就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

ESの自己PRはの内容は結局何がいいの?

自己PRの内容は何がよくてどうやって書けばいいの?エントリーシート(ES)作成で悩む方へ

 

就職活動でエントリーシートを作成する際に、
悩むのが、自己PRですよね。

 

 

自己PRっていったいどのようなことを
書いた方がいいの?

 

 

周りがみんな書いているようなサークルのこと、
バイトのことではダメなの?

 

 

留学経験は受けが良い?

 

 

とか色々と気になることはあるでしょう。

 

 

ここでは、エントリーシート(ES)の自己PRを作成する時に
どうしたらよいのか?

 

何がよいのかについてお話ししていきます。

 

 

自己PRの内容は?

自己PRの内容は何がいいのか?

 

 

結論から話してしまいます。

 

 

ぶっちゃけどんな内容でもOKです!!

 

 

というよりも、新卒の就活の自己PRというのは、
採用側はほとんど内容を気にしていません。

 

 

気にしているのは自己PRの書き方です。

 

 

例えば、自分はチャレンジ精神旺盛だということを
書きたいとしたら、

 

 

@チャレンジ精神旺盛だと伝える

 

A過去の経験の中で
チャレンジ精神旺盛である特徴を活かしたエピソードを伝える

 

B自分が会社で働いたらこんなことができるということを伝える

 

 

この流れに沿って書いていきます。

 

 

基本的にエントリーシートでは、この順で自己PRを
伝えていけばOKです。

 

 

よくないのが、結果だけを書いてしまうことです。

 

 

例えば、

 

@チャレンジ精神旺盛だと伝える⇒実績だけ伝える

 

A過去の経験の中でチャレンジ精神旺盛である特徴
を活かしたエピソードを伝える⇒チャレンジした内容だけ伝える

 

 

B自分が会社で働いたらこんなことができるということを伝える
⇒御社でもチャレンジしたいといった抽象的なことを伝える

 

 

自分がしてきたことを結果だけ伝えるようなアピール方法では、
エントリーシートは通過しません。

 

 

採用側が見ているのは、文章を論理立てて、
相手を説得できるかどうかというところです。

 

 

つまり、自分を良く見せることができる人間かどうかを
エントリーシートでは評価しています。

 

 

そのため、どんなにズバ抜けた結果の持ち主だったとしても、

 

その結果だけが報告されているような自己PRになっていると、
ESの通過率は下がってしまいます。

 

 

大切なことは、

 

自分の強みをどのように活かして、
どのようになったか?

 

ということを相手にわかりやすく説明することです。

 

 

自己PRを読んでいて、読み手にこれが上手く伝われば、
どのような内容であってもESは通過することができます。

 

 

内容よりも伝え方にこだわろう

就活で失敗が続き、自己PRに悩んでいる時に
陥りやすいのは、

 

この内容の自己PRだからダメなのではないか・・・

 

と考えてしまうことです。

 

 

私は就職活動期間が一年以上とかなり長期化してしまった
人間です。

 

 

上手くいかなかった時はよく自己PRの内容を変えていましたし、
どうしようと悩んでいました。

 

 

しかし、長い就活の中でわかったことは、自己PRの内容が大切なのではなく、
自己PRの伝え方が重要であるということです。

 

 

私は、エントリーシートでも面接でも、

 

○○をした!

 

○○という資格がある!

 

○○で1位になった!

 

といった結果を強調して伝えている癖がありましたが、

 

こうした結果だけが前面に出ている自己PRというのは、
あまり受けがよくありません。

 

 

結果の過程を上手く説明しているようなエントリーシートでなければ、
ただの自慢するだけのエントリーシートになってしまいます。

 

 

社会人になってからよくわかったことですが、

 

この結果だけが全てではないということは、
特に日本の企業で働くにおいて非常に重要です。

 

 

日系の企業では、結果よりも過程、プロセスが非常に重要視
されます。

 

 

言ってしまえば、どんな結果であってもプロセスを上手く伝えることができれば、
結果をカバーすることができます。
(まあそれなりの役職になれば話は別ですが・・・)

 

 

このようなことからしても、企業が就活生に対して結果の過程、
プロセスを上手く説明してほしいという強い要求があるのは明らかです。

 

 

エントリーシートで自己PRを書く時には、

 

自分の強みを活かしし、なぜその結果がでたのか?

 

そのなぜの部分を具体的に書くように意識しましょう。

 

 

エントリーシートは他人に呼んでもらうことが大切

エントリーシートは他人、第三者に呼んでもらうのが良いです。

 

 

やはり自分の書いた文章というのは、
どのように評価されるのかというのがわかりません。

 

 

就職活動をしていると、就活の仲間同士でエントリーシートを
見せ合うということをすると思いますが、

 

できれば社会人の方に見てもらうことをおすすめします。

 

 

社会人の方であれば、どのような仕事をされている方でも、
こういう人と一緒に働きたいと感じることはあるからです。

 

 

あなたのエントリーシートを客観的に
評価してもらうことができます。

 

 

しかしながら、一人暮らしをしているような学生の方にとっては、

 

社会人の方にエントリーシートを見てもらうような機会というのは、
なかなかないのが現実ですよね。

 

 

もしあるとしたら、大学の就活アドバイザーでしょうか?

 

 

しかし、大学の就活アドバイザーの評判が悪い!

 

という不満の声をよく就活生からは聞いています。

 

 

そのような、

 

悩みを抱えつつも、自分一人の力で就活をするしかないと考えている
就活生は多いのではないでしょうか?

 

 

そんな時は就活支援サイトを使い、就活アドバイザーである
就職エージェントに相談してみることをおすすめします。

 

 

就職エージェントは就活相談のプロです。

 

 

エージェントはこれまで就活に悩む多くの就活生の相談にのっています。

 

 

ESの添削から模擬面接までサポートしてくれますので、
就活の力強い味方になってくれます。

 

 

就職エージェントのサポートは、
就活サイトに登録することでうけることができます。

 

 

サポカツおすすめの就活サイトはこちらです。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!