就活が辛いあなたを助けます【サポカツ】

私の自己紹介

サポカツの管理人、ダイキです!!

本サイトは大変な新卒の就職活動を、あなたの内定獲得までお助けします!
サポカツのダイキ、イチオシの就活サイトはキャリアチケット(career ticket)
キャリアチケットの評判・詳細はこちら

留学生で日本での就活に違和感を持った時に考えるべき5つのこと

留学生で日本で就職活動しているものの上手くいかず違和感をもった時に考えるべき5つのポイント|日本の就活何かおかしい

 

留学生で海外の大学を卒業して
日本に戻ってきて就職活動をしているものの、

 

上手くいかず、何か違和感を感じている方は
多いのではないでしょうか。

 

 

・同時期に一斉に始まる

 

・真っ黒のリクルートスーツ着用

 

・個性が大切と言われるが、結局はテンプレートにはまったもん勝ち

 

・資格があまり評価されない

 

 

などなど、
けっこう上げていくと違和感が出てくることがありますよね。

 

 

そんな違和感を持った時に、

 

留学生がどのように就活をしていけばいいのか、
考えるべき5つのポイントについてお伝えします。

 

 

なぜ違和感があるか考える

就活で違和感をもったのは、
何かしらの原因があるはずです。

 

 

その原因を明らかにしてみましょう。

 

 

例えば、

 

就職活動でルールのようなものが多すぎて、
違和感を覚えるのか。

 

 

働きたいと思える企業が無くて、
違和感を覚えているのか。

 

 

そもそも企業で社員として働くことに
違和感を覚えてしいるのか。

 

 

自分が何に対して違和感を感じているのか、
はっきりさせておいた方が良いです。

 

 

そうすることにより、内定をもらった後、
入社してから、

 

こんなはずでは・・・

 

というギャップを感じるということを
防ぐことができます。

 

 

本当に日本企業で働くことができるか考える

日本企業に就職することを目標としているのに、就職活動で違和感を感じたら
本当に日本企業で自分が働くことができるのか考えた方が良いです。

 

 

なぜかというと、今の就活での違和感はその延長線上に
会社人として働く理不尽さがくるからです。

 

 

就活ではよくわからずに、面接が不合格になったり、
よくわからない、納得できないことがありますよね。

 

 

このような理不尽なことが、
実際に企業で働くと日常茶飯事になってしまいます。

 

 

そんなことできるわけないでしょ!

 

 

と思う理不尽さが実際企業で働くとたくさんでてきます。

 

 

就活の段階で違和感を感じている方は、
本当に日本企業で働いても大丈夫かどうか、

 

一度確認した方がよいです。

 

 

自分のしたいことが本当に就職希望先でできるか考える

今の志望している日本企業で、
本当に自分がしたいことができるかどうか考えることは大切です。

 

 

日本企業の場合、なんでもできる人材、ジェネラリストを
育てようとします。

 

 

例えば、プログラマーになるために就活をして、
プログラマーの枠で内定をもらうことができたものの、

 

社内で事情が変わって、実際の配属先が営業
ということもありえます。

 

 

自分のしたいことが本当に就職希望先でできるかかどうか
考えるようにしましょう。

 

 

カジュアルな日本企業を選ぶ

日本企業といれば、
通勤からピシッとスーツを着る仕事のスタイルだと思うかもしれませんが、

 

スーツを着なくてもよいような企業というのも増えてきています。

 

 

特にIT系の企業はスーツを着なくても良い企業が
多いです。

 

 

スーツ着用がMUSTな企業は、
伝統や歴史を重んじる日本企業が多いため、

 

お堅いコテコテの日本企業が多いです。

 

 

安定している企業がこういった傾向がある
印象を受けます。

 

 

スーツを着なくも仕事ができる企業は、
留学生の受け入れも積極的にしています。

 

 

若者が多いベンチャー企業を選んでみる

サポカツでおすすめしているのが、
若者が多いベンチャー企業です。

 

 

ベンチャー企業は平均年齢が低い企業が多いため、
倶楽部のような感覚で仕事ができるようなところもあります。

 

 

こういった若者が多いベンチャー企業は、
従業員の経験は確かに少ないかもしれませんが、

 

同世代で意見が合いやすいため、
働きやすいです。

 

 

特に海外のような自由な環境で働きたいと考えている方は、
ベンチャー企業も受けてみることをおすすめします。

 

 

まとめ

以上が留学生で日本での就活に違和感を持った時に
考えるべき5つのことです。

 

 

留学生で日本の就活について違和感を覚えている方は
かなり多いので、

 

就職先が本当に自分がに合っているかどうかは
確認しておいた方がよいです。

 

 

実際に働いてみて就職先が合わないというのは、
内定が無いよりもある意味辛いことになりかねません。

 

 

違和感の原因はいったい何なのか、
しっかり確認しておきましょう。

 

 

キャリアチケット(career ticket)

キャリアチケット(2019卒にイチオシ)の特徴

就活を成功させたい方はまず利用すべき、就職エージェントサイトです。

優良企業・ホワイト企業の求人を紹介してくれ、エージェントの特別推薦枠で選考を受けることができます。

他の就活生と大きな差をつけることができる就活サイトです。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

就活ドラフト

就活ドラフト(Skype相談可能)の特徴

Skype相談が可能な就職エージェントサイトです。どの地域の方でも、気軽にSkypeで就活相談可能です。

就職エージェントからは2回の面接で内定もらえる大手上場企業の特別選考を紹介してもえます。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

MeetsCompany(ミーツカンパニー)

ミーツカンパニー(まず1社内定目指すなら)の特徴

説明会に参加すると、一度に最大8社まとめてエントリーできます。

面接2回で内定のような選考ステップが短い求人があるのが特徴で、サイバーエージェントの特別選考があることが、就活生の中で話題になりました。

価格 無料
評価 評価5
備考 2018卒・2019卒対象

 


9ステップの無料メール講座であなたの就活お助け!