用通知を受け取るために、最も大切なことです。  

 

 

第一印象は、さわやかで好感が持てるか

「失礼します」と面接室に入って来た瞬間から、「どうぞ」と勧められていすに座り、名を名乗るまでのごく短い時間で感じられる、いわゆる第一印象で、採用不採用の半分は決まるとも言われます。

 

 

まずは、服装です。

 

 

決して高価なもの、あつらえものと分かるビシッと決まったスーツでなくてよいのです。

 

 

場に応じた、清潔なものであれば、9800円のスーツで構いません。

 

 

背伸びをしてスーツに着られるのではなく、自分にあったスーツをきちんと着こなして臨みます。

 

 

声のトーンも大事です。やる気を示すために元気な声を出すことは大事ですが、部屋の大きさやその場の人数によって、適した声のボリュームがあります。小さすぎる声は、やる気のなさを感じさせますが、大きすぎる声は、常識のなさを感じさせます。

 

 

まっすぐに、相手の目を見て応えているか

普通、面接試験は、対面に並んだ複数の面接官を相手に、質問形式で行われます。

 

 

当社への志望動機などを、順番に質問されたり、順不同で、次々に質問されたりします。

 

 

その際には、しっかりと、相手の目を見て応えることが、大切です。

 

 

 

ただし、目を見ると言っても、質問者の方を

 

1)何となく見る。

 

2)首を回して見る。

 

3)体ごと見る。

 

という3つのパターンがあります。

 

 

どれも相手を見ていることに変わりありませんが、正解は、もちろん3)の体ごと見るです。

 

 

大切なことは、きちんと質問者の方を向いて、相手の目をしっかりと見て返答します。

 

 

相手ときちんと向き合えるか否かは、仕事をする上でも、職場での人間関係を築く上でも重要な要素ですから、面接官も見落としません。

 

 

当社への志望動機は、明確ではっきりしているか

「なぜ、当社を希望されましたか」という問いは、ニュアンスは違え、同じような内容で、必ずと言って良いほど聞かれる項目の一つです。

 

 

よく、「御社のこれまでの業績のすばらしさと将来性に魅力を感じて…」といった返答がみられるのですが、あまり好ましい回答とは言えない例です。

 

 

当社を受験している者は、誰しも当社の業績のすばらしさと次の時代への期待感にひかれて来社している訳ですから、これでは、一般過ぎて、あえて当社を選んだ理由が見えません。

 

 

「御社の開発した○○の優れた性能や事故防止装置△△の開発などに… 」と、業績のすばらしさにひかれたなら、どの業績なのか、具体的例をあげて応えるだけでも印象が違います。

 

 

判で押したような回答は避けます。

 

 

質問の意図や内容を的確にとらえ、会話が成立するか

面接官の質問内容を、明確にとらえて返答できるかも大事なポイントです。

 

 

質問に対して、即答するのは、一見、頭の回転がよさそうですが、質問内容からずれていたり、見当違いの返答になることがあります。

 

 

早とちりは、企業では、大きな事故や損失につながりかねません。

 

 

軽率な判断をしがちな人物だと見られる可能性もあります。

 

 

時には、一呼吸置いて、質問の意図を熟考し、返答するのも思慮深い人物との印象を与える場合があります。

 

 

また、「当社に何を期待されますか」といった質問には、即座に「それはなぜですか」と追加質問を重ねられることがあります。

 

 

その際も、間をおいて質問の意図を考え、「つまり…」「その…」と口ごもるのではなく、話をまとめて返答し会話のキャッチボールを成立させることが肝心です。

 

 

自分のことばで、語尾までしっかり話せているか

日本語の意思は、語尾に表れます。「〜できます」か「〜できません」か、語尾を聞かないと分かりません。

 

 

だから、語尾まではっきりと発声することが大事です。

 

 

語尾の発音が弱いのは、消極的なイメージを与え、企業側も是非とも必要な人材とは、評価しません。

 

 

語尾まで、はっきりと発声する人物は、はきはきしていて、きびきびした姿勢や態度まで加わると、若さや元気を感じ、企業が欲しがる新しい活力につながる人材としての評価を得る可能性が、高くなります。

 

 

「あの…」「その…」といった、自信のなさそうな返答は、活気もやる気も感じられません。

 

 

はきはきと場に応じたボリュームで、語尾まできちんと発声することは、やる気や将来性が期待できる人物像を表します。

 

 

まとめ

何より大事なことは、面接官に「もう一度会って話がしたい」と思わせることです。

 

 

強い印象を残すことが、大切です。入り口のドアを開けた瞬間から、見られています。

 

 

相手を正面から受け止め、相手の目を見て、語尾まではっきりと発声して答えることが大事です。

 

 

服装や髪型にも気を配ります。

 

 

相手の話をよく聞き、一語一語を大切に話すことが好印象を与えるコツです。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!