就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

就活後に気付いた就活に使える武器について・・就活中に知っておけば

就活後に気付いた就活に使える武器について・・就活中に知っておけば

お名前 A.Iさん
年齢 30歳
性別 女性
職業 農業職

 

何とかギリギリで内定獲得

私は農学部の出身で、
何とかギリギリで農業系の職種に就職が決まりました。

 

 

 

私の大学の農学部は男女比は半々で、教授にも

 

「最近はどんどん女の子が増えるなあ。
これからは女性が活躍する時代だなあ。」

 

 

と言われていたにも関わらず、
農業分野の企業はまだまだ男性が多く、

 

内定を受けとるまで非常に苦労しました。

 

 

私が実際に就活をしてみて実感した、
就職を有利に進めるための武器の揃え方をお伝えします。

 

 

周囲の人とあまり差はないのに、

 

むしろ成績が劣っているのに
就職が決まっていく人には共通項がありました。

 

 

私がもし大学生活をやり直せるなら、
必ず全てを実践します。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





サークルに所属して部長を務めること

まず1つ目は大学のサークルでは部長を務めるべきでした。

 

 

企業が求めているものに
リーダーシップや協調性、コミュニケーション能力があります。

 

 

いくら頭脳明晰でも、周囲の仲間同士と円滑に仕事を進められないならば、
優れた能力も空回りしかねません。

 

 

現在は特にコミュニケーション能力を重視する企業が増え、
私の会社でもそうです。

 

 

そこで、サークルの部長や女性の方なら副部長を引き受けることで、
面接官の方に

 

「サークル内で人望のある人物だ!
この人物のコミュニケーション能力は高い!」

 

という印象を与えます。

 

 

私が所属していたサークルで私の同期で部長になった男の子は、
実はジャンケンで決まりました。

 

 

誰もやりたがらず、みんなで恨みっこなしのジャンケンね、
などと、笑いながら決めたのです。

 

 

実は彼は面白くて、
人当たりもソフトですが、

 

酒癖が悪く、文化祭の催し物の最中に酔っぱらって
失態をしでかした過去を持っています。

 

 

成績もそんなにずば抜けて良かった訳ではありません。

 

 

でも、彼の就職活動はかなり順調でした!

 

 

私の上の代、1つ下の代、2つ下の代まで知っていますが、
歴代の部長さんたちはみんな、

 

 

「部長を務めました、っていうとかなり好印象を持ってくれる」

 

 

と、口を揃えて言います。

 

 

部長など面倒なことは誰もやりたがらないので、率先してやりましょう!

 

 

大変かもしれませんが、就職活動の方がもっと大変ですので、
それを考えるとお釣りがくるくらいです。

 

 

私の代の部長は、ジャンケンで負けた時

 

「ついてないー!この人数(10人)で負けるのか、俺はー!?」

 

などと悔しがっていましたが、今思えばついてないどころか、
かなりのラッキーボーイだったと思います。

 

 

バイトは内定をもらいたい会社で働こう

バイトは内定をもらいたい会社で働くべきでした。

 

 

これは早い時期からしっかりとしたビジョンを持っていることが大事です。

 

 

 

今の時代、入学直後、1年生から考えても早過ぎることはありません。

 

 

 

バイトをするのでしたら、考えなしに、
近所だから・時給が良いからなどの理由で選ぶのではなく、

 

就職したい会社の支社、下請け会社、関連企業でバイトをしましょう。

 

 

もちろんバイトをするだけではなく、真面目にシフトをこなし、
評価をあげておくのも大切です。

 

 

せっかくですから、その企業に就職することでのメリット・デメリットなどを
職場の人に聞いておくと良いでしょう。

 

 

生の声は本当に参考になります。

 

 

万が一

 

「ここ実はブラックなんだよね」

 

などと言われたら、早いうちにリストから消すことも可能です。

 

 

問題がなさそうなら、面接の時に、

 

「御社にずっと憧れていて、学生時代のバイトも〇○で働いていました。
即戦力になります!是非!」

 

と言えば、かなりの強みになります。

 

 

面接中、何回かそのセリフに出会いましたが、
やはり面接官の方は好感を持ったような雰囲気を感じました。

 

 

英語&第2外国語の習得すること!

英語&第2外国語の習得はしておくべきでした。

 

 

これは直接外国語を使わない業種でも、
勉強しておいて損することは全くありません、

 

 

大学に入ったら、高校まで培ってきた英語を綺麗に忘れて行く人が多いですが、
もったいないです。

 

 

そこで油断せず、定期的にTOEICを受けて、
(たまたまでも大丈夫ですので)高得点を取れた点数を履歴書に書きましょう。

 

 

さらに、フランス語やドイツ語や中国語など、第2外国語も授業で選択し、
検定を受けて、それも書き込みましょう。

 

 

私が就活した時、面接官の人に

 

「外国語はできますか?」

 

と言われて

 

「英語です」

 

と答えると、

 

「当たり前です。他の言語は?」

 

と言われました。

 

私の大学には「英会話部」がありました。

 

英語を錆びさせないためにも、
そのような英語系のサークルに所属するのも良いと思います。

 

 

就職活動はかなり激しい戦い

就職活動はかなり激しい戦いになります。

 

 

できる限り就職に向けて早く動き出してください。

 

 

武器は早めに用意しておきましょう。

 

 

理想は、大学に入り、授業は
必修単位ではなかったとしても第2外国語を選択し、

 

「英語部」に入り部長か副部長を務め、
就職したい会社や関連会社でバイトする。

 

 

忙しい日々になりそうですが、
就職活動はかなり有利になると思います。

 

 

もちろん就職が最後のゴールではなくて、
上記の3項目より大切なのは、

 

その会社に入り、その会社に、そして社会に、
どのように貢献していきたいのかビジョンを持つことが何より大切です。

 

 

皆様のご健闘を応援しています。


就活に使える武器を増やするなら!

就活に使える武器を増やするなら
就活支援サイトの活用をおすすめします。

 

 

就活支援サイトを使うことで、
何よりも効率的に就活することができます。

 

こちらがダイキおすすめの就活支援サイトです。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!