就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

新卒就活なのに転職サイトを使い就職活動の終わりの時期に内定もらった方法とは?

サポカツのダイキです。

 

 

通常、新卒の就活というのは、新卒向け就活サイトを利用するのが一般的です。

 

 

しかしながら、新卒なのに転職サイトを使い、卒業ギリギリで内定を獲得した方のお話しをお聞きしました。

 

 

今回は、そんな経験をされた、まみさんをご紹介いたします。

 

 

内定までどのように就活されたかお話し頂きます。

 

 

自己紹介

はじめまして。

 

 

まみです。

 

 

現在、26歳で会社員をしています。I大学の教育学部を卒業しました。

 

 

卒業式に内定

大学3年の夏、周りが動き出したからという理由で就職活動をスタートしました。

 

 

先生に勧められるがままにインターンシップに行ったり。友達がやっているからSPIを勉強したり。

 

 

大きな合同企業説明会に行ってみたり。

 

 

なんとなくいいなと思う企業(大企業が多かったように思います)の説明会にいって、「あそこなら働きたいな〜」なんて軽く考えていました。

 

 

本格的な就職活動がはじまって、主にマイナビやリクナビなどのサイトを利用し就職活動を行っていました。

 

 

エントリーシートや履歴書は通るものの面接でことごとく落とされました。

 

 

面接の練習はあまりしてませんでした。

 

 

受けた企業は5、60社くらいだと思います。募集も少なくなり、なんなら次の年次の募集もはじまりました。

 

 

就職エージェントに登録して、自分では考えてもみなかった業種に応募したりもしました。それも落とされました。

 

 

卒業まであと2か月、半ばやけくそで転職サイトなども見るようになりました。業務内容に興味がわいたもので未経験者可の会社には応募しました。

 

 

いくつかの会社は面接をしてくれました。

 

 

それでも内定の連絡はきませんでした。

 

 

いわゆるお祈りメールも来なかったので、ダメ押しのつもりで結果の催促のメールを送り、連絡なしのまま卒業式を迎えました。

 

 

半年ぐらい海外いってぶらぶらしようかな〜なんて、現実逃避しながらの卒業式の最中内定のメールが届きました。

 

 

内定した企業は転職サイトで見つけました

自分の年次の就職活動の時期もほぼ終わりで、だけど内定もない状態でした。

 

 

募集もどんどん減っているなか、自分の中でこだわりっていたの業務内容で(自分の場合はものづくりに携われる仕事)、新卒のサイトで見つけられなくなってきたので、転職サイトも見るようになりました。

 

 

これまでみていたサイトと違い、規模の小さな会社が多く業務内容もディープなものが多かったように思います。

 

 

未経験者可かつ、社長のコメントに「新卒にも少し興味があります」と書いてあったので応募しました。

 

 

職人になりたい気持ちもあったので、自社工場をもっているところにも惹かれました。

 

 

これまでの就活の集大成

ことごとく選考で落とされていた時期で、へこむだけへこんで逆に当たって砕けろくらいの気持ちになっていました。

 

 

履歴書はこれまでに何十枚も書いていたので同様に。ホームページを熟読しました。

 

 

ちゃんと会社の仕事内容を理解して、どんな力が必要とされているのか、自分の能力でどんな貢献ができるのかを考えました。

 

 

ものづくりをしたい気持ちを伝えるために、学生時代に制作したもののポートフォリオを作りました。

 

 

15分で終わった最初の最終面談

選考は、事前の書類選考もなく、決めた日程で履歴書持参で来社してくださいという、これまでの企業とは違った流れでした。

 

 

人数も少ない会社なので、最初から社長との面談でした。面接らしい質問もあまりなく社長と雑談、会社の説明といった感じでした。

 

 

最後に会社の工場を見せてもらって終了でした。

 

 

ポートフォリオを出す機会はないまま終わってしまいました。笑

 

 

手ごたえは全然ありませんでしたが、社長のゆるさも含めてこの会社で働きたいという気持ちは強くなりました。

 

 

1週間経っても連絡がなかったので、今まではどの企業にも送ったことがなかったのに結果を催促するメールを自らメールを送りました。

 

 

そして卒業式の日に採用のメールをいただきました。

 

 

(これは、入社してから感じたのですが、いい意味でも悪い意味でもルーズな会社だったので、

 

 

催促のメールをしなかったら私が面接にいったこと自体忘れられていたと思います)

 

 

必要とされる人間

就職活動を始めた当初は自分をしっかり客観視できておらず、やりたい仕事はあるけど、はいりたい会社があるわけじゃないし、同業他社でもいいし、なんていうのが本音でした。

 

 

学校ではそこそこ優秀な成績で、これまでの人生も大きな挫折もなく割と順調で、仕事も企業も選べると思っていました。

 

 

でもそんな考えでちゃんと企業研究ができるわけでもなく、面接でもいい受け答えができるわけでもなく、とことん落とされまくった時は自分は社会に必要とされてない人間なんだと泣いてしまう時もありました。

 

 

今思えば必要とされる人間に見せる努力が全くできていなかったんだなと思います。

 

 

この企業がどんな人間を必要としているかをちゃんと研究して、自分がそうであることをアピールすることをしていませんでした。

 

 

アピールしなくてもわかるでしょ、私特別なんですくらいに思っていました。結果落とされまくりました。

 

 

それでも負けず嫌いなところもあって、なんの仕事でもいいから内定が欲しいという考えにはなりませんでした。

 

 

私はやりたい仕事をやるんだ。こんだけ悔しい思いをしてるんだから絶対やりたい仕事をしてやると思っていました。

 

 

途中で自分のやりたい仕事から外れて、とりあえず何でもいいから内定とれそうなところ(実際に内定をもらえたかはわかりませんが)に応募してみるということをしなかったからこそ、やりたいことができる企業に巡り合えたと思っています。

 

 

落とされた経験も含めて自分の為になったと思いますし、落とした企業(同業)が後悔するような活躍を今の会社でしてやるぞくらいの意気込みで今は働いております。

 

 

就活が決まらず焦っているなら

就活が終わらずに焦っている方は、こちらの就職エージェントを利用することをおすすめします。

 

 

就活がなかなか決まらない方に特化したサイトで、卒業ギリギリでも内定可能です。

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

就活ニュースに戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!