就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

医療関係の採用担当Uさんが教える面接の5つのポイント

え?そうなの?人事が思う意外と学生ができてない当たり前のポイント

お名前 Uさん
年齢 29歳
性別 男性
業界 医療関係

 

 

当たり前、あなたはできていますか?

面接をしていると、
結構な確率でがっかりしてしまうことがあります。

 

 

もちろん100点満点、

 

こちらの希望を満たした人が
そうそういるわけがないという前提ではありますが、

 

今回ご紹介する当たり前な5つのポイントの全てを
絶妙に外している方をよく見かけます。

 

 

せっかく企業に直接アピールすることのできる面接の場を、
少しでもよくしてもらえればと思い、

 

今回ご紹介させていただきます。

 

 

やはり大事、雰囲気の持つ力

採用したいのはやはり雰囲気を持つ人。

 

 

どんな人かというと、明るかったり、
楽しそうな雰囲気を持った人。

 

 

面接で例えば長所にエピソードを交えた回答を
してもらうような質問をした時に要注意です。

 

 

 面接官としては、長所が何なのかを知りたい。

 

 

加えて、その根拠となったエピソードに対して
発言者がどんな風に思っているかを感じ取りたいわけです。

 

 

エピソードを淡々と言われてしまうと、

 

あまり思い入れのない長所なのかな?

 

という風に感じてしまいます。

 

 

逆にすごく楽しそうに言うと、
この人はこの長所を理解していてかつ

 

これからも活かしていけそうだ、
とイメージがこちらにも湧いてきます。

 

 

声から感じられるプラスの印象

元気な声と、元気のない声。

 

 

どちらをあなたは聞きたいでしょうか。

 

 

きっと10人いたら10人は元気な声、
と答えると思います。面接官だってそうなんです。

 

 

何人も同じ形式で話を聞く中、
ハキハキした声なら持つ印象は自然とプラスになります。

 

 

逆にもごもごした声なら聞き取りにくく、
マイナスになってしまうことも。

 

 

声質の問題ではなく、
声を相手に届けようという

 

意識をしているかどうかが
重要になりますので、

 

声の低い男性でも諦めずに
ハキハキした声を目指して頂ければと思います。

 

 

回答は、自分の言葉で

今の時代、就職対策本が本屋さんに行けば
ずらっと並んでいます。

 

 

私も学生時代手に取ったこともありますし、
今でもたまに触れることがあります。

 

 

ですが、そこに書いてあるままの回答をしてくる学生さんは
本当に多いです。

 

さらに、1番で触れたように楽しく
エピソードを話してないものですから、

 

 

こちら側が受け取る印象は

 

作文を読んでいるのかな?

 

という感覚に近くなります。

 

確かに就職対策本の例文は
綺麗な言葉でまとまっています。

 

 

参考にする分には、
とても優秀な文をしています。

 

 

ただ、それを丸々答えられたのでは、
面接をする側としてはその本人の言葉が届いてきません。

 

 

丁寧な表現、客観的な視点、

 

小説や物語ならそういった場面が
必要なこともあるでしょう。

 

でも、面接官との短い時間で
演出じみたことをやるのは

 

正直、難しいです。

 

 

綺麗な演出で紐解かれる歴史ではなく、
我々はその人がどんな人か、

 

短い時間で掴み取るというところに
集約されているのですから。

 

 

準備していくるエピソードは、

 

自分の言葉で何を伝えたいのか
選ぶようにしましょう。

 

 

最後に話の順序だったり、
より伝わりやすさを求めて

 

就職本を参考に手直しするのはいいと思います。

 

 

自分の歴史に自信を持つ

答えにくい質問をされた時ですね。

 

 

よく完全に慌てて目線が泳いで、
出てきた回答は的外れなものだったり

 

変にごまかしを狙ったものだった。

 

 

こんなケースもよく見かけます。

 

 

決して圧迫面接を推奨するわけでも、
実施しているわけでもありませんが、

 

時に質問内容が受け手にとって
困るものだった場合に起こってしまいます。

 

 

よくあるのは留年・浪人した学生に対して

 

『この時期について教えて下さい』

 

と深掘りをしていくと、

 

前提が

 

『留年・浪人はよくないこと』

 

とあるのか、どの質問も深掘りされないように
さっと切り上げてしまいます。

 

 

他の人にはない期間を持っているのだから、

 

その期間にやったことをしっかりと伝えられれば
プラスに変換することもできるはずなのに、

 

どうしてかむしろマイナスととられかねない
行動を選んでしまっています。

 

 

自分の中で失敗したな、

 

と思っていることでもそれが何故失敗だったのか。

 

 

その失敗を踏まえ、
今はこういうふうに変化させている、

 

というようにプラスに転化させることができれば、
成長している証となりますので、

 

良い印象を与えられる可能性も高くなるでしょう。

 

 

最低限の礼儀

ここまで書いたことが全て完璧!

 

理想的な求職者さんだった……

 

と思った矢先。

 

 

会社を出るところのエレベーター内でネクタイを外し、
口にタバコの準備。

 

それを偶然すれ違った社長が見たりしたら。

 

採用する予定でいても、
即刻その求職者は不採用通知が送られることでしょう。

 

24時間365日、礼儀を意識しろとまでは言いませんが、
最低限礼儀を意識しているべき時間というものはあります。

 

 

面接開始時に、
後からきた面接官に対しても席を立って挨拶するとか、

 

そういう細かいところはかなりみられています。

 

 

絶好調の面接でも1発で壊してしまう、
礼儀作法については必ず意識してくださいね。

 

 

就活は勝負、勝負に気をぬくな!

今回紹介したものは、

 

事前準備がしっかりしている人も
起こりうることです。

 

一瞬気を抜いた時に
差し込まれた質問だったり、

 

面接が終わった安心感から気が抜けてしまったり、
面接中にパニックになって動転してしまったり…。

 

その全ては、
準備不足というよりも心の持ちようでカバーできるものです。

 

 

面接は就活生組からすれば、
企業の限られた椅子をとる椅子取りゲーム状態ですし、

 

企業からすればより優秀な求職者をゲットする貴重な機会。

 

 

どちらも真剣勝負を挑んでいる状態なのです。

 

 

その勝負事の間、
最低限の間だけでも気をピンと張り詰めさせていれば、

 

当たり前のことくらいは当たり前にできると思います。

 

 

あとは、あなたの回答から企業が
求める人物像を感じ取っていけば、

 

その企業とのご縁が生まれていきます。

 

 

良い企業と巡り合うためにも、
最大限効果的なアピールを面接ではしてくださいね!


面接の応用をきかせるなら就活支援サイトの活用がおすすめ!

こちらの就活サイトは予約することで、
就職エージェントとの面談が可能になります。

 

 

内定獲得の大きな助けになるので、
おすすめです。

 

 

興味のある方はこちらからどうぞ。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!