就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

就活のスーツの値段は青山でシャツ、下着、靴下、ベルト、ネクタイを含めて3万円程度。靴には4千円支払った。

就職活動前に準備すべきこと

はじめまして、もふもふと言います。

 

 

現在42歳、男性、会社員であり、出身大学は地方のK大学です。

 

 

学部は工学部であり、内定を頂いた企業は大阪の電機メーカーです。

 

 

就職活動をする前に皆さんがすべきことを説明します。

 

 

まず受けようとしている企業の情報を収集することはもちろん必要なのですが、企業の採用担当者に自分を採用してほしい、自分はフレッシュさを持った人間だということをアピールする必要があります。

 

 

そこで面接時に自分のフレッシュさをアピールできるようによれよれのスーツではなく、新品のスーツを用意することが必要と考えます。

 

 

人は見栄えで大きく印象を変えることができます。特に着ているもので自分の目指している印象を植え付けることが可能であると考えます。

 

 

私は学生時代、入学式のときしか着なかったスーツを1着のみ持っておりましたが、それとは別に就職活動のために1着、新調しました。

 

 

決して高いものではありませんが、自分をよりよく見せるための先行投資と考え購入しました。

 

 

そして、鞄と靴も安いけどそれなりのものを準備し、靴に関してはかっこよさよりも歩き易さを重視して購入しました。

 

 

そして、面接試験においてその新調したスーツを着て自分を存分にアピールすることで、第一希望の企業から内定をいただきました。

 

 

スーツを購入することがはじめての私にとって

私はスーツを自分ひとりで購入したことはありませんでした。

 

 

そのため、何が必要なのか、費用はどのくらいかかるのか、まったくといっていいほど無知でした。

 

 

普段スーツを着ている人を散々見てきたにもかかわらず、何をそろえたらいいのか、何色がいいのか、まったく分かりませんでした。

 

 

また、就職活動が始まる時期にそろえておくことは当たり前なのですが、お店に行き、すぐにその場で購入して持ち帰ることができるのかも知りませんでした。

 

 

そこで、大学の先輩に連絡をし、スーツを購入するためのノウハウ(費用、そろえるべきもの、お店、何色がいいのか、購入時期など)をとにかく聞きまくりました。

 

 

先輩はすでに何着かスーツを持っており、背格好も私と変わらなかったため、一式貸してあげるよと言われましたが、私の中では新品のスーツでフレッシュさを印象付けたいと考えていたため、予算のことも頭をよぎりましたが、自分で新調することを説明し、いろいろと購入する上でのノウハウを頂きました。

 

 

就職活動に使用するスーツの購入について

私は、就職活動に使用するスーツは就職活動の2ヶ月前に購入しました。

 

 

その理由は、就職活動時期は人それぞれであり、購入したいスーツが手に入らない可能性があると考え(混み具合よっては何週間か待つ可能性があるため)、事前に準備すべく行動しました。

 

 

ただ行動するにしても、そもそも自分でスーツを購入した経験もなく、何を基準に購入するか当初はまったく無知な状態でお店に行ったのを憶えております。

 

 

それでもお店に行くことで何らかの情報があるのではと思い実際に数店舗行きました。

 

 

初めて言った際、自分がなぜスーツを必要としているのかをお店の店員に説明し、懇切丁寧にスーツを選ぶ上での重要なことを何点か聞きました。

 

 

特に憶えていることは、動きやすさを重視した方がいいといわれたことです。

 

 

スーツを着慣れていない場合、必ず肩こりなどが起こりやすく、そのため、ただでさえ緊張した面接にスーツ慣れしていないことによるぎこちなさが重複するとうまくいくものもうまくいかにといわれました。

 

 

そこでスーツ、中に着るカッターシャツ、下着のシャツを何着か持ってきていただき、自分にあったものをピックアップしました。

 

 

他だそのお店では購入はすぐにはせず、その後、数店舗行って、他の店員の方はどう説明されるのか、自分にあったもの、自分が納得いった説明は他にないのか確認をしました。

 

 

結果、最初にいったお店、洋服の青山で購入することとなったのですが、自分で店員の方の説明に納得したため、靴や靴下も新調しました。

 

 

とにかく自分が納得したうえで購入することが必要であると考えます。

 

 

購入したスーツについて

私は当初、カッターシャツは白で、黒一色スーツを購入しようと考えておりました。

 

 

黒色のスーツを着た人に対しすっとしたイメージを持っていたため、そのイメージを描きつつお店で店員の方に説明をし見解を聞いてみました。

 

 

すると、フレッシュさを出すのであれば、青色か紺色にすべきといわれてショックを受けたのを憶えてます。

 

 

私の描いていたイメージとプロの店員のイメージがまったく一致しなかったからです。

 

 

私にとって青色のスーツは軽いように見られるのではといった先入観がありました。

 

 

しかし、実際に試着してみて感じたことは、黒色はすっとして入るが小生意気な感じに見え、一方、青色は若々しが十分感じ取れるように思えました。

 

 

実際イメージしていた色によるギャップの大きさ、目指した姿がフレッシュさであるということに立ち返り、店員の方の進めどおり、青色(少し紺色に近い)のスーツを購入しました。

 

 

ネクタイに関してはまったく好みがなく、知見もなかったため店員の方にそのスーツに似合うネクタイを選んでいただきました。

 

 

あまり目立たない程度の柄が着いている赤紫に近い色のネクタイを購入しました。

 

 

靴に関しては自分の歩きやすさを重視して購入し、鞄に関しては4千円程度のものを購入しました。そして下着、靴下、ベルトなどもろもろを含め3万円程度支払ったと思います。

 

 

就職活動に着ていくべきスーツに対する私からのアドバイス

決して無理をしない感じのものを購入すべきと考えます。

 

 

無理とは、金額的にもそうですし、動きにくいが見た目はかっこいいといったものを選ばないことなどです。

 

 

また、できれば一式そろえることをお勧めします。

 

 

理由は、スーツは新調していても、ネクタイやカッターシャツ、靴がそれにつりあっていないようでは自分の目指している印象付けがうまくいかない可能性があるからです。

 

 

決して着ているもの、身についけているものでその人の価値が決まるわけではありませんが、初めてお会いする人が自分に抱く第一印象はやはり見た目です。

 

 

面接時間はあっという間に終わってしまいます。

 

 

そのため、その短期間で自分をよく見せることが何より重要であり、自分の言動、振る舞いでも印象は変わりますが、見栄えで少しでもよく見せることができるなら、それにこしたことはありません。

 

 

そのためにも目立つことを考えるのではなく、普通の自分、普通だけど新入社員らしいなと思ってもらえるようなスーツを選ぶことをお勧めします。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一般的な男性のスーツに戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!