就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

就活ヘアでボブはどう?セミロングの髪型をストレートのボブスタイルにして就職活動したお話し。

漠然と始めた就職活動

T大人文学部を卒業しました。26歳女性のK.Mと言います。

 

 

現在は地方の公立図書館で司書として仕事をしています。

 

 

司書は正規雇用は少なく派遣職員として在籍しています。

 

 

子供の頃から本が好きで、成長するにつれて言語について芸術性や魅力を感じるようになっていました。

 

 

ただ、大学4年になる頃でもどのような職業に就きたいのか、方向性さえも決めかねていました。

 

 

迷っていただけでなく、どの方向を選ぶにしてもすでにその業界について入念に調べてあるわけでもありませんでした。

 

 

この曖昧な状況で就職活動を始めてしまったことが、就職活動時期の髪型の失敗、断言はできませんが面接失敗の一因になったように思います。

 

 

髪型を失敗しても、第一印象が悪くても、それを補うだけの期待できる有能さを持ち合わせていれば話は別です。

 

 

質疑応答では滑舌悪い、受け答えも躊躇して口ごもる、さらに髪型が快活さを感じられないスタイル、後悔だらけの面接に終わった就活生のことをお話したいと思います。

 

 

自分の身なりに関心を持とう

大学3年から4年になる頃、忙しかったサークル活動も事実上は引退となりました。その時に気分を一新したいと思い、いつも一本に束ねていたセミロングの髪型をボブスタイルに切りました。

 

 

今思えば「切ってしまいました」。恥ずかしながら、就職活動で自分がどう見られるかを考えたこともなく、気分を変えたいから切っただけでした。

 

 

さらに髪質は癖毛でそんなにまとまりもなく、まとまりがないのを外側にはねさせてごまかしているような髪型でした。3年生の終わり頃からいくつか合同説明会に出向き、人生で初めて社会人と向き合いました。

 

 

説明会の担当者と話すほど、自分には社会人になる心の準備もできていない、将来のビジョンも描けていないことに気づきました。

 

 

そのうちに、そんな緊張や不安から疲れてしまって、何かの雑誌で読んだ「ありのままの自分で臨むしかない」なんて言葉に影響を受けて開き直っていました。

 

 

ボブは就職活動に向いてない?

切った髪は元に戻りません。

 

 

説明会に何回か出向くうちに、周りの学生たちは髪を一本に束ねていたりアップにまとめたりしており、自分の髪型は就活生にしては浮いているのではないか?とさすがに思い始めました。

 

 

ツヤも足りない癖毛の外側にはねた形のボブは、自分でもやめたいと思うようになりました。そして、髪は少しは伸び始めていたのでストレートにしてみました。

 

 

ストレートと言っても、ストレートパーマをかけたわけではなく、外ハネをやめただけで、どこか癖が残るストレートのボブです。

 

 

前髪はなかなかアレンジが難しく、斜めに分けるには長さが足りずに目にかかりそうなギリギリの長さでした。

 

 

色については、生まれつき真っ黒な髪色ではなかったので染めてはおらず、少し栗色がかった黒色でした。まとめると

 

  • スタイル:ストレートボブ
  • 前髪:癖毛のために重めにしてストレートをキープ
  • 色:染めていない地毛の栗色がかった黒色

 

自分でも野暮ったさを感じていましたが、特に長さについてはどうにもならない状況でした。

 

 

ありのままの髪型で後悔

出掛ける前に家で何かセットしていたかと言うと、たいしたことはしていませんでした。

 

 

癖毛でうねりやすいこと、広がりやすいこと、それは以前から悩んでいたことであり、市販の癖毛用の整髪料でなるべくストレートにしたり、ボリュームを抑えようとしたくらいです。

 

 

まして、ファッションに疎かったのもあり、これ以上どうにか出来る技術もなかったので、どうにかしようとの発想も持ち合わせていませんでした。

 

 

特に困ったのは、子供の頃から髪型についての一番の悩みどころ、癖毛の前髪です。短くするとうねりやすくまとまりのない雑な印象、長くして重くするとうねりは伸びるが目にかかり暗い印象でした。

 

 

癖毛は湿気に弱くうねりが出やすいので、風の強い曇り空の日、雨の日なんかは、出先で髪型を整えられるように整髪料を持ち歩き、ちょっとした空き時間に出来るかぎり整えていました。

 

 

髪型は崩れやすいので常に気をつけていました。

 

 

髪型も含めた第一印象を大切にしてスタートラインに立つ

就職活動で疲れていた頃、雑誌で見かけた「ありままの自分で臨もう」「外見より中身が大事」という都合のよい言葉に流されてしまっていました。

 

 

ある企業の集団面接では他の学生たちに圧倒されると同時に、自分の就職への意識の低さを後悔しました。

 

 

学生たちはそのほとんどが、その企業の制服スタイルに似たスーツを着て、髪型もその企業では基本となるアップスタイルで来ていたのです。

 

 

オシャレに疎い私でも、学生たちがその企業が求めるメイクを研究して来ていることがわかりました。面接官に「この企業で働く将来の姿」をアピールするためだったと思います。

 

 

私は「ありのまま」を勘違いしていました。

 

 

まずは最低限の外見を整えてから自己アピールですね。

 

 

就職活動に適した髪型はいくつかありますが、その基本を踏まえた上で求められるイメージに合うものを選んでほしいと思います。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

就活はボブで行った!に戻る

9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!