就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

金融機関で働く私の就活で失敗や後悔した3つのこと

金融機関(国内生命保険会社)の総合職として働く私の就活での失敗や後悔

お名前 M.Sさん
年齢 34歳
性別 女性
職業 金融機関(国内生命保険会社)

 

 

就職活動をするあなたへ

街を歩けば真新しいリクルートスーツに
身を包む大学生が増えてきた。

 

 

もうすぐプレエントリーが始まる。

 

 

もしくはもう既に周りのみんながWEBテストを受けている。

 

 

あなたは今どのあたりにいるのでしょうか。

 

 

就職活動は社会人としての“はじめの一歩”を
踏み出すためにもとても大きなものですよね。

 

 

だからこそ緊張して当たり前、落ち込んで当たり前です。

 

 

そこでこの記事では、
2年前に就職活動をした私が実体験を元に、

 

就職活動でこうしておけばよかったと後悔した3
つのことについて書いていきたいと思います。



2019卒で就活成功させるならコレ!!


もう卒業して就活お困りの方はこちら





業界を知ればよかった

就職活動をしていく上で
絶対に必要なのは業界を知ることです。

 

 

これは本当に基本です。

 

 

業界研究を早めにやっておかないと、
色々な業界の会社説明会に行っては

 

「あれ?こっちの業界もいいかも」

 

と何度も軸がぶれることになります。

 

 

会社説明会では良いことばかりを聞くので、

 

ある程度希望する業界を理解していたとしても
軸がぶれることはよくあります。

 

 

だから、最低でもその業界ではどんな働き方ができるのか、
その業界は今後どうなっていくのかを知っておくことが大切です。

 

 

とはいえ業界研究を1人でするのには限界がありますよね・・・

 

 

私も「どうすればいいんだ!」
ととても焦りました。

 

 

焦った結果、『業界地図』という本を購入して
ちまちまと調べていました。

 

 

でもそれよりも有効なのは
大学内のセミナーに参加することです。

 

 

就職活動初期、
キャリアセンター主催の業界研究セミナーが大学にて行われます。

 

 

このセミナーでは実際に企業の人事の方が来たり、
キャリアカウンセラーが来たりして、

 

様々な業界について分かりやすく説明してくれるのです。

 

 

また就職活動中盤になると、
学内で企業説明会が行われるようになります。

 

 

わざわざ企業に行かなくても学内で説明が受けられるので、
交通費も節約できて業界や企業に詳しくなれるので、一石二鳥です。

 

 

1人で調べることも意欲的で素晴らしいことですが、
こういったセミナーや説明会にも参加してみましょう。

 

 

インターンにもっと参加すればよかった

「インターンシップは採用に関係ない?」

 

そんな訳はありません(笑) 関係あります!

 

例えば、航空会社や製薬会社では
インターンシップを受けた学生優先で面接選考が行われたりします。

 

 

そんなインターンシップの良いところは2つです。

 

 

1つ目はその会社のお試しができることです。

 

 

実際に仕事をさせてもらえるので、
自分が働くイメージが湧きやすくなります。

 

 

できれば比較するために3つ以上の会社で
インターンシップを経験すると良いです。

 

 

経験できる期間は様々で1日〜1年など、
企業によって募集期間は異なります。

 

 

就職活動生を対象としたものだけでなく、
大学1年生からできるところや、

 

有給で働かせてもらえるところもあるので、
根気よく探してみましょう。

 

 

2つ目は就職活動の疑似体験ができることです。

 

 

インターンシップをするには、
エントリーシートの提出と面接が求められます。

 

 

これはもうほとんど就職活動です(笑)

 

 

私はとある製薬会社のインターンシップに参加しました。

 

 

1800字以上のエントリーシートを提出し、
冬の寒い中面接に行きなんとか合格できました(笑)

 

 

5日間の宿泊ありのインターンシップで、

 

MR職がどんな職種か理解できただけでなく
就職活動仲間も増えました。

 

 

最終的に私はその業界を志望するようになり、
このインターンシップを受けた製薬会社には内定をもらいました。

 

 

友達と会えばよかった

「え?就職活動に関係ないじゃん!
もっと実用的なことを答えてくれよ!」

 

 

そう思った就活生のみなさん、
これも意外に忘れてはいけないことなのです。

 

 

特に就職活動に
のめり込んでしまうタイプの学生に伝えたいです。

 

 

ちなみに私はそのタイプでした。

 

 

友達と会わずに就職活動の予定ばかり詰め込み、
空き時間は交通費を稼ぐためにアルバイトを詰め込み・・・

 

 

しかもエントリーシートは通過しないという悪循環に陥りました。

 

 

このときは本当に落ち込みました。

 

 

就職活動が始まって約3ヶ月は1人で動き回っていたので、
後悔しています。

 

 

その時期は、

 

「周りの友人がうまくいっていたらどうしよう」とか

 

「エントリーシートで落ちていることはバレたくないし、
プライドがズタボロになる」

 

とか余計なことばかり考えていました(笑)

 

 

でもそこは踏ん張ってでも会ったほうが良いです!

 

 

友達も意外と同じ悩みを抱えているかもしれないし、
思いもよらない良いアドバイスをくれるかもしれません。

 

 

しかしこのことに気づいたのは
本格的にエントリーが始まってからだったので、

 

もっと早く気づいていればと後悔しました。

 

 

就職活動は個人戦ではなく
団体戦だというような言葉があるように、友達は強い味方です。

 

 

あなたは絶対大丈夫

以上、就職活動でこうしておけばよかったという
後悔を3つ書いてみました。

 

 

「あれ?私出遅れているかも?」

 

と思った人もいるかもしれませんね。

 

 

けれど就職活動の出遅れなんて気にしなくて大丈夫です。

 

 

今からできることをやればいいんです。

 

 

実際私は業界理解もしっかりしておらず、
企業説明会に行くたびに志望業界がぶれました。

 

 

生命保険・信託銀行・製薬会社・教育・
医療機器・総合商社・専門商社など、

 

あらゆる業界に手を出し、
エントリーシートを送り、面接もしました。

 

 

しかもインターンシップも1つしか行っていなければ、
友達と会うよりも就職活動を優先したような人間です(笑)

 

 

こんな私でも内定を取れたのだから、あなたも絶対大丈夫。

 

 

今からできることを少しでもやって良い企業と巡り会えますように。

 

 

応援しています。


あなたの就活をお助け

就活をこれから始める方も、
もう既に真っ最中の方も、

 

就活はやり方、方法によって結果が大きく
変わります。

 

 

就活を少しでも有利に進めるのであれば、
就活支援サイトの活用がおすすめです。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!